猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

ニュース

【なでしこL2018 第7節】他試合結果と動画

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

5/19(土)、20(日)に行われたなでしこリーグの
試合結果と動画です!ーー/

 

■結果と動画
□第7節

05/19 (土) 12:00 I神戸 1-0 ジェフL とりスタ

動画はこちら>>

 


05/19 (土) 14:00 浦和 1-0 AC長野 浦和駒場

動画はこちら>>

05/19 (土) 14:00 日テレ 2-0 F日体大 味フィ西

動画はこちら>>

05/20 (日) 12:00 C大阪堺 1-3ノジマ JG堺S1

動画はこちら>>

05/20 (日) 13:00 マイナビ 2-4 新潟L あいづ

浦和の試合以外でのピックアップゴールは
日テレの田中美選手のゴール。
受けてから得意のクイックターンからの
左足ズドン!
声を聞いた限り解説はたぶん大竹七未氏だと思われますが
テレビでの解説と違って元気がない。
いや、落ち着いていてこっちの方が観ていられるかも(笑)

さて、唯一動画の無かった仙台と新潟戦、
前半2-1と仙台がリードしていて
これはリーグの下位は混戦になるな、、と思っていたら
新潟が後半に3得点と仙台を粉砕しました。
あとはほぼ順位通りの勝敗。

という事で順位表は下記。

 

■順位表(第7節終了時点

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 INAC神戸レオネッサ 18 7 6 0 1 20 4 +16
2 日テレ・ベレーザ 14 7 4 2 1 11 4 +7
3 ノジマステラ神奈川相模原 13 7 4 1 2 11 7 +4
4 浦和レッドダイヤモンズレディース 12 7 4 0 3 11 8 +3
5 AC長野パルセイロ・レディース 12 7 4 0 3 9 9 0
6 アルビレックス新潟レディース 11 7 3 2 2 11 10 +1
7 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 9 7 2 3 2 5 5 0
8 マイナビベガルタ仙台レディース 5 7 1 2 4 5 13 -8
9 セレッソ大阪堺レディース 4 7 1 1 5 8 20 -12
10 日体大FIELDS横浜 1 7 0 1 6 4 15 -11

神戸は首位をキープ。
浦和は5位から4位に浮上!

神戸と勝点6差ですので
浦和は後半の直接対決まで
他チームとの試合でしっかり勝っていけば
まだまだ狙える位置にあります!

一方、仙台以下はかなり厳しくなってきたと思います。
この流れだと直接対決がかなり熱くなりそうです。

第8節
05/26 (土) 13:00 日テレ – マイナビ 味スタ西
05/26 (土) 13:00 F日体大 – ノジマ ニッパツ
05/26 (土) 15:00 C大阪堺 – ジェフL JG堺S1
05/27 (日) 13:00 新潟L – 浦和 新発田陸
05/27 (日) 13:00 AC長野 – I神戸 長野U

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

ニュース記事【なでしこL2018 第5節】vs日テレベレーザ

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

5/6(日)日テレ戦のニュース記事等ありましたので
共有します!

 

 (第5節、6日・浦和駒場スタジアムほか)

 5試合を行い、浦和はリーグ3連覇中の日テレに0―2で敗れ、連勝を逃した。勝ち点は9のままで、前節までの2位から4位に後退した。

 浦和は前半5分、クリアを拾われた日テレ・宮沢に蹴り込まれ、先制点を献上。後半24分には浦和の左サイドの裏を突かれ、クロスを田中美に押し込まれた。攻撃では日テレの5本を上回る9本のシュートを放ったが、相手GKの好守や決定力を欠き、今季2度目の無得点に終わった。

 浦和は第6節の12日、浦和駒場スタジアムで首位のINAC神戸と顔を合わせる(14時)。

■縦に推進力、持ち味発揮/清家

 0―2とされた直後の後半25分、安藤に代わって投入されると持ち前の縦への推進力でゴールに迫った。

 33分には猶本の縦パスに抜け出し、右足を振り抜いた。だが相手DFに当たり、力のないシュートとなった。「まずは守備からと思っていたが、得点にも結び付かず、悔しい」と唇をかんだ。

情報源: なでしこ浦和、日テレに0-2 今季2度目の無得点、連勝逃し4位に後退 – 埼玉新聞

※全文を読む場合は
レッズプレスで会員になる必要があります。
リンクを辿ってご覧ください。

失点後、その攻撃性が裏目に

打倒・日テレを掲げ、「今年こそは」という期待はもろくも崩れてしまった。ボールに意思と意図と思いが込めた日テレ・ベレーザのパスサッカーにまたしても屈してしまった。

試合全体を見れば、シュート数は浦和9本に対して、日テレは5本と浦和ペース。

しかし、日テレ、前半の1本のシュートが先制点となる効率の良さ。この予期せぬ失点にチームが多少、混乱していたようだ。早く同点に追いつける。また追いつける攻撃力もある。その通りの展開をある程度、できた。

ただ、この気概をうまく日テレに使われてしまった。「相手にボールを持たされているような感覚」とMF柴田。こちらがシャカリキになるほど相手の思うつぼ。2失点目はまさにDF北川ひかるの攻撃性が裏目に出たミス。その心理をうまく日テレに突かれてしまった。

それだけ日テレは良い意味で老獪なチームであることを改めて思い知らされた。浦和としては完全に押されての敗戦ならまだしも、後半終盤まで浦和が試合を支配しての敗戦はショックの度合いも大きい。きょうの敗戦で浦和は2位から4位に転落したが、試合は待ってはくれない。次節は12日(土)浦和駒場で首位のINAC神戸との対戦。この敗戦から何を糧とするか。石原監督の手腕が問われる。

(佐藤亮太)

情報源: 試合レポート|2018プレナスなでしこリーグ第5節・日テレ・ベレーザ戦=ポイント|レッズプレス!!

 

リンクを辿ると清家選手、加藤選手、
佐々木選手、柴田選手のコメントがあります。

ライバルの日テレに敗戦。4位に後退

2018プレナスなでしこリーグ第5節、浦和レッズレディースは浦和駒場スタジアムで日テレ・ベレーザと対戦。

5分、ゴール前の混戦から、浦和の中途半端なクリアから最後は日テレFW宮澤ひなたのゴールで失点。浦和は出はなを挫かれた。その後、日テレ陣内に攻めるも決定的な場面を作れず、前半を0-1で折り返し。

48分、CKからFW安藤梢がチャンスを作るも、ゴールならず。その後も、セットプレーなどであの手この手で工夫を見せるも、つながらず。

そのなか、59分にCKの場面でDF高畑志帆が右ひざを負傷。交代するアクシデントに見舞われた。悪い流れは止められず、69分、浦和にとっての左サイドのスペースを完全に突かれ、日テレFW宮澤のクロスを最後はFW田中美南に左足で決められ、2失点目。浦和はFW清家貴子を投入。ゴールに迫るは迫ったものの、あと一歩、足らず、浦和が0-2で日テレに敗戦。順位は4位に後退した。

≪浦和レッズレディース≫
GK池田咲紀子
DF栗島朱里・長船加奈・高畑志帆・北川ひかる
MF柴田華絵・佐々木繭・猶本光・加藤千佳
FW菅澤優衣香・安藤梢

(得点)
なし

(交代)
59分 DF高畑志帆→DF南萌華
70分 FW安藤梢→DF清家貴子
83分 FW菅澤優衣香→FW高橋はな

≪石原孝尚監督≫
攻撃に関してはゴールに迫っていたが、守備では、相手をハメたかったが、失点で行くか行かないところと、2失点してしまうと難しくなってしまう。あのような失点がなければ、大胆に守備に行けた。2点差ついてしまうと、やるサッカーが変わってしまう。追加点を取らせないように、積極的に守備することが難しかった。

中2日の連戦のなか、選手は気持ちを見せてくれた。そういう意味ではよくやってくれた。その気持ちを勝ちにつなげてあげたかった。

(清家選手を投入しましたが)全体で押し上げたかったが、縦への推進力があるので、突破から押し上げと一発に期待した。安藤もうまくバランスを取りながら、プレーしていた、本当は清家を1-0の状況で投入したいと考えたときに2失点してしまった。キレイにやられてしまった。ハーフタイムで選手たちは冷静だった。決めきる形はなくはなかったが、きっちり決めていかないと。

(柴田をボランチに猶本を右MFに代えましたが)体力的なものもあった。攻撃の時にエネルギーを持ちたいことと、2点取られたので、前がかりにならざるを得なかった。悪くはなかったが。

(負傷交代した高畑選手の状態について)試合が終わったばかりで、情報がまだあがってきていないので、心配。

情報源: 試合レポート|2018プレナスなでしこリーグ第5節・日テレ・ベレーザ戦=試合展開・コメント|レッズプレス!!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

ニュース記事【皇后杯2017準決勝】浦和vs日テレ・千葉vsノジマ

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

皇后杯準決勝、浦和は日テレに敗戦。

猶本選手がTwitter更新していないので
もう8日間も毎日「猶吉くん」の顔を見ている(笑)

さて、ニュース記事がいくつかありましたので共有します!
皇后杯もう一つの準決勝はノジマが延長の末勝利!
おー。まじか。たじぽん無失点おめでとう!
試合後うれし泣きしていたな。
臼井選手は途中出場。
さっき録画を見たら和田選手もベンチ外ながら帯同しているようだ。

明日、12/24(日)皇后杯の決勝がヤンマースタジアム長居で
行われます。
ノジマはツアーバスを用意している模様。

準決勝の4チームは全て関東チームで
試合日も平日という事で
第一試合923人
第二試合1,288人

再入場禁止で第一試合後に多くの浦和サポーターが帰ったため
実際にはもう少し少ないのではないかと思います。
決勝の舞台、日本女子サッカーの決勝らしい試合になる事、
多くの方が集まる事を願っています。
私は行けませんが、、(ーー)

日テレがノジマをボコるか
ノジマが食らいついて日テレをどこまで封じ込めるか。
個人的にはノジマに勝ってもらいたい。
実力的には日テレだが戦い方によっては
サッカーである限りノジマの勝利もあり得る。
激しい試合になりそうだ。

◆サッカー 皇后杯全日本女子選手権▽準決勝 日テレ2(2-0、0―1)1浦和(21日、ヤンマースタジアム長居)

 準決勝2試合が行われ、なでしこリーグ覇者の日テレが
浦和を2―1で振り切り、3大会ぶりの決勝進出。
2冠に王手をかけた。
ノジマステラ神奈川相模原は延長戦の末、カップ戦王者の千葉を1―0で下した。
決勝は24日。日テレは12回目、ノジマステラは初優勝を目指す。

 日テレは、なでしこジャパンFW田中のヘディングで前半18分に先制した後、
同23分には18歳のFW植木の右足弾で追加点。
カップ戦の準決勝で敗れた浦和の反撃を1点でしのぎ、3大会ぶりの決勝へ進んだ。

