猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

08月

結果【なでしこジャパンE-1選手権2022】vs中国女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!!きよです!

7/26(火)なでしこジャパンはE-1選手権で
中国女子代表と対戦しました。

まずは結果から

日本0-0(前半0-0・後半0-0)中国

スコアレスドローで
3節終了勝ち点2差で日本がE-1優勝。

 

なでしこジャパン優勝おめでとう!
猶本光選手おめでとう!

試合後の表彰式。
ベストゴールキーパーは山下選手。
MVPは誰だ?と思っていて、、、
中国戦は0-0ですし
韓国戦、タイペイ戦の得点者はみんな一点ずつ。
ひょっとしてワンチャン・・・なかった^^;
清水選手が呼ばれ受賞。
よく走っていたしキャプテンだし
代表選手としての信頼感という点でも
個人的にはおめでとうと思ったが
当の本人も「えっ、私?」みたいなリアクションで
チームメイトにありがとうと頭を下げて登壇。

本大会3試合あった中、初戦はTV、
あと2試合はスタジアムで観ました。
タイペイ戦は猶本選手も活躍して4-1で勝利したが
中国戦が終わって思ったのは
このチームはこれでいいのか?と。
こう思ってるのは自分だけ?と思っていたが
試合後のゴール裏へのあいさつで
声出しエリアから
「もっとやらないとダメだろ!」とゲキが飛んでいた。
まさに中国戦を見ていて試合全体も采配も
満足のいくものではなかった。
E-1自体は2勝1分で優勝して結果を出しているのに。

アジア杯で中国に勝てずベスト4に引き続き
今回も中国に勝つことができなかった。
ポイントは
なでしこジャパンは第二節はターンオーバーして
中国戦に臨むメンバーを完璧に温存して迎えた。
一方中国はこの3戦、11人中6名は3戦連続スタメンだったので
コンディション的にもなでしこジャパンは有利だったはずだった。
しかし結果はスコアレスドロー。
万全の態勢で迎えたはずだったが
勝てなかったという結果は重く受け止めて欲しい。
ドローでも優勝だったが
ホームでまさか引き分け狙いではなかろう。

E-1は池田ジャパン初の国内開催試合。
やっと生で観れたわけです。
アジアカップや欧州遠征での采配の疑問や
TV観戦ではわからない全体的なチームバランス、
オフザボールでの各選手の動きやポジション取りや
スペースをどう埋めて、どう生み出しているか
スタジアムで観ることでわかることも多くあります。
就任当初池田監督の選手選びについて
「チルドレンは自分の指導、考え方など理解している選手だから」
みたいな文面を読んだ記憶があります。
で実際観て思ったのは、
戦術的に特に高度なことはしてないか、
中心に据えられている選手が実践できているか微妙で
「池田太氏を理解している」という条件は
必要ないんじゃないかと思いました。

今回の収穫は千葉選手。
タイペイ戦のいい動きに引き続き
中国相手でも積極的に仕掛けていくプレーで
期待感を生み出していました。
タイペイ戦でトップから後半左サイドに配置されたことで
消えていたが、中国戦では右サイドで起用。
こっちの方が効果は出ていた。

途中出場の清家選手や成宮選手は
よく走り積極的にボールに絡んで打開を試みていて
勝ちに行くという気持ちがプレーにも出ていて
頑張ってるなと。

采配は・・・
後半ATに菅澤選手投入とか遅いし
究極、平日19:20カシマ開催で集まった観客の前で
こんな消極的な戦い方するぐらいだったら
まじで代表活動ごと辞めてしまえと思いました。
最終試合でこんな試合をしていて
ライト層初観戦者が次に観に来るだろうか?
コアサポの中でもお金と時間と労力を使って
わざわざ見に行くことを考える人も出てきそう。
なぐらいの試合だったと認識した方がいい。

さて、触れていいのか悪いのか
ここまであえてあまり深くは触れてこなかったが
一度触れたいと思うのは長野選手の事。
二昔前のボランチならあのスタイルでもよかったかもしれない。
しかし、今後世界と戦い、勝ちに行くという意味では
今のスタイルと力量ではちょっと厳しいし、
それを軸として考えている池田監督は
突き進まず、一度立ち止まって考えて欲しいと思う。

とにかく長野選手は走らない、寄せない。
正確に言うと必要なところで走らない、寄せない。
守備のサボりが目に余る。
韓国戦での失点シーンでも
寄せに行く事もせず眺めているのを
気付いている方もいるだろうと思います。

中国戦で何度か気になったのは
成宮選手や清水選手がスローインしようとして
スペースも空いているのに受けに来ようともせず
ピッチの真ん中で突っ立って人任せにしている。
中盤の守備をほぼ林選手にさせて
超省エネプレーなのだが
周りの選手はどう思ってるのだろうか。
池田監督はそれを許容して
長野選手をエースとしているのだろうか。

個人的にはとにかくそういうサボるプレーが
何度もあって観てられなかった。

これが池田監督の意図している所であるなら
監督が考えた方がいいと思いますし
意図していない、要求しているが出来ていないなら
長野選手が代表レベルでプレーするには
ちょっとサボり過ぎかなと思います。

もう少し言うと長野選手は国内トップリーグで
レギュラークラスでプレーしたのは
仙台での1シーズンのみで
WEリーグの選手のレベルを考えると
平均的なレベルの選手だろうと思う。
ボールタッチやキックフォームは
玄人受けしそうな上手い感じは醸し出しているので
そこを評価する方はいるのだろうが
現時点では強豪国とやった場合は
寄せられて終わりかなという見立てです。

公式大会で結果を出す事は非常に重要だが
欧州遠征やアジア杯で犯した失敗を
反省せずに繰り返しているし
特に実力の足りないチルドレンを
どうにか活躍させたくてしょうがない池田監督。
この構図は高倉さん時代にもあった。
もう監督はアンダーからの昇格はやめたらどうだろうか。
応援するサポーターが本当にいなくなる。

■ハイライト動画
YouTube Preview Image

■公式レポート
2022/07/27【Match Report】なでしこジャパン、中国と引き分け大会2連覇を達成 EAFF E-1 サッカー選手権 2022 決勝大会

 

■順位表

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 日本 7 2 1 0 6 2 +4
2 中国 5 1 2 0 3 1 +2
3 韓国 4 1 1 1 6 3 +3
4 チャイニーズ・タイペイ 0 0 0 3 1 10 -9

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter