猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【なでしこジャパン】6月にニュージーランドと対戦決定!

【なでしこジャパン】6月にニュージーランドと対戦決定!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

JFAはなでしこジャパンが6月の海外遠征で
ニュージーランドでの合宿&同国代表と対戦する事を発表しました!

先日アジア杯で優勝し来年に開催されるW杯の切符を手にしたなでしこジャパン。
ここから本大会までの一年をどう過ごすのかとても重要です。

今回はメンバー選考を含め今後どういう方針でやっていくのか
わかる遠征となると思います。
アジア杯メンバーをベースに招集をかけるとは思いますが
連携の積み上げをしていきながらも
新戦力を数名試していく(!?)ようです。

もちろん猶本選手が招集されて出場の機会を与えられる事を願っています!!

YouTube Preview Image

 

なでしこジャパン(日本女子代表)は6月4日(月)よりニュージーランドに遠征し、
ニュージーランド女子代表と対戦することが決定しましたのでお知らせします。

なでしこジャパン(日本女子代表)ニュージーランド遠征

期間:2018年6月4日(月)~11日(月)
場所:ニュージーランド/ウェリントン

国際親善試合 対ニュージーランド女子代表

日時:2018年6月10日(日)
キックオフ:現地時間15:00(日本時間12:00)
対戦カード:なでしこジャパン(日本女子代表)vs ニュージーランド女子代表
会場:Westpac Stadium

高倉麻子監督コメント

今回、FIFA女子ワールドカップ常連国のニュージーランド女子代表という素晴らしい相手と、彼女たちのホームで戦えるという貴重な機会を得られたことを大変嬉しく思います。AFC女子アジアカップで優勝することができましたが、なでしこジャパンはまだまだ発展途上で、来年のFIFA女子ワールドカップで優勝を目指せるチームになるためには、これまで以上の上積みが必要と考えています。これまで作ってきたチームの完成度を高めると同時に、新たな戦力の発掘、抜擢にもチャレンジして、なでしこジャパンの新しい力を引き出せるような遠征にしたいと思います。

【参考】 ニュージーランド女子代表との対戦成績
8試合/6勝2分0敗(18得点7失点) *ニュージーランドでの対戦は初

国際親善試合 対ニュージーランド女子代表

2018年6月10日(日) 現地時間15:00(日本時間12:00)
ニュージーランド/Westpac Stadium
なでしこジャパン(日本代表) vs ニュージーランド女子代表
大会特設ページはこちら

情報源: なでしこジャパン(日本女子代表)6月にニュージーランドと対戦 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。
    ニュージーランド戦ですか。もうちょっと他の相手、何とかならなかったんでしょうかね。安易なマッチ・メーキングな印象だなぁ。まぁ、ニュージーランド戦と言えば、猶本サポが忘れてはいけない2014年5月8日ですね。
    残り僅かな時間とはいえ、川澄選手と交代で投入された猶本選手の記念すべきA代表デビュー戦でしたね。
    そんな感慨に浸っている場合じゃぁ無いんですが、新戦力を数名試す、とか寝言をいっているようですね高倉(もはや呼び捨て)は。
    おそらくメインの親善試合のほかに、出場機会の無かったメンバーが中心のTMも企画されているのかもしれませんが、この期に及んでまだ「新戦力の模索」とかしている場合なんですかね。
    だって1試合でしょ?海外組は招集可能なのか良く知りませんが、アジア杯だって監督の力で勝ち取った、なんて今でも自分は評価しちゃいませんから。選手たちが自分達で考え、自分達で対処した結果ですよ。
    今のメンバーの連携を醸成することが先決でしょうが。自分は猶本選手の出場機会がまた減る危険性があるから、なんてケチな了見で言っているんじゃありません。
    ”新”戦力ではないけれど、北川ひかる選手にもう一度チャンスを与えてくれたら、少しだけ見直します。

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!※業務連絡:年は修正しました!
      高倉監督はまた一年戦術の浸透ではなく選手探しの旅に出るんです。きっと。
      初めの段階での見極めがよくないですし、今までのように思い込みでお気に入りを起用して結局モノにならないパターンをやると一年あっという間で危険だなと思います。
      新戦力を呼んだとしても早い段階で決断して、アジア杯メンバーでの深みを重点に置いて
      公式試合の追い込まれた状態でのアドレナリン全開の力を親善試合でも出せるようになってもらいたいです。
      そしてアジア杯優勝はしましたが豪戦も運が良かった部分が多いので引き締めていってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。