猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

結果【なでしこL2016 第4節】vsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻

結果【なでしこL2016 第4節】vsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

4/17(日)浦和レッズレディースはホーム駒場で
コノミヤ・スペランツァ大阪高槻と対戦しました。

まずは結果から

17日(日)、浦和駒場スタジアムにて行われました
『プレナスなでしこリーグ1部・第4節 vsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻』の
試合結果をお知らせいたします。

2016年4月17日(日) 13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-3(前半0‐1) コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
得点:20分 佐藤 楓(コノミヤ)、62分 成宮 唯(コノミヤ)、71分 成宮 唯(コノミヤ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 塩越(→63分 栗島)、柴田、長野、加藤(→70分 山守)
FW 吉良、後藤(→65分 清家)
SUB 平尾、臼井、筏井、白木

観衆:939人

情報源: 浦和レッズレディース | URAWA RED DIAMONDS LADIES

駒場は風が強く雨が強くなったり
弱くなったりと不安定な天気。
チケット売り場前を通ったら
猶本選手がチケット売り場にいたので
やっぱり今日はベンチ外か。。と。
#しっかり治して!/

11時30分開場予定だったが時間より早めに開場。
スタジアムに入ると風が半端ない。
天気は悪いけど気温は高いと聞いていたので
厚着してこなかったが断続的な突風で
体感温度はかなり低かった。

ということで席確保後コンコースへ行き
風から逃げ、練習スタート位に席に戻る。

■浦和システム4-4-2

___後藤__吉良___

加藤________塩越

___長野__柴田___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■高槻システム5-4-1

_____サラ_____

__成宮_____巴月_

___虎尾__丸山___

倉員________北川
__秋葉_壷井_佐藤__

_____上野_____
#途中から成宮・巴月は左右スイッチ。

浦和はコイントスで前半風上。
この試合は風がかなり影響しそうだ。
バックスタンド上のフラッグもバタバタたなびいてる。

前半の風上時に先取点を!

さぁ行こうゼ行こうゼ勝つぞー!!

キックオフ!!

今日は主審が男性。
これは珍しい。。
中継が入ってるだろうか。。(ーー)

■2分
加藤選手から左北川選手へ。
クロス!
ゴール前いいボールだ!
塩越選手ヘッドもGKキャッチ。
くぉー。
いいぞ!
その調子でどんどん行こう!

■2分
高槻丸山選手のシュートも外。
あぶなー

■7分
柴田選手から中の吉良選手へ。
シュートも枠外。

■10分
長野選手から左加藤選手へ。
ゴール前GKとDFの間にいいクロスが上がった!
吉良選手!
もらった!
ヘッド!
うぉーー
右に外れた。ぐぉーーーー
これはせめて枠に入れなきゃ!

■12分
高槻中央成宮選手から右の高槻北川選手へ。
シュートも枠外。

■17分
右乗松選手がドリブルで上がる!
塩越選手へパス→ゴール前吉良選手へ。
打て!打つも外。
シュートの意識は高い。
吉良選手頑張れ!

■20分
高槻左CK。キッカーは虎尾選手。
ゴール前ボールが上がる!
浦和DF一瞬ボールウォッチャーになった。
後ろから佐藤選手がヘディング!
高畑選手クリアに行くが先に触られ
右隅にゴール。。
0-1浦和先制される。

■23分
中央加藤選手から左塩越選手へ。
そのまま中へ入り込みゴール前へ。
吉良選手!
シュートもDFに防がれる。

■25分
左加藤選手からオーバーラップした北川選手へ。
クロスもゴールライン割る。
加藤選手と北川選手の関係はなかなか。

■31分
加藤選手から左サイドオーバーラップしてる高畑選手へ。
クロスもGKキャッチ。

■33分
高槻ゴールキックが風で戻され
吉良選手から加藤選手へ。
チャンス!
シュート!
左外。
ぐぉーーーーーーー
枠!枠!\(ーー)

■34分
左CKキッカー長野選手。
ニアに上げるもクリアされる。

■34分
高槻にカウンター食らう。
前線サラ選手へ渡ってしまった。
マズイ!
戻れ!