情報源: 日テレ・ベレーザ、3大会ぶり皇后杯決勝へ…ノジマは延長戦の末に千葉下す : スポーツ報知

日テレ、決勝へ!田中と植木の得点で浦和を下す/皇后杯

前半、先制ゴールを決め、ガッツポーズする日テレ・田中(右端)=ヤンマー

前半、先制ゴールを決め、ガッツポーズする日テレ・田中(右端)=ヤンマー【拡大】

サッカー・皇后杯全日本女子選手権第10日(21日、ヤンマースタジアム長居)なでしこリーグ勢による準決勝が行われ、
日テレが2-1で浦和を下し、ノジマステラ神奈川相模原は延長の末に千葉を1-0で破って24日の決勝へ進んだ。
リーグ3連覇中で3大会ぶりの優勝を目指す日テレは、前半にFW田中美南(23)とFW植木理子(18)の得点で奪ったリードを守って逃げ切った。

先制点の日テレFW田中美南「最初のチャンスを決められた。内容が良くなくても、そこで決めれば勝てる」

情報源: 日テレ、決勝へ!田中と植木の得点で浦和を下す/皇后杯 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

ニュース記事【なでしこジャパン】E-1~2017~ vs北朝鮮女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはきよです。

12/15(金)なでしこジャパンはフクアリで
北朝鮮とE-1優勝をかけて戦いましたが敗戦し準優勝。

昨日23時過ぎにフクアリから帰宅して
感想を書いていましたが途中で寝落ちして気づいたら午前4時(笑)

今日はなでしこリーグの入れ替え戦もありますが
私は味スタへE-1の男子日韓戦を観に行きます。

たぶん帰宅がかなり遅くなるので
感想は明日にして今日はニュース記事を共有します。

YouTube Preview Image

<東アジアE-1選手権:日本0-2北朝鮮>◇15日◇フクアリ

 なでしこジャパン(FIFAランキング9位)が、
北朝鮮(同11位)相手に力の差を見せつけられる負け方で、
3大会ぶり3度目の優勝を逃した。勝った北朝鮮は3連覇を達成した。

なでしこジャパンは高倉麻子監督(49)が監督就任後、
初タイトルを目指したが、強豪北朝鮮の前に完敗を喫した。
試合後の高倉監督は「シュートまでいけない中、
後半点を取りにいくところでバランスが崩れて失点してしまった」と、
失点した場面を攻守のバランスが崩れたと説明。
また、今後の課題として「自分のプレーの判断で、
ゲームの流れが変わってくる実感ができたと思う。
点を取らないと勝てない。
攻守ともに成長中ではありますけれども、
うまさ、つよさ、速さを突き詰めていかないと中途半端なチームになってしまうので、
まだまだ足りないことを受け止めて、みんなで頑張っていきたい」と、力不足を認めた。

試合は前半は両チームスコアレスも、やや北朝鮮が気迫あるプレーで日本ゴールに迫っていた。
後半になると、フクアリに駆けつけた約2000人の大応援団の声援に後押しされ勢いづく。

なでしこは引き分けでは得失点差で北朝鮮を上回れない。
ところが、2トップの1人FW岩渕が相手主将と激しくやり合い、次第に冷静さを欠いていく。
高倉監督もあっさりと岩渕をベンチに下げ、北朝鮮にとっては思惑どおりの選手交代となった。
その後、、後半20分に得点王のFWキム・ユンミにミドルシュートを決められて先制点を許した。
さらに1点を追加され、0-2で敗れた。

試合後の岩渕は「ボールを回しているだけじゃ意味がない。
ゴールに向かっていたか?見直さないと。
私はシュートを打っていないので申し訳ない。
負けたのが現実」と、淡々と振り返った

情報源: なでしこ北朝鮮に完敗、不発の岩渕「申し訳ない」 – 日本代表 : 日刊スポーツ

 

なでしこ、北朝鮮に痛恨の2点目許す 優勝には勝利が必要
サンケイスポーツ15 時間前

日本女子代表(なでしこジャパン)は3大会ぶりの優勝とはならなかった。

最終戦を前になでしこと北朝鮮女子代表は勝ち点6で並んでいたが、
得点失点差で北朝鮮が上回っていた。
11日の中国戦からスタメン4人を変更したなでしこは、
前半をスコアレスで終え、後半17分にMF中島依美を投入して勝負に出た。
しかし、ここからというところで20分に失点。
さらに37分に追加点を喫し、FW菅澤優衣香とMF中里優を投入したが、
最後までゴールネットを揺らすことができず、北朝鮮に3連覇を許してしまった。

試合後のインタビューで高倉麻子監督は、
「入りはよくボールが動いていた。今までの試合の中で、
自分たちの狙いが少しグラウンドで表現できたゲーム。
やはりシュートまで行けない中で、
後半点を取りに行く中でバランスが崩れて失点してしまった」と分析し、試合を振り返った。

なでしこは今大会、初戦の韓国戦(3-2)、
第2節の中国戦(1-0)と僅差で相手に競り勝ってきた。
そして、北朝鮮戦に臨んだが、タイトル獲得とはならなかった。
「前は点を取らないと勝負では勝てないので、攻守ともに成長中ではありますけど、
もう少しうまさ、強さ、速さを突き詰めていかないと、中途半端なチームになってしまう
まだまだ足りないことを受け止めて、みんなでしっかり取り組んでいきたい」と今後を見据えた。

情報源: なでしこ、タイトル獲得ならず…高倉監督「まだまだ足りないことを受け止めて」 | ゲキサカ

 

V逸なでしこにスタンドから怒号…
JFA田嶋会長は危機感「世界に離される一方に…」

なでしこジャパンにはスタンドから厳しい声が浴びせられていた

[12.15 E-1選手権女子 日本0-2北朝鮮 千葉市蘇我球技場]

勝てば優勝を決めることが出来る一戦だったが、日本女子代表(なでしこジャパン)は北朝鮮女子代表に0-2で完敗した。

ゴール裏に陣取るサポーターの不満は爆発。試合後は、協会への不満をぶちまける怒号が引き上げる選手たちに向けて浴びせられていた。

MF阪口夢穂は「これが自分たちの今の位置。悔しい」と肩を落とす。
DF宇津木瑠美も「チームとしてやっていかないといけない課題が多い」と反省。
FW岩渕真奈はサポーターの反応について「悔しい」と話すも、
「結果で応えないといけないのが代表の立場なので申し訳ない」と“エール”として受け止めた。

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長も試合後に報道陣に対応。
残念ながら北朝鮮との差があったと認めざるを得ない」と敗戦を受け入れると、
世界のトップにくっついていかないと離される一方になる。
東京五輪に繋がるかを考えると、世界のトップのサッカーに食いついていくようにしないといけない
と危機感も口にした。

(取材・文 児玉幸洋)

情報源: なでしこジャパンが北朝鮮に完敗 サポーターから怒号を浴びせられる – ライブドアニュース

高倉なでしこ完敗
攻撃チグハグ「この悔しさ糧に」

<東アジアE-1選手権:日本0-2北朝鮮>◇15日◇フクアリ

 なでしこジャパン(FIFAランキング9位)は北朝鮮(同11位)に0-2で敗れ、
2勝1敗の勝ち点6で2位に終わった。
0-0で迎えた後半20分、引き分けでも優勝が決まる北朝鮮に先制され、
37分に追加点を許し、力尽きた。
3連勝の北朝鮮が3連覇。高倉麻子監督(49)は就任後初タイトルを逃した。

完敗だった。スコアレスで迎えた後半20分、
日本は北朝鮮FWキム・ユンミに豪快なミドルシュートを決められた。
得失点差の関係で優勝のためには勝つしかなく、絶対に与えてはいけない先制点だった。
後半37分に追加点を決められて万事休す。
大会3連覇を決め歓喜に沸く相手をぼうぜんと見つめるしかなかった。
高倉監督は「この悔しさを糧にすることが成長につながる」と声を絞り出した。

DFキム・ナムヒを中心とした相手守備陣に手を焼き、シュートはわずか5本。
試合全体を通して決定機を作れなかった。
1点がほしい状況に徐々に焦りを募らせ、
後半にはFW岩渕とキムが小競り合いを起こす場面もあった。
高倉監督は「岩渕は少しイライラしていて、リズムを作れていなかった」と、
同17分にMF中島と交代させた。エースを引きずり降ろされ、その後に2失点を喫した。

北朝鮮のキム・グァンミン監督はハーフタイムに
「守備のことは考えずに全力で攻めにいきなさい」と声をかけ、
後半の見違えるような迫力ある攻撃につなげた。
失点を重ねて焦り、さらにチグハグな攻撃に終始した日本とは対照的だった。
来年4月の19年フランスW杯(ワールドカップ)アジア予選へ向け、スコア以上に不安を残す敗戦だった。【松尾幸之介】

情報源: 高倉なでしこ完敗 攻撃チグハグ「この悔しさ糧に」 – 日本代表 : 日刊スポーツ

 

なでしこV逸…北の2発に沈む 世界制したパワー影潜め危機的“凋落”

 

なでしこ撃破でVの北朝鮮監督
「圧倒的強さ見せて勝てた」

3連覇を果たし、場内一周する北朝鮮イレブン=フクアリ

3連覇を果たし、場内一周する北朝鮮イレブン=フクアリ【拡大】

サッカーの東アジアE-1選手権第5日は15日、
千葉市のフクダ電子アリーナで女子の最終戦2試合が行われ、
日本代表「なでしこジャパン」は北朝鮮に0-2で敗れて
2勝1敗の勝ち点6で2位に終わり、3大会ぶりの優勝を逃した。
3連勝の北朝鮮が3連覇を果たした。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで9位の日本は
11位の北朝鮮に対して攻撃の形をつくれず、後半に2点を失った。
中国は韓国を3-1で下し、勝ち点3で3位。韓国は3敗の同0で最下位となった。

キム・グァンミン女子北朝鮮代表監督の話
「個人技に優れる日本に、強いメンタルとチームワークで対抗することを試みた。圧倒的な強さを見せて勝てた。3連覇を達成できてうれしい」

高倉麻子・女子日本代表監督の話
「失点しないゲーム運びをしながら、得点を狙いにいくという難しい試合だった。コンビネーションや個の力、技術的精度がまだまだ低いと感じた」

田嶋幸三・日本サッカー協会会長の話
「明らかに向こうが上だった。差があるのを認め、追い付き、追い越さないと。世代交代の時期だが、世界のトップに食らいついていかないといけない」

エイヨルフソン女子中国代表監督の話
「すごくいい内容で3点を取れた。いいサッカーができた。チームの成長に満足している。この大会で試したかったことを全てできた」

尹徳汝・女子韓国代表監督の話
「(日本、北朝鮮、中国の)3チームに勝つには、まだまだ力の差があると感じた。3敗という痛みを選手と共有し、女子アジア・カップに備えたい」

情報源: なでしこ撃破でVの北朝鮮監督「圧倒的強さ見せて勝てた」 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 

 

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

ニュース記事【なでしこジャパン】E-1~2017~ vs中国女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

12/11(月)なでしこジャパンは中国女子代表と対戦し
勝利し準優勝以上が確定しました。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 朝鮮民主主義人民共和国 6 2 0 0 3 0 +3
2 日本 6 2 0 0 4 2 +2
3 韓国 0 0 0 2 2 4 -2
4 中国 0 0 0 2 0 3 -3

 

「紗希さんが帰ってきても…」なでしこ22歳DF三宅、ミス反省も自分が成長しないとの思い 

中国も一蹴した、なでしこジャパン。ただし、新システムはドタバタ

なでしこ高倉監督、若手起用は「我慢ですね」「胃が痛い」と苦笑い 

高倉なでしこ初V王手「胃が痛い」新布陣我慢の采配

 

絶妙パスで決勝G生む MF中島依美はなでしこの精神的支柱

YouTube Preview Image

高倉麻子 監督(なでしこジャパン)
1-0で勝つことができたことは、チームにとって非常によかったなという思いはあります。
試合がタイトに行われますし、調子がいい新しい選手がいたので、
思い切って(第1戦から先発の)選手を変えました。
中国は非常にいいチームでしたので、自分たちが想像していたような、
日本らしくボールを支配しながら積極的にゴールに向かっていく部分は、
ほとんど出せなかったかなと感じています。
攻守ともに課題が多いですが、勝てたことをチームの力にして、
第3戦の朝鮮民主主義人民共和国代表戦に全力でぶつかっていきたいと思います。
EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会という素晴らしい大会で、
ギリギリではありますが、2勝して次を迎えられます。
真剣勝負が迎えられることをうれしく思いますし、
次も全力で勝ちにいきたいと思います。

 

 

[12.11 E-1選手権女子 日本1-0中国 千葉市蘇我球技場]
E-1選手権第1戦の韓国戦は出番のなかったMF猶本光(浦和L)だが、
第2戦の中国戦では先発で出場。
しかし思うようなパフォーマンスが出せず、前半のみで無念の途中交代になった。
日本女子代表(なでしこジャパン)は、韓国戦からは先発メンバー4人を変更。
GKとDFラインに変更がなかったため、中盤より前が大きく変わることになった。
そしてより大きな変更はシステム。初戦では4-4-2だったシステムを、4-1-4-1に変更。
猶本は「あまりやったことがない」4-1-4-1の2列目の真ん中で出場。
猶本が前、MF阪口夢穂が下がり目にポジションを取ることで、バランスをとった。
だが思うようにボールに触れることが出来ない。
ボールを受けに行こうともしたが、自分が下がることで
「後ろが重たくなっちゃう」ことを懸念したという。
「そこはギャップで我慢しながらという感じでした」。
「後半は前目の選手を入れるんだろうな」と感じており、
その交代選手が自分だという感覚も「もちろんあった」という。
「引き出しを増やしながら、コンディションは良いので続けて行きたい」と前を向いた猶本。
「次は北朝鮮に勝つしかない。チーム全員で戦って、優勝したいなと思います」と
まずは今大会の優勝だけを見据える。 (取材・文 児玉幸洋)

情報源: なでしこ猶本先発も不完全燃焼…無念の前半のみで交代、代えられる感覚「もちろんあった」 | ゲキサカ

 

現在E-1メンバーに選ばれた猶本選手への
お祝い&激励メッセージ大募集中です!
こちらでまとめたいと思っていますので
よろしくお願いいたします!!^^/
>>メッセージ募集はこちらのページです!!

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこL2017 第17節】ニュース記事と他試合結果

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

9/30(土)、10/1(日)に行われたなでしこリーグの
他試合結果とニュース記事、動画を共有します/

前節日テレが優勝を決めた事で
焦点は2位、3位争いと残留争い。
3位浦和が千葉に勝利、神戸も勝利した事で
残り1節を残し3位浦和、2位神戸が確定になりました。
4位仙台も確定です。
長野・新潟・千葉は残留確定。

そして残留争いですが。。。
伊賀は日テレに先制されながらも
一時は逆転して望みをつなげようとしましたが
日テレ田中美南選手の無慈悲な2ゴールで逆転され敗戦。
これで伊賀自動降格確定となりました。

あとは2部との入れ替え戦がどうなるか。
ちふれ、ノジマともに敗れ勝点そのまま14点と同点。
得失点差でちふれはノジマに大きく離されているので
最終戦で勝ち点を得なければ入れ替え戦へ
まわる事になりそうです。
最終節ノジマは神戸戦。ちふれは日テレ戦。
2部は現在1位日体大、2位はセレッソ。
勝点1差で最終戦へもつれ込みました。
1部、2部とも最後までわからない展開になりました。

ではリーグ戦のニュースや動画等を!

■結果とニュース記事

<結果>
09/30 (土) 12:00 新潟L 0-1 マイナビ デンカS

<マイナビ>安本得点、仙台白星 | 河北新報オンラインニュース

仙台に惜敗 連勝3で止まる
新潟L-マイナビ仙台 後半終了間際、MF園田(右)にパスを通し、好機をつくるMF上尾野辺(中央)=30日、ビッグスワン

09/30 (土) 13:00 日テレ3-2 伊賀FC 多摩陸上
FCくの一、なでしこリーグ2部降格 日テレに敗れる
写真

くノ一2部降格 一時逆転も日テレに2‐3 なでしこリーグ

 

09/30 (土) 13:00 AC長野 3-0 ノジマ 長野U

AC長野レディース待望の白星 1部残留決定
「なでしこ 長野 ノジマ」のストーリーの画像(信濃毎日新聞)

10/01 (日) 13:00 I神戸 3-0 ちふれ ノエスタ
YouTube Preview Image

10/01 (日) 13:00 ジェフL 0-1 浦和 フクアリ
>>記事等はこちら

 

