猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

堂園彩乃

【REDS Festa2015 レポートVol.3】山郷さん・堂園さん・引退セレモニー

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです。

今回は昨シーズンで引退をした
山郷さんと堂園さんの引退セレモニーです。

そろそろセレモニーが始まるという事で
タコスを買って着席^^
ふたを開けると寒さですっかり冷えてしまっていた。。
味は美味しかったけど(^^;)

Twitterをチェックしたらレディースブース前で
堂園選手への寄せ書きをしていたと気付く(><)
もう時間だから無理だ。。
残念。

■引退選手セレモニー

堂園あやのさん、山郷のぞみさんが登場。
20150201_37

二人に花束の贈呈。
堂園さんには後藤選手から。
山郷さんには弟子の池田選手から。
20150201_38

REDS Festa 2015 浦和レッズレディース 堂園彩乃 山郷のぞみ 引退セレモニー 花束贈呈
YouTube Preview Image
参照元:yoyoRedsFunさん

堂園さん挨拶。

20150201_40

REDS Festa 2015 浦和レッズレディース 堂園彩乃 引退セレモニー
YouTube Preview Image
参照元:yoyoRedsFunさん

ウルウル。。

山郷さん挨拶。
20150201_39
REDS Festa 2015 浦和レッズレディース 山郷のぞみ 引退セレモニー
YouTube Preview Image
参照元:yoyoRedsFunさん

ウルウル。。。

ぐっと来ました(;;)

選手達はいつか引退するわけですから
これからもできる限り多く試合を見に行って
応援しようと改めて思いました。

■堂園あやのさんニュース記事
記事に書いてありましたが
少し休んだら現役復帰するかもしれない^^
とりあえず一区切り。
お疲れ様でしたmm


昨季なでしこリーグを5年ぶりに制した浦和レディースのDF堂園彩乃(24)が1日、電撃引退の理由を明かした。

不動の右サイドバックとして全28試合にスタメン出場。優勝に大きく貢献したが、1月9日に突然の引退を発表した。まだ24歳。周囲から引き留められたが、「小5から長い間サッカーをやってきて、目標を見失っていた。熱が冷めてしまっていたのを感じた。中途半端な気持ちでやるのは嫌だった」。5年ぶりのリーグ制覇も決め手の一つとなり、昨年12月に決断したという。

今後はOLを続けながら、「色んなことにチャレンジしたい。旅行もしてみたいです。ヨーロッパ、オーストラリア、日本だと石垣島とか。海が好きなので、サーフィンもやってみたい」と目を輝かせた。「日々仕事をしながら、みんなと練習する。そういう時間が、かけがえのないものでした。少し離れてリフレッシュして、やっぱり自分はサッカーなんだと思ったら」と将来的な現場復帰にも含みを持たせた。

鹿児島・神村学園高から2008年に加入し、7年間で公式戦通算134試合に出場。14得点をマークした。この日は浦和駒場スタジアムで行われたファン感謝イベント「レッズフェスタ」で引退セレモニーに臨んだ。「まだやれるんじゃないかという、うれしい声も頂きましたが、浦和レッズというビッグクラブの一員としてプレーできたこと。多くの経験、出会いに満足し、感謝しています」とあいさつ。慣れ親しんだ赤いユニホームに別れを告げた。

引用元: 【なでしこL】浦和L堂園、電撃引退は「熱が冷めてしまっていた」 : サッカー : スポーツ報知.


 
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【2015年引退情報】浦和レッズレディース右SB堂園選手引退

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは。きよです。

すでに皆さんからのコメントにもありましたが
1/9の夕方、移籍選手情報に引き続き
浦和レッズレディースサポーターに
さらに衝撃的な発表がありました。

堂園彩乃引退。

確か記憶が正しければ、
昨年の2014リーグ戦RSの吉備戦で配られたMDNで
堂園選手は「去就を迷っていたが
吉田監督の「優勝するようなチームに俺がする」という一言で
もう一度この監督のもとで優勝を目指そうと思った。」
的な事を言っていたと思います。

吉田監督でなければ引退は昨年だったかもしれなかった。
少なくとも私はあの時そう思いました。

そしてこの吉田監督の言葉を信じ
堂園選手は2014シーズン戦ってるのだと。

試合中、吉田監督はよく堂園選手を叱咤する事が多かった。
「あやのー!!!!」と叫びまくる吉田監督。
そしてその言葉に応える様に全力でプレーする堂園選手。
試合によっては「大丈夫かな?」と思うぐらい
怒りまくっていた吉田監督とは「優勝する!」という共通の目標と
信頼関係でつながっていたのではないかと思います。