塩越選手全力ダッシュ!
戻って対応した。
ナイス!よく戻った!
ふー。。

■37分
左北川選手が中へ入り込み
左加藤選手へパス&クロス!
CK獲得。
キッカー北川選手。
ショートコーナーでボール交換後
ファーへクロス!
折り返してゴール前後藤選手飛び込むもノーゴール。
接触で後藤選手が少し傷んだ。。

■45+1分
北川選手左からシュートもGKキャッチ。

そして前半終了。

■HT
交代無し

■48分
右サイド塩越選手がドリブルで駆け上がり
CK獲得。
→CKキッカー北川選手。
ゴール前上げるもクリアされる。

■62分
浦和後ろでのボール交換でボールを奪われる。
成宮パス&GO→丸山→サラ→成宮選手と
ワンタッチパスで渡る。
マズイ!
成宮選手PAわずか外からシュート打たれ
これが左隅に決まり失点。
ぐほっ。
0ー2浦和ビハインド。
あの位置でシュート簡単に打たせ過ぎだ。。

■63分
塩越OUT 栗島IN

___後藤__吉良___

加藤________柴田

___長野__栗島___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■65分
後藤OUT 清家IN

___吉良__清家___

加藤________柴田

___長野__栗島___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■70分
加藤OUT 山守IN

___吉良__清家___

山守________柴田

___長野__栗島___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____
■72分
高槻カウンター。
中央成宮選手がドリブルで上がる。
左の巴月選手へパス。
中へ折り返したボールに成宮選手が
右コースを狙ってゴール。
完全に崩された。
浦和失点。
0ー3。

キビシイ。。

まず一点返せー。
まず一点だ!

頑張れ!

■75分
左へ展開し北川選手へボールがわたる。
左-2から北川選手シュートもGKキャッチ。

■78分
左サイド山守選手がドリブルで深くまで
切れこんでいきCK獲得。

■79分
中央こぼれ球を山守選手がシュート!
惜しくも左上外。
いいシュートだった!オシイ!
シュート力あるな。。

■82分
柴田選手から前線へ。
清家選手がヘッドも枠外。

■86分
左CKキッカー北川選手。
グラウンダーの速いボールを
ニアに蹴るがクリアされる。

■89分
中央山守選手がシュート放つも
ゴール左GKキャッチ。

■90+1分
中央-2北川選手シュートも弱くGKキャッチ。

試合終了。
0ー3浦和敗戦。

オーノー(>_<)
参ったな。。。

前節の負傷により猶本選手がベンチ外でボランチ柴田システム。
相方も守備的な栗島選手ではなく長野選手を起用。
そして、右SHには塩越選手を起用。

前半、風上に立った浦和は開始から積極的に攻めていき
何度か決定的なチャンスがありながらも決めきれず。
逆にCKからヘディングで失点。
これで気落ちしたのか勢いが少しずつ落ちていってしまった。

なぜ気持ちが落ちてしまうのか?

「これ以上失点したくない」という気持ちで
消極的になっているのだろうか。

本来なら冷静な中にも
「ぐぉー!!あったまに来た!絶対取り返しに行く!全員なぎ倒してやる!」
というぐらいの強い気持ちで挑まなければならないところだ。
今シーズンの浦和は失点すると生まれるのは闘争心ではなく焦り。
時間がまだ多くあってもだ。
試合前のメンタルの準備に問題があるように思えるので
リスクを想定し、劣勢になっても跳ね返す
イメージを持って今後臨んでいってもらいたい。

後半は激しい風下でまったくボールが前に進まず
パスをつないで押し上げようとするが
高槻のハイプレスでカットされたりとうまく行かない。

もちろん点を取りに行かなければいけない状況で
前がかりになるので中盤と最終ラインの距離も開き
カウンター食らってしまって。。

1失点目。
セットプレーからの完全に人から目を離して飛び込まれてた。

そして2失点目はビルドアップ時のミスから
インターセプトされ最後寄せきれず失点。
もったいない。

3失点目のカウンターは最後サイドからの折り返しを
中央の成宮選手をフリーで打たせたのは厳しい。
たとえ届かなかったにしても折り返しを予想して
最後まで諦めないで走ってもらいたかったな。

というか、だから試合前日に成宮選手を絶対抑えて!って言ったんだけど。
#わかってるだろうし、誰も見てないだろうが(ーー)・・・・

■柴田ボランチシステムについて
このボランチ柴田システムは2014年猶本選手が離脱したときに
リーグ戦最終節から皇后杯で採用されたもの。
#2015年も猶本選手離脱時にあったかも。

あの時は栗島選手、藤田選手と
ボランチの選手がいなかった事もあったので
そうせざるを得ない状況だった。
今シーズンはどうだろうか?
岸川選手の移籍、藤田選手の引退があったものの
栗島選手もいるし、筏井選手がいる。
筏井選手は移籍元の千葉ではトップやボランチをやっていた中央の選手。
個人的には猶本選手が抜けた穴は筏井選手を!と思っていました。

柴田選手のボランチとしての能力云々というよりは
全くタイプの違う選手を中央で起用すれば
今まで構築してきたスタイルが別物になってしまう可能性がありますし
その変化に全体の連携が対応できるほど器用でもないし状態もよくない。
その上、前半に攻撃的に仕掛けて行きたいという思いから
柴田選手の相方に攻撃が得意な長野選手を起用。
私の好みもありますがこれは対戦相手と余程の力の差がなければ
4-4-2のダブルボランチでこの二人を配置するのは危険な気がします。
まぁでも前半に勢いをもっていく方に賭けてたんだろうな。。と。
しかし、大きな力の差がない以上守備もしっかりしないといけない。
どっちが守備的に行くのか?流動的に?
はじめて組むに等しいコンビではちょっと難しかったな。
結果論ですが、、
うまくいってれば「付け焼刃だけど機能した!」という風になるわけですが。

監督!!!
猶本選手が出れないなら筏井・栗島のダブルボランチで頼みます。
もちろん猶本選手が次節戻ってこれるならうれしい限り。

この4戦3敗1分で選手もがっくり来てるだろう。
久々に後ろの方で観ていましたが
近くにいたサポーター怒っていました。。。
まぁここは冷静に。
私自信、危機感が無いわけででもないし
まったく呑気な気分でもないですが
サポーターが監督、選手を批判すれば
選手達のメンタルにも影響するだろうと。

監督、コーチにはしっかり知恵を絞ってもらうとして
選手達には必要以上のプレッシャーを感じずに
もっと楽しんでもらいたい。
そして最後まで諦めないプレーを見せてもらいたい。

負けたって応援するよ。
勝つのを信じて応援しに行くよ。

頑張って行こうぜ!!

皆で意見出しあって作り上げていくんだよ!o(ーー)o

がんばれ!!浦和レッズレディース!!
がんばれ!!猶本光!!

We are REDS!!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。
    うーん、厳しいなぁ。試合終了後のメンバーの顔といったら、それはもう見ていられない感じでしたね。
    シュートが枠に飛ばない!パスの精度が低い!1対1の局面で負け過ぎる、などなど挙げたらキリがないのですが。
    それ以上にきよさんと激しく同意、の部分が「柴田ボランチ反対説」です。かつてここでも触れたような気がしますが、
    自分は柴田選手のボランチ配置が良かった、と思えたゲームが1試合もありません。確かに浦女の中ではボール扱いに優れ、単独でも現状打開が出来るテクニシャンです。
    が、しかし絶対にボランチの選手じゃぁないですよ。一番ハマるポジションはシャドー・ストライカーだと思っていますが、チームはそのシステムではない。
    そもそも筏井選手の加入が決まったとき、きよさん同様自分も『あっ、これで今年は長野選手を育てながら、猶本・筏井のボランチで行くんだな。ちゃんと考えて補強してんだな。』なぁんて考えていましたから。
    吉田監督は何故筏井選手をボランチで使おうとしないんでしょうか?資格は無いけれど私も強く希望します。
    それと白木選手!こんな状況なのに怪我あがりの清家選手にFWの交替のファースト・チョイスを取られていちゃぁ情けないぞ!後藤・吉良の一角を押しのけて貴女が先発で出てくるくらいじゃなきゃ底上げにならないよ!
    下を向いていちゃダメだ!頑張れ浦和レッズ・レディース!

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!
      試合終了後つらかったですね。。。遠くから見ていても北川選手が泣いているのがわかりました。
      筏井、猶本ダブルボランチは攻撃的で面白そうですよね。
      二人で上がらないようバランスを取る事が重要になりそう。ここは押さえたい所です。
      アンカーおいての4-1-2-3で中央二人並べても面白そうです。
      浦和だけ見てると白木選手の良さが見えなくなります。
      代表だといい感じなのですが。。覚醒して欲しいなーと。
      柴田選手ですが今シーズンコンディション良くない気がしませんか?
      痩せている感じもしますし、ドリブルで抜き去るキレが無いように思えます。疲れてる?
      一度柴田、吉良、後藤、長船選手あたりを一度下げるのもあってもいいかなと思っています。
      とにかく選手達には前向きに頑張ってもらいたいです!!

  • ももたろ より:

    次節は岡山ですので負けなしいやいや勝ちで帰ってもらいたいと思います。

    負けが続いてるけどプレッシャーばかり感じないで伸び伸びとやってもらいたいところです。

    • きよ より:

      >ももたろさん
      こんばんは!岡山は勝ちで帰らせてください。不敗ももたろさん!
      そうなんです。伸び伸びやってもらいたいです!!

  • ラッキー8 より:

    きよさんこんばんは
    レッズレディースは負のスパイラルに入り込んだ感じですね
    話は変わりますがイタリアではミランが監督を変えて久々に勝ちました
    新監督のブロッキはシステムを4-4-2から4-3-1-2に変えて本田も外しました
    このように同じチームでも選手やシステムを変えるだけで試合内容がガラリと変わります
    浦和も試したら面白そうなシステムがたくさんあるのに同じシステムに拘るのは勿体無いと思います
    個人的には筏井選手のトップ下や乗松選手のボランチが見てみたいです

    • きよ より:

      >ラッキー8さん
      こんばんは!
      システム変更もいいですね。相手によって変えるのも手だと思います。
      吉田監督の引き出しはどうなのかと思いましたが
      コーチの石原氏は4-3-3得意なんじゃないかと思います。
      筏井選手や乗松選手の使い方ももっとバリエーション多くしてもらいたい。

  • たっきぃ より:

    問いかけを頂いたので、それに甘えて連投失礼します。
    柴田選手、もともと「修行僧」のような、自分のすべきことを黙々とこなす、というプレースタイルで好不調があまりはっきり表れてこないのですが、今シーズンはコンディションが確かに良くないですね。球離れやテンポも遅く、するすると抜け出ていくことがほぼ皆無です。疲れている?
    筏井、猶本のボランチですとご指摘の懸念もありますが、筏井選手が攻撃60:守備40、猶本選手が攻撃45:守備55くらいになるのはバランスを考えると仕方がないかな、と。
    アンカーを置くシステムは確かに面白いですね。適任者は栗島選手なのか?乗松選手なのか?
    だけど・・・吉田監督は絶対にやらないでしょうね。臼井選手が復帰したら北川選手を左SHへ、という案を出してきよさんに賛同を頂きました(?)が、4-1-2-3ではそれも不可能となりますしね。

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!柴田選手が好調になればサイドでアクセントが効いてよくなると思います。
      やっぱり筏井・猶本ダブルボランチいいすね^^
      筏井選手も守備頑張れるので基本たっきぃさん案で
      展開によってバランスをとってスカスカにならないように気をつけてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。