■順位表(第17節終了時点

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 日テレ・ベレーザ 44 17 14 2 1 35 8 +27
2 INAC神戸レオネッサ 36 17 11 3 3 28 11 +17
3 浦和レッドダイヤモンズレディース 31 17 10 1 6 29 14 +15
4 マイナビベガルタ仙台レディース 27 17 8 3 6 20 23 -3
5 AC長野パルセイロ・レディース 22 17 6 4 7 23 16 +7
6 アルビレックス新潟レディース 22 17 6 4 7 16 21 -5
7 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 22 17 7 1 9 14 22 -8
8 ノジマステラ神奈川相模原 14 17 3 5 9 16 29 -13
9 ちふれASエルフェン埼玉 14 17 4 2 11 13 36 -23
10 伊賀フットボールクラブくノ一 9 17 2 3 12 14 28 -14

■日程(リーグ戦)
第18節
10/07 (土) 13:00 マイナビ – ジェフL ユアスタ
10/07 (土) 13:00 浦和 – AC長野 浦和駒場
10/07 (土) 13:00 ちふれ – 日テレ しらこば
10/07 (土) 13:00 ノジマ – I神戸 ギオンス
10/07 (土) 13:00 伊賀FC – 新潟L 上野

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこL2017 第16節】ニュース記事と他試合結果

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

9/23(土)、24(日)、そして27日(水)に行われたなでしこリーグの
他試合結果とニュース記事、動画を共有します/

首位日テレと神戸の直接対決。
2-0と日テレが勝利したことで勝点差11となり
残り2節(神戸は3節)を残して
日テレの2017年リーグ優勝がが決定しました。
おめでとうございます。

浦和は新潟に敗戦し仙台と勝ち点4差という事で
3位以上確定はお預けとなりました。
得失点差を考えると新潟、千葉の3位以上は
薄くなったので仙台と争う形になっていますが
浦和はあと1勝すれば自力3位以上は変わりませんので
次節千葉戦に期待です!
あとは2位に浮上するか?という話になりますが
神戸の残り試合の結果次第となり
浦和は残り2節(千葉・長野戦)を2勝することが絶対条件。
神戸が残り2節(ちふれ・ノジマ戦)を1敗1分または2敗であれば
浦和2位浮上となります。
残留がかかっているちふれ・ノジマが
どこまでやれるかにかかっています。

さて、残留争い。
6位以上は2節を残し残留確定。
今節伊賀が仙台に敗戦。
ちふれが長野を撃破した事で勝点を14に伸ばし
ノジマが連敗で最後まで目が離せない状況になっており
また長野もこのあと2節連敗すれば入れ替え戦の可能性もあります。
これは混戦。。
本日行われた第15節神戸と伊賀戦で伊賀が敗戦したため
9位ちふれとは勝点差5。
伊賀は次節日テレ戦で敗戦すれば自動降格決定となります。

そして1部残留争いの一方、2部では昇格争いがあります。
セレッソが優勢と見られていましたが
ここに来て日体大が2連勝、
セレッソが2分とし今節終了時点で
日体大が首位に上がってきました!
こちらも相当熱い争いになっています。
また、湯郷とコノミヤの直接対決を
湯郷が制したため残り2節を残し
コノミヤがチャレンジリーグへ自動降格となりました。

ではリーグ戦のニュースや動画等を!

■結果とニュース記事

<結果>

第16節
09/23 (土) 13:00 ノジマ 0-1 ジェフL ギオンス
ノジマステラ相模原、なでしこ1部残留に正念場 千葉に惜敗

 

09/23 (土) 18:00 日テレ 2-0 I神戸 味フィ西

YouTube Preview Image

日テレが3連覇 INAC神戸を退け7連勝/なでしこ

なでしこL】日テレ・ベレーザが3年連続15度目のリーグ優勝

日テレ・ベレーザ、“王朝復活”なでしこリーグ3連覇

 

09/24 (日) 13:00 ちふれ2-1 AC長野 川越
AC長野レディース2連敗 7位に後退

 

09/24 (日) 13:00 新潟L 1-0 浦和 デンカS
ニュース記事等はこちら>>

 

09/24 (日) 13:00 伊賀FC 2-4 マイナビ 甲賀
くノ一最下位脱せず 野田監督の進退協議へ マイナビに2‐4

170924_5-2.jpg

 

第15節
09/27 (水) 18:00 I神戸 1-0 伊賀FCノエスタ
YouTube Preview Image

 

■順位表(第16節終了時点

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 日テレ・ベレーザ 41 16 13 2 1 32 6 +26
2 INAC神戸レオネッサ 33 16 10 3 3 25 11 +14
3 浦和レッドダイヤモンズレディース 28 16 9 1 6 28 14 +14
4 マイナビベガルタ仙台レディース 24 16 7 3 6 19 23 -4
5 アルビレックス新潟レディース 22 16 6 4 6 16 20 -4
6 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 22 16 7 1 8 14 21 -7
7 AC長野パルセイロ・レディース 19 16 5 4 7 20 16 +4
8 ノジマステラ神奈川相模原 14 16 3 5 8 16 26 -10
9 ちふれASエルフェン埼玉 14 16 4 2 10 13 33 -20
10 伊賀フットボールクラブくノ一 9 16 2 3 11 12 25 -13

■日程(リーグ戦)

第17節
09/30 (土) 12:00 新潟L – マイナビ デンカS
09/30 (土) 13:00 日テレ – 伊賀FC 多摩陸上
09/30 (土) 13:00 AC長野 – ノジマ 長野U
10/01 (日) 13:00 I神戸 – ちふれ ノエスタ
10/01 (日) 13:00 ジェフL – 浦和 フクアリ

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこL2017 第15節】ニュース記事と他試合結果

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

9/16(土)、17(日)に行われたなでしこリーグの
他試合結果とニュース記事、動画を共有します/

上位、日テレ、浦和が勝利し
2位の神戸・伊賀戦は台風の影響で中止延期となりました。
上位3チームの順位に変動なし。
日テレが勝利したため浦和との勝点差は10のままで
残り3節のため優勝争いは神戸と日テレの2チームとなり
直接対決はあるものの日テレ有利。

浦和の優勝は消滅しましたが
次節新潟に勝利すれば自力3位以上確定となります!
敗戦した場合でも4位仙台の結果次第で
3位以上確定となりますが自力で掴みましょう!!!