24歳で引退。早いな。。。と感じますが、、
第二の人生をまた全力で頑張ってもらいたい。

いつも体力の限界まで走り続けてくれてありがとう。
お疲れ様でしたmm

皇后杯準決勝ジェフ戦で魅せてくれた
コーナーキックからの先制ヘッド!
あの膠着状態の口火を切ったゴールは気持ちよかった。

Vamos彩乃♪
Vamos彩乃♪
Vamos堂園彩乃♪


15.01.09 堂園彩乃 現役引退のお知らせ

堂園彩乃(24歳)が2014シーズンをもちまして、現役を引退することになりましたので、お知らせいたします。

【氏名】堂園彩乃 DOZONO Ayano
【生年月日】1990年3月27日生まれ(24歳)
【出身地】鹿児島県
【ポジション】MF
【サッカー歴】市来サッカースポーツ少年団→市来中学校→神村学園中等部→神村学園高等部→浦和レッズレディース(2008シーズン加入)
【出場記録】公式戦通算 134試合出場/14得点
<内訳>リーグ戦 ※101試合出場/9得点
リーグカップ戦 ※12試合出場
皇后杯全日本女子選手権 17試合出場/5得点
国際女子サッカークラブ選手権 3試合出場
日韓女子リーグチャンピオンシップ 1試合出場
※印の箇所に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

【コメント】
「2014シーズンをもちまして引退することを決めました。2008シーズンからの7年間を思い返すといろいろなことがありました。社会人となり、埼玉での新生活、厳しいトレーニング、デビュー戦で初得点を記録し、その後の大ケガや初めてのリーグ優勝…言い出したらキリがありません。

これまでに新たな仲間たちとの出会いや寂しい別れも経験し、なかなか結果が出ず本当に悔しい思いをしたこともありましたが、最後にリーグ優勝することができて本当に幸せだと感じました。

サッカーを通じてたくさんの出会い、経験をすることができました。これまで応援・サポートをしてくれた家族、友人、埼玉で出会えたレッズファミリーのすべてのみなさまに感謝したいです。

7年間レッズレディースの選手で、とても幸せで最高の時間でした。ありがとうございました」

引用元: 浦和レッズレディース | URAWA RED DIAMONDS LADIES.


 
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

そう!我々はチャレンジャー!~伊賀戦を終えて~

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

そう!われわれはチャンレンジャーなのだ!

こんばんは!きよです。

6/22(日)伊賀戦を終えコメントも含まれた記事がありましたので共有します。
今のレッズレディースは毎節戦いへのしっかりとした準備しています。
それが今の成績につながっている。
チーム一丸。
気持ちを一つに。
そんな言葉が今のレッズレディースには似合っている。
個人が飛びぬけた活躍をしていなくてもチーム力で戦えている。
スタメンだけではなく交代で入ってくる選手たちの活躍も目を見張るものがあります。
そして相手が研究してきている試合の中でいい部分を消されながらも
1試合通した集中力の継続やピンチ時には声を掛け合い我慢強く
攻撃時には練習した成果を発揮。
これは選手達だけでなく練習からチームを支えているスタッフの成果でもあります。
サポーターは試合会場に行き応援する事しかできませんが
試合前練習で入場してきた選手達は駆けつけた観客席のサポーターを観た時
「今日もやるぞ!」という気持ちになっているのではないかと思います。

ではではどうぞ!^^/


決定的な場面は作らせなかったが90分通して、伊賀ペースで進んだきょうのゲーム。内容は良くはなかった。ただ、数少ない決定機をものにできたことが、浦和レッズレディースの強さである。

試合を決定づけた82分の岸川奈津希のゴールは、本人も「打った瞬間、入ったと思った」というほどのファインゴールだったが、今のチームの強さを象徴するのは、32分に吉良知夏が足を伸ばし決めた、執念の1点目の方だった。

スルーパスを出した堂園彩乃が「自分のファーストタッチは悪かったけど、うまく決めてくれた」と言えば、決めた吉良は「足元にドンピシャ」と、互いに褒め合っていたが、伊賀に押された中、初めて訪れたビッグチャンスを決めたことは大きい。決めるときに決める。これはカテゴリーに限らず、大事なこと。それが、今のレディースにはできている。

また、途中交代で入った坂本理保、齊藤あかねもスムーズに試合に入り、齊藤は追加点をアシスト。誰が入っても同じようなプレーができるというのもまた、チームの強さである。

では、なぜ、これらのことができるのか? 理由の1つには、「チームみんなで同じ絵を描けている」と堂園が話すように、全員が戦術を共有していることが挙げられる。そして、その裏には、チームスタッフの分析を元に、吉田靖監督がシンプルかつ、わかりやすい指示を選手たちに伝えているという事実がある。

また、堂園は「紅白戦では相手を想定した練習をしているが、出られない選手たちが(相手チームの)役目をしている。試合よりも日々の練習の方がイヤに思うほど、徹底している」と話した。出る選手、出られない選手がいれば、そこに不協和音が生まれそうなものだが、今のチームにその気配はまったく感じられない。

さらに、もう1つ。昨季の悔しさを今でも胸にしていること。「勝ちたい気持ち、点を取らせない気持ちも強くなっている」という吉良の言葉からも、それはわかる。

伊賀戦からなでしこリーグは2巡目に入った。相手も研究し、さらに苦しい試合が続く。「まだまだ強いチームじゃない。受けに回って勝てるほど強くない」とは吉田監督。これは、選手も異口同音に語っているセリフだ。「守勢に回るのではなく、われわれはチャレンジャー」(吉田監督)の言葉が、今のチームの姿勢を表している。

引用元: REDSニュース.


 
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter