猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【AFCアジア杯2018】豪戦後のニュース記事

【AFCアジア杯2018】豪戦後のニュース記事

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

4/13(金)豪とドローでGL突破、W杯切符を獲得したなでしこ。

YouTube Preview Image

阪口選手の決定力は相変わらず(笑)

公式からのレポートで選手達の笑顔が写ってる画像がありました^^

なでしこジャパンは13日(金)、AFC女子アジアカップ第3戦で
準決勝進出とFIFA女子ワールドカップ出場権獲得を目指して、
今大会の優勝候補でもあるオーストラリア女子代表と対戦しました。
1勝1分で並ぶ両者。互いに負けられない一戦は
オーストラリアのスピード攻撃を日本が懸命にかわす展開ではじまりました。

サイド突破やカウンター攻撃でバイタルエリア内に
立て続けに侵入してくるオーストラリアに対し、
この日も熊谷紗希選手、市瀬菜々選手のセンターバックを中心に、
右サイドバックの清水梨紗選手、左サイドバックの鮫島彩選手らが体を寄せて防ぎます。
時に数人がかりで、時に1対1で、慌てることなく対応していく日本。
トップの菅澤優衣香選手、岩渕真奈選手も、
前線から躊躇することなくプレスをかけて揺さぶります。

日本がチャンスを掴んだのは35分。
中島依美選手が、かけ上がってくる清水選手へ流し、
それをダイレクトで中へ送ったボールは相手がたまらずCKへ逃れます。
この日初めてのCKでしたが、これは相手DFに阻まれます。
前半アディショナルタイム、今度はオーストラリアにCKを奪われますがこれも凌ぎ、
日本は狙い通り前半を0点に抑えて後半を迎えることになりました。

なんとか攻撃に転じたい日本が徐々にボールを保持しはじめると、
63分、待望の瞬間が訪れます。
岩渕選手からのパスを前線に走り込みながら受けた長谷川唯選手が
マイナス方向へ切り返すと、そこに走り込んだ阪口夢穂選手が左足でゴール。
オーストラリアから先制点をもぎ取ります。

このままではグループステージ3位となるオーストラリアの攻撃が勢いを増す中、
日本は全員でプレスをかけ続け、シュートを打たせません。
しかし86分、ペナルティエリア左から入れられたボールに対し、
飛び出したGK山下杏也加選手が相手よりも先に触りますが、
キャッチしきれずこぼれたところを押し込まれて同点に追いつかれてしまいます。
このままでも1位通過となるオーストラリアも無理にボールを奪いに来ることはなく、
最後は日本がボールを回し続けてタイムアップ、1-1でグループステージ最終戦を終えました。

この結果、同時開催されている他カード(韓国4-0ベトナム)の影響を受けることなく、
オーストラリアの1位、日本の2位が確定。
ともに準決勝進出と同時にワールドカップ出場権を獲得しました。
17日(火)の準決勝で日本はグループA1位の中国と対戦します。

高倉麻子 監督
今日は厳しい戦いになるのはチームの共通認識としてありました。
狙い通りに前半しのぐことができて、後半は日本ペースになり、1点を取ることができました。
体を張ってしのぎながらFIFA女子ワールドカップ出場権を獲得した選手たちのことを非常に誇らしく思っています。
同点に追いつかれてから攻め込みませんでしたが、
そうした試合の終わらせ方は見てくれている方々に申し訳なく、
私自身心苦しく思うところもありましたが、
ルールの中でできることを考えた中で選択しました。
残り2試合あるので、まずは次の試合に向かってもう一度しっかりやっていきたいと思っています。

情報源: なでしこジャパン オーストラリアと1-1で引き分けるも準決勝進出とワールドカップ出場を決める ~AFC女子アジアカップヨルダン2018~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

なでしこ終盤のパス回し「もどかしさあった」と岩渕

 

なでしこ高倉監督苦笑「やったーという感じには…」

 

21歳長谷川唯がアシスト「泥くささ引き継ぐ」

 

ひとつは食事面。今回、日本は専属シェフを同行させておらず、
食事は宿泊するホテルのものを食べています。
長くホテルに滞在している私もそうですが、こちらでは食べ慣れた白米はもちろん、
日本とは少し味付けが違う料理が多いです。
少し酸っぱい味付けがされていたり、個人的な感覚で言うと、タイ料理に近いような感じかもしれません。
ホテルの食事や、スーパーを見ているとパンやチーズの種類は多く、
温暖な気候を生かしたオリーブやフルーツも豊富にあります。

なでしこは、そういった中東での戸惑いに慣れるため、昨年11月にヨルダン遠征を行い、
今大会でも使用するスタジアムでヨルダン代表と親善試合を行いました。
しかし、ある選手は「11月に来た時は口に合うと思っていたけど、今回は少しまた違う」と漏らしました。
チームは持ち込んだ炊飯器でお米を炊くなどの処置はしており、
選手らはそれぞれ好みの調味料などで味付けして食べているそうです。
めったに外出できず、ほぼホテル暮らしの選手にとって食事の息抜きは大切かもしれません。

情報源: なでしこ息抜き不足、遠征で慣れた食事のはずが… – サッカー現場発 – サッカーコラム : 日刊スポーツ

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。