さて、残留争い。
今節伊賀は神戸戦が中止となり延期。
10位ちふれが仙台を下し9位浮上!!!
おー!
ちふれは残り長野、神戸、日テレ戦。
伊賀は仙台、神戸、日テレ、新潟戦。
まだまだ分からない。
ではリーグ戦のニュースや動画等を!

■結果とニュース記事

<結果>

 09/16 (土) 14:00 浦和 4-1 ノジマ 浦和駒場
記事等はこちら>>

09/16 (土) 16:00 AC長野 0-1 新潟L 長野U

AC長野レディース 新潟に敗れる
「なでしこ 長野 新潟」のストーリーの画像(信濃毎日新聞)

09/17 (日) 13:00 マイナビ 0-1 ちふれ 石巻フ
<マイナビ>復興支援試合も 気迫空回り 

09/17 (日) 15:00 ジェフL 0-1 日テレ 秋フロ
ニュース記事無し(2017/9/18現在)

09/17 (日) 18:00 I神戸 – 伊賀FC ノエスタ
台風のため中止となり9/27(水)18:00に延期

 

■順位表(2017/9/18終了時点

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 日テレ・ベレーザ 38 15 12 2 1 30 6 +24
2 INAC神戸レオネッサ 30 14 9 3 2 24 9 +15
3 浦和レッドダイヤモンズレディース 28 15 9 1 5 28 13 +15
4 マイナビベガルタ仙台レディース 21 15 6 3 6 15 21 -6
5 AC長野パルセイロ・レディース 19 15 5 4 6 19 14 +5
6 アルビレックス新潟レディース 19 15 5 4 6 15 20 -5
7 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 19 15 6 1 8 13 21 -8
8 ノジマステラ神奈川相模原 14 15 3 5 7 16 25 -9
9 ちふれASエルフェン埼玉 11 15 3 2 10 11 32 -21
10 伊賀フットボールクラブくノ一 9 14 2 3 9 10 20 -10

■日程(リーグ戦)

第16節
09/23 (土) 13:00 ノジマ – ジェフL ギオンス
09/23 (土) 18:00 日テレ – I神戸 味フィ西
09/24 (日) 13:00 ちふれ – AC長野 川越
09/24 (日) 13:00 新潟L – 浦和 デンカS
09/24 (日) 13:00 伊賀FC – マイナビ 甲賀

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

Twitter&記事【なでしこL2017 第15節】vsノジマステラ神奈川相模原

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

9/16(土)のノジマ戦のレッズプレスの無料記事と
選手達のツイートがありましたので共有します!

下記リンクから辿って監督、選手のコメントをご覧ください。

 

2017プレナスなでしこリーグ第15節・ノジマステラ神奈川相模戦=ダイジェスト&コメント


接戦のなか、セットプレーから3ゴール・浦和、4-1で勝利

2017プレナスなでしこリーグ第15節 浦和レッズレディースは
ホーム・浦和駒場スタジアムで ノジマステラ神奈川相模原(以下・ノジマ)と対戦。

試合は33分。浦和がこの試合初のコーナーキックから
MF筏井りさ→DF栗島朱里のクロスに最後はDF高畑志帆が頭で決め、先制。

しかし、9分後の42分。浦和 DF北川ひかるが
自陣ペナルティーエリア内でノジマFW石田みなみを倒し、PKの判定。

しかし、主審のミスジャッジにより、PK取り消しという“珍事”で事なきを得る。

こうしたことに動じないのがいまの浦和の強さ。

前半終了間際の45+2分、コーナーキックから今度は
FW吉良知夏が頭で決めて、追加点。前半を2-0で折り返した。

試合を決めたい浦和。後半開始から左MF塩越柚歩→FW安藤梢が投入。

52分、そのFW安藤のスルーパスから左サイド・吉良がクロス。
こぼれ球にMF猶本光がシュートを打つも、枠外。スタジアムからため息がもれた。

しかし、その3分後の55分にノジマがゴールを奪う。
右サイド・元浦和のDF臼井理恵のクロスからFWミッシェル・パオに頭で決められ、2-1の1点差に。

その後、前に出る浦和だが、ノジマに裏を取られる場面が見られるようになった。

2-1で迎えた70分。浦和FW安藤がひとりで持ち込み、左足一閃。
ネットを揺らし、3-1とすると、83分にはコーナーキックから
最後はDF北川ひかるが押し込み、決着。

試合は4-1で浦和が勝ち点を「28」に伸ばした。

“なよっとした”チームを変えた石原孝尚監督と安藤梢

スコアだけ見ると、圧勝に思えるが、さにあらず。

ノジマの速いプレスとカウンターで何度かピンチを迎えた。
それを物語るように、シュート数は両チームともに13本と拮抗したゲームだった。

それでも勝てたのは「取れるときに取れた試合」とFW吉良知夏が話すように、
セットプレーから効率よく3ゴールを挙げたからだ。

身体を張った泥臭いプレスと攻守の速い切り替えに加え、
試合中に起きた問題を選手自身が解決でき、さらに自信を持って、ゲームに臨んでいる。

試合を見るたびに逞しさが増していくことが伝わってくる。

「昨年や今年のはじめには、(先に失点した際)決め返す、取り返せる雰囲気がなかった。
でも、いまは取り返すことができる。気持ちの切り替えもできているし、みんな同じ方向を向いている(DF栗島朱里)」

「雰囲気が悪い中でも前向きでいられる。良い雰囲気を保つことができる」(GK池田咲紀子)

こうした逞しさを持てるようになったのは、前向きさ、明るさを大事にする石原孝尚監督のマネージメントがひとつ。

そして、FW安藤梢の加入がやはり大きい。

安藤は加入当初のチームを「なよっとした感じがあり、迷いがあった。
引き分けでも良いという雰囲気があった」と振り返った。

なよっとした、迷いのある空気について安藤は、
「引き分けではなく、勝ちに行くんだと伝えてきた。若い選手と話すと、
以前はうまくかなくなると、どうすればいいのか、困っていた。
私には経験があるので、自分のプレーで引っ張ることで前向きにしたかった」と強く語った。

昨季はまさかの残留争いを経験した浦和レッズレディース。

強くなりたい。勝ちたい。この純な気持ちに監督が、
あるいは安藤が鎹(かすがい)となっていまのチームをまとめている。

シーズン当初、「リーグ戦の最後の試合で一番良い試合ができるようにしたい」と語った石原監督。

リーグ残り3試合。その道筋は見えつつある。(佐藤亮太)

情報源: 試合レポート|2017プレナスなでしこリーグ第15節・ノジマステラ神奈川相模戦=ダイジェスト&コメント|レッズプレス!!

 

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこL2017 第14節】ニュース記事と他試合結果

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

9/9(土)、10(日)に行われたなでしこリーグの
他試合結果とニュース記事、動画を共有します/

日テレ、神戸、浦和と上位3チームが揃って勝ち点3をゲットし
前節まで8位だった新潟が勝利、7位ノジマが敗戦したため
7位、8位の順位のみ入れ替わりました。

まず、残り4節という事で9位伊賀が全勝した場合の勝ち点が21となるため
3位以上のリーグ残留が確定しました。

それと同時に4位以下の優勝は無くなりました。

3位浦和は勝ち点25のため残り全勝で勝点37のため
次節日テレが勝利した場合優勝戦線から脱落となります。

2位神戸は日テレとの直接対決がありますが
勝点差が5あるため自力での優勝はありませんので
あとは日テレをどこかが止める事が条件になります。

浦和は残り毎節一つ一つ勝利する事で
3位以上確定へ進んでもらいたい!

さて、残留争い。
今節伊賀が勝ち点1を積み重ね
10位ちふれと勝ち点1差としました。
ちふれは残り仙台、長野、神戸、日テレ戦。
伊賀は神戸、仙台、日テレ、新潟戦。
これは毎節しびれる戦いになりそうです。。

2部は現在首位がセレッソで2位が日体大。
こちらも自動昇格、入れ替え戦争いが熾烈ですが
今節直接対決でセレッソが勝利し一歩リードしました。
来年はJグリーンに行く事になるのか、
それとも神奈川県近郊に行く事になるのか。。

ではリーグ戦のニュースや動画等を!

■結果とニュース記事

<結果>

 09/09 (土) 14:00 伊賀FC 0-0 AC長野 ならでん

YouTube Preview Image

AC長野レディース 伊賀と引き分け

FCくノ一、残留へ貴重な勝ち点1 長野と0-0
写真

くノ一引き分けで連敗止める AC長野に0‐0 なでしこ1部
170909_5.jpg

09/09 (土) 18:00 マイナビ 0-4 I神戸 ユアスタ

YouTube Preview Image

なでしこL】マイナビ仙台、INACに4失点完敗 : スポーツ報知

09/10 (日) 18:00 ノジマ1-2 日テレ BMWス
ニュース記事無し

09/10 (日) 18:00 ちふれ 2-3 浦和 NACK

ニュース記事等はこちら>>

 

09/10 (日) 18:00 新潟L 5-1 ジェフL 新潟市陸
 今季最多5得点で快勝 千葉に5-1|新潟日報モア
新潟L-千葉 後半33分、MF阪口(右)が左足を振り抜き、4-1とする=10日、新潟市陸上競技場

 

■順位表(第14節終了時

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 日テレ・ベレーザ 35 14 11 2 1 29 6 +23
2 INAC神戸レオネッサ 30 14 9 3 2 24 9 +15
3 浦和レッドダイヤモンズレディース 25 14 8 1 5 24 12 +12
4 マイナビベガルタ仙台レディース 21 14 6 3 5 15 20 -5
5 AC長野パルセイロ・レディース 19 14 5 4 5 19 13 +6
6 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 19 14 6 1 7 13 20 -7
7 アルビレックス新潟レディース 16 14 4 4 6 14 20 -6
8 ノジマステラ神奈川相模原 14 14 3 5 6 15 21 -6
9 伊賀フットボールクラブくノ一 9 14 2 3 9 10 20 -10
10 ちふれASエルフェン埼玉 8 14 2 2 10 10 32 -22

■日程(リーグ戦)
第15節
09/16 (土) 14:00 浦和 – ノジマ 浦和駒場
09/16 (土) 16:00 AC長野 – 新潟L 長野U
09/17 (日) 13:00 マイナビ – ちふれ 石巻フ
09/17 (日) 15:00 ジェフL – 日テレ 秋フロ
09/17 (日) 18:00 I神戸 – 伊賀FC 神戸ユ

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter