猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

インタビュー

【インタビュー記事】ドイツでの一年半とレッズ復帰、五輪への思い。

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

2月にアップされた猶本選手のインタビュー記事
まとめて3本どどっと!^^/

猶本選手の五輪への強い思いが伝わってくる内容です。
フライブルグでの一年半の間
状況によってどういう風に過ごしてきたかや
レネ・ヌーディング(レナ・ヌディングじゃなかったのか!)選手との会話の内容は興味深いです。
フライブルグの選手も仕事しながらプレーしているようなので
ブンデスでもそうかと。
来年なでしこリーグのプロ化の話がありますが
なでしこリーガーはそれぞれの選手が
サッカーとの距離感があって、
学生だったり、働きながらだったりプロ契約していたりと様々なので
プロ化が本当にみんなが幸せになる計画なのか
もちろんいい方に向かう事を願っていますけど
プロ化の詳細によっては選手達の向き合い方も変わってくるような気がします。

そして猶本選手がドイツでプレーする事で
外国人選手との間合いの取り方のコツを掴んだようです。
これ超収穫です!^^
やっぱり間合い大事。

猶本選手のやる気というか
テンションが良く伝わってくる記事で
自分も五輪に対して一段テンションが上がりました(笑)

アメリカ時間の3/2(月)PMから代表のトレーニングがあるので
時差を考えると本日、なでしこジャパンは日本出発のはず。

猶本選手!一日一日が勝負になるので
怪我をしない様に頑張ってきてください!!

がんばれ!猶本光!!

 

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【インタビュー記事第二弾】「ドイツのファンとの距離感は居心地が良かった」

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

猶本光選手が帰国し、浦和復帰も決まり
特集記事も続々出てきていて楽しくなってきました!(笑)
今回は前回に続く第二弾!
再び中野吉之伴氏がインタビュアーとなっています。

ここで語られている内容を読んでいて
昨年フライブルグに行った時を思い出しました。
※メーゼルスタジアムって書かれてるけど
※そう読むのか!と今さら。ずっとメスレスタジアムと思っていました(ーー;)
※まぁドイツ語読めないから、お許しを。。
話を戻すと、
もちろん自分もあの時ドイツ初遠征だったわけで
試合後に猶本選手に声をかけにスタンドの前の方に行きました。
猶本選手もインタビューで答えていますけど
ビックリしたのは、選手がピッチからスタンドに直接入ってきて
家族や友人とハグしたり話したりしている事でした。
ケルンの決勝では試合後に塀乗り越えて選手がスタンドにも入ってきていたし
まぁ日本ではなかなかありえないなと。
もちろん、選手の中にはドイツ代表選手もいるわけですけど
全然混乱しないし、みんないいタイミングで声かけて
サインもらったり、猶本選手もドイツ人のサポーターに声かけられて
なんかドイツ語で挨拶していたりしていて、
関係性が遠い近いに関わらず
接し方に相応しい適度な距離を持っているように思いました。

日本での選手とサポーターの関係というか接し方に関しては
ここ数年は一部の人を除いては、かなりルールが徹底というか
浸透してきた感がありますけど
浦和は出待ちにサポーターが多い割に混乱はほぼ起こってないと思っています。
たぶん。自分あんまり駒場で出待ちとかしてないので詳しくは無いですけど
そういう話を聞かないので。。
それはクラブ側の対応もあるかなと。
日本代表はたぶん、開催地ごとにその開催地の〇〇県サッカー協会が
人を出していると思われますが結構混乱しているのを見ます。
浦和のサポーターが見たら、そのファンサービスのやり方はちょっと危ないんじゃない?
みたいな整理の仕方をしていたり、自分も「えっ、こんなんで大丈夫なの?」って思う時も。

いまだに覚えてるのは2013年のなでしこ交流戦の試合後
選手達が自分達で道具を片付けているのにサイン書かせたり
猶本選手も進路ふさがれて写真を撮らされたりしていて
これはヒドイなと。
目の前に好きな選手がいたとしても
あーいう風にはなりたくないなと思った瞬間でした。
このブログを書き始めた頃は「こういう事はやらないで!」とか
「走って追っかけないで!」みたいなことを
結構書いていた気がします。いや、書いていた(ーー)
サッカー選手でもあるけど女性なんだから
男がいきなり走って追いかけてきたら怖いだろ?って。
男でもいきなり知らない男が追いかけてきたら怖いわー。
だから自分的にも「サポーターって選手にとってどういう存在であるべきか?」なんて事を
よく考えて、伝えようとしていた時期でもあったと思います。

さて、猶本選手が戻ってきたわけですけど
ここに来てくれる猶本サポーターは
引き続き混乱する事無くやって行きましょう^^/

 

このインタビュー記事、
女子サッカーが今後どう盛り上がって行くのか
われわれがどう盛り上げていくのか
そんな事を再度考える機会になった記事に感じました。

第二弾、是非読んでください。あっ、かぶった!

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【インタビュー記事紹介】猶本光が本音で明かすドイツ挑戦の1年半

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

『何でもやろうとするな。自分のシュタルク(強み)で勝負しろ』

こんばんは!きよです!

久々猶本選手のロングインタビュー記事がアップされました!^^/

掲載しているREAL SPORTSというメディアは
2019年7月4日に設立された新しいスポーツメディアのようです。

こちらはREAL SPORTSの概要

日本のスポーツメディアは大きな岐路に立たされています。
アスリートの言葉を歪曲したり、取材・裏取りをせずに報道されるスポーツニュースが、世の中にあふれています。
メディアは自身の論理を優先し、視聴率やPVといった目の前の数字ばかりを追い掛け、
本来果たすべき役割を忘れているかのように見えます。
そうしたメディアの姿勢に対して、アスリートは苦言を呈し、
取材に応じられなくなる可能性を示唆し始め、ファンも不信感を抱いています。
メディアはアスリート、スポーツが持つ価値の本質を見失うだけでなく、
その価値をおとしめてさえいます。 メディアの存在意義が揺らぎ始めている今、求められているのは、“リアル”。
「REAL SPORTS」は、アスリート、そしてスポーツの“リアル”を伝えるWebメディアとして誕生しました。

情報源: 企業理念 | REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの”リアル”を伝える

インタビュアーは中野吉之伴氏。
調べたところ、ドイツ在住のサッカー指導者とネットで紹介されていました。
※下記のページで掲載記事を見ていると日本でも取材しているようですが。。

中野吉之伴「子どもと育つ」

 

さて、インタビュー記事ですが
昨年フライブルグで行われたインタビューとなります。
猶本選手がドイツで感じた事
フライブルグでどんな環境でサッカーに向き合っていたか等々
なかなかの読みごたえのある内容です。

読んでいて思ったのは
見えないところで色んな事があったんだね。と。^^;
投げ飛ばされたり。
そりゃ怒りますよね(ーー)
すぐ仲直りできたみたいで良かったけど。^^

そして、やっぱり猶本選手を迎えてくれた前監督の方が良かったなと。
サッカー自体も意図が見えていましたし
チーム作りが計画的で修正力もあったと思います。
結果的に猶本選手にいい影響を与えた指導者だったのではないかと
あらためて思いました。

下記は導入文のようなものなので
全文は下記リンク先を辿って
ご覧ください!

 

猶本光が本音で明かすドイツ挑戦の1年半
「馴染むんじゃない、自分のシュタルクを出す」
| REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの”リアル”を伝える

なでしこジャパンの猶本光がSCフライブルク退団を発表した。
ドイツに渡って1年半、日本人選手として生き残る術を身につけた。
時にはヒートアップして練習中に投げ飛ばされるようなこともありながら、
戦うべきところでは一歩も引かずに渡り合ってきた。
初めての海外生活挑戦は、猶本にどのような変化をもたらしたのだろうか?
(インタビュー・構成=中野吉之伴)

情報源: 猶本光が本音で明かすドイツ挑戦の1年半「馴染むんじゃない、自分のシュタルクを出す」 | REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの”リアル”を伝える

↑記事へのリンクはこちら↑

どんどんアクセスして読んでください!^^
自分はもう3回は読みました(笑)

あっ。

猶本選手もツイートした!

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【ロングインタビュー】Yahoo!ニュース特集記事~後悔ない 猶本光ドイツで勝負~

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

6/5(水)朝、何気にYahooニュースを観ていたら
スポーツ記事の下の方に特集記事の枠があって
猶本選手発見!おーーーーーーーー!!
昼過ぎにはYahooニュースのNEW記事で最上部に来ていました^^

「後悔ない 猶本光ドイツで勝負」

なでしこジャパンの試合翌日でも
代表がこういう扱いはほとんど見ない。
#翌日だと時間が経ってしまっているからか?

■インタビュアーは了戒美子氏。

Number等のWEBページでのプロフィールや記事はこちら>>

了戒美子(りょうかい・よしこ)
1975年生まれ。98年、日本女子大学文学部史学科卒。
映像制作会社勤務を経て2003年から執筆活動を開始。
11年3月11日からドイツ・デュッセルドルフを拠点として
欧州サッカーをメインにスポーツ全般を取材。
「スポルティーバ」(集英社)、「ナンバー」
「ナンバーウェブ」(文藝春秋)などに寄稿している。
近著に『内田篤人 悲痛と希望の3144日』(講談社)。

今年の3月にウッチ―の本を書いて発売しています^^

内田篤人 悲痛と希望の3144日 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/27

■写真家 中島大介氏
調べてみたのですが
たぶんこの方のように思います。
https://nakashi.myportfolio.com/projects

被写体の捉え方が猶本選手の写真の印象と近い気がします。
なんて言うんでしょう。。
静止画なのに息遣いや会話や心の声が聞こえてくる感じ。
※間違えていたらすいませんmm恥ずかしい!(笑)

ではインタビュー内容ですが

W杯メンバーに不選出時の心境、
ドイツへの移籍に対する今の気持ち
安藤選手の存在や関係性、
ドイツでのサッカーへの取り組み方など
が書かれています。

猶本選手から「守破離(しゅはり)」という言葉が
出てくるとは思わなかった^^

そして猶本選手の安藤選手との出会いからの成長過程や
ドイツでの心の動きを話しています。
ちゃんと色々と考えてるとは思っていましたけど
いざ話を聞くと気持ちの微妙な浮き沈みをうまくコントロールして
この一年やってきたんだなと感じました。

今はゆっくり休んで
自主トレしながら
もう少ししたらまたドイツへ渡ります。
SCフライブルグは来シーズンから監督が代わるので
また新しい競争が始まります。

来シーズンの活躍を楽しみにしているので
自分は日本で定期的に香取神社に行き続けよう。

がんばれ猶本光!!

 

ではでは

下記からインタビュー全文が読めますので
がんがんアクセスして下さい。

2019FIFA女子ワールドカップ(W杯)フランス大会が6月7日から始まる。
5月に発表された日本代表メンバー23人のリストに猶本光(なおもと・ひかる)(25)の名前はなかった。
2011年ドイツ大会では日本代表が優勝。
翌年、日本で行われたU- 20女子W杯で3位に入った「ヤングなでしこ」の中心メンバーとして、
当時18歳だった猶本は大きな注目を集め、将来を嘱望された。あれから7年。
ドイツ・SCフライブルクで選手生活を送る猶本の現在地とは――。(了戒美子/Yahoo!ニュース 特集編集部)

情報源: 偉大な先輩の足跡を追って「ドイツで勝負」 女子サッカー猶本光、25歳のいま – Yahoo!ニュース

 

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

 

【インタビュー紹介】猶本光、ドイツ挑戦の現在地とその先の成長

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

ドイツに渡って4か月ほど。

湊昴大氏が猶本選手をインタビュー。
日本からエッセンまで行ったのかな?と一瞬思いましたが
湊氏の他の記事を見ていると原口選手を含め
ブンデスリーガのの本人選手を中心に書いているライターのようです。
ドイツに在住なのかもしれない。きっと。

湊氏のプロフィールを探している時に
全然関係ないとは思いますが
湊昴大(みなとこうた)ではく湊大昴(ミナトヒロタカ)という
サッカー選手がヒットした!
全然関係ないと思いますが^^;
情報源: 湊大昂 | ゲキサカ

こんなに近い名前で同じサッカーつながりがいるとは、、

さて、話を戻して、
今回ありがたい事に
フライブルグのリーグアウェイエッセン戦時の取材と
インタビューをしてくれて記事にしてくれています。

記事全文はこちらです。ご覧ください

猶本光、ドイツ挑戦の現在地とその先の成長「もっとやれることを増やしたい」

情報源: 猶本光、ドイツ挑戦の現在地とその先の成長「もっとやれることを増やしたい」 | サッカーキング

猶本選手の発言だけをまとめると
(上記インタビュー記事の抜粋)

■代表の鳥取合宿後
「いつも時差ボケはないけど、(機内で)全然寝れなかったら1週間時差ボケでした。
疲れが取れないなと思っていたら、ついに熱が出てしまいました」。
「海外に行ったらコンディションの管理も重要なので勉強になりました」。

■ブンデスリーガでプレーしていての感想
「日本人からしたら客観的にフリーに見えると思うけど、実際にピッチの中にいると、
そんなにフリーじゃない。だから早いプレーやポジション取りとか、
あとはファーストタッチを大きく動かして捕まらないようにすることは意識しています」

■コミュニケーションについて
「いつもドイツ語なので、まずは頭が疲れます。
『自分たちがもっと前に行こう』とかはドイツ語でコミュニケーションをとれるようになりました。
日常会話はまだ難しいけど、話せるようになったらもっと楽しいですね」

■エッセン戦の感想
「今日はスリッピーだったので、フィジカルやパワーの差が明らかに出てしまうピッチコンディションで、
自分の良さはあまり出せなかった。そういう状況でも自分を表現できるように工夫しなければいけない」

■今後ブンデスで出していきたいプレー
「もっとやりたいプレーはある。自分の良さはシンプルにボールをはたきながら、
もっと前に運んだり、(マークを)外してスルーパスを出すという形。それをもっと出したい。
味方を使うのもそうだけど、もっと(マークを)外しつつ、
一個自分が運べたら良い展開になると思うし、
もっと守備範囲を広げて自分が奪い切るっていう力強さもつけていきたい」

■監督からの言葉
「日本人の良さを出せってよく言ってくれるので、
やりやすい環境にしてくれているのはありがたいです。
いっぱいパスを貰ってアジリティを生かして展開して、
外しながらパスを供給すること、
守備ではアジリティで(相手に)ついていくことを求められています」。

■最後に
「まずはスタメンで試合に出続けて、
もっとやれることを増やして、シュートも狙えるような中盤になりたい」。

記事を読んでいてまず思ったのは
監督の名前の呼び方がイェンス・シャウアー監督というのか!
と今更(笑)#そこか!
と、
この監督が今季限りで退任が決まっているとの事で
まだシーズンは5月まであるのに早いなと。
もともと決まっていた事なのだろうか。

本題の猶本選手のコメントについて
プレーに関しては
「ブンデスでプレーしたら猶本選手にはこういう壁があるだろうな」と想定していたので
私の中では「予定通りにその壁を体感出来る環境に猶本選手がいる」
という事が良かったと感じています。
壁をぶち壊すのかすり抜けるのか、手法は別にして
やっぱり世界で戦うにはどういった対策、プレーをしていけばいいか考える日常がいいと。
寄せの一瞬のスピードがなでしこリーグとは違いますし
自分がボールを持っている時はもちろん
守備時に奪いに行く間合い、タイミングを掴んで来れば
さらにいい感じになって行くと思っています。
猶本選手の場合守備時に危険なスペースに気づくことはできているので
この間のバイヤン戦でくタイミングよく飛び込んでカットしたようなプレーを
どんどん増やしていければと^^
あとは攻撃時にどう絡んでいくか。
連続したプレーの中でチャンスを作り出す、
自分も打って行くというのを見ていきたいです。
やってくれるでしょう!!^^/

今回の取材での写真ギャラリー

【写真ギャラリー】18.11.24 猶本光(フライブルク) 女子ブンデスリーガ第9節 vsエッセン

情報源: 【写真ギャラリー】18.11.24 猶本光(フライブルク) 女子ブンデスリーガ第9節 vsエッセン | サッカーキング

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【5日連続インタビュー】猶本光選手×岡本麻佑氏×萩庭桂太氏

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

なでしこジャパンのToNで
あーあという気分を立て直す記事を!^^/

インタビュアーが岡本麻佑氏、
撮影は写真屋萩庭桂太氏で
猶本選手、5日間連続インタビュー記事!

ドイツ移籍が決まった後のインタビューで
猶本選手、かなりリラックスした感じで
話しています^^

というか、このインタビュー&撮影で撮った写真、
たくさんあるはずと思いますが厳選した5枚。

何!この爽やかな写真(笑)
いいじゃんいいじゃん!^^

ボールを扱っているところや
なんかモデル風に立っていてモノクロとか。
焼き肉食べてるところとか
なになになに(笑)

最後の日の写真とか
個人的には「ずいぶん、大人になったなぁー」と感じました。^^

やっぱり撮る人が違うと猶本光という人物を
うまく写し出すことが出来るんだなと
あらためてプロカメラマンの凄さがわかりました。
萩庭桂太氏はプロフィールを見ると
実績というか手がけてきたものもすごい^^
===
写真集は浜崎あゆみ「URA AYU」(ワニブックス刊)、北乃きい「free」(講談社刊)を始め、
吉川ひなの、京野ことみ、鈴木杏など多数手がける。(敬称略、順不同)
CDジャケットは浜崎あゆみ、安室奈美恵、広末涼子、MAX、深田恭子、
辛島美登里、吉俣良、など他多数。(順不同、敬称略)
カレンダーは東宝カレンダーを毎年レギュラーで撮影。
近年、過去には仲間由紀恵、水川あさみ、等のカレンダーを撮影。
===

ふむふむ。
あっ、「安室ちゃーーーーーん!!」#イモト風

そして、岡本麻佑氏のインタビューも
自然でライトな感じに表現できていて
面白かったです。

やっぱり焼き肉の話している時が
猶本選手、テンション上がっている感が伝わってくる(笑)
ちなみにステーキを食べさせてもらいながらも
「焼き肉が好きなんですよ。ステーキとか、ちょっっと違うと思いませんか?」
とか言っちゃうのは猶本選手の天然部分です(笑)

これ見ていたら焼き肉食べたくなったので
さっき食べてきました(笑)
猶本選手、ドイツで食べれないのにスマン!^^

という事で
写真とインタビュー全5日分
下記の写真屋、萩庭桂太氏のTwitterからお楽しみください!

 

 

出演 :猶本光

    • 女子サッカー選手。1994年生まれ、福岡県出身。小学校1年生からサッカーを始め、2010年FIFA U-17女子ワールドカップで準優勝。2012年FIFA 女子ワールドカップ3位。2012年筑波大学体育専門学群への進学を機に浦和レッズレディースに移籍。2018年3月筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻修士課程修了。

      twitter https://twitter.com/hikaru_naomoto

       

撮影協力 MIYAMOTO FUTSAL PARK 日比谷シティ

  • 取材/文:岡本麻佑

    国立千葉大学哲学科卒。在学中からモデルとして活動した後、フリーライターに転身。以来30年、女性誌、一般誌、新聞などで執筆。俳優、タレント、アイドル、ミュージシャン、アーティスト、文化人から政治家まで、幅広いジャンルの人物インタビューを書いてきた。主な寄稿先は『éclat』『marisol』『LEE』『SPUR』『MORE』『大人の休日倶楽部』など。新書、単行本なども執筆。

  • 撮影:萩庭桂太

    1966年東京生まれ。東京写真専門学校卒業後、フリーランス・カメラマンとして活動開始。
    雑誌、広告、CDジャケット、カレンダー、WEB、等幅広いメディアで活動中。
    ポートレート撮影を中心に仕事のジャンルは多岐にわたる。
    「写真家」ではなく「写真屋」、作家ではなく職人であることをポリシーとしている。
    雑誌は週刊文春など週刊誌のグラビア撮影を始め、幅広い世代の女性ファッション誌の表紙を撮影中。
    http://keitahaginiwa.com/

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【インタビュー】猶本光 移籍前ロングインタビュー

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

昨日駒場で行われた日テレ戦。
猶本光浦和最後の試合。燃えました!
そして試合後も猶本選手を見送って帰ってきました(ーー)/

試合の事や移籍セレモニーの模様は
おいおい書いていこうと思います。

その前に!

先日記事になっていて動画も公開されていたロングインタビュー。
こういうのってなかなかやってくれるのが無くて嬉しい!
SOCCER KINGに感謝。

移籍を決断した理由、
なぜドイツを選んだのか?
海外のサッカーの印象や
U-20女子W杯でのドイツ戦時に感じた事、
浦和レッズレディースで印象に残ってる事、
今シーズンの戦いについて、
安藤選手が復帰して猶本選手やチームにもたらしたもの、
なでしこリーグから飛び出す理由、
海外挑戦への考えなどなど
動画では10分弱にまとめられていますが
ポイントポイントをうまく話してくれているインタビューです。

インタビュアーの馬見新拓郎氏は
女子サッカーを中心に取材を行っているフリーライターで
以前も猶本選手に関する記事を書いてくれていました。
猶本選手の話している顔を見ると
信頼して話しているように思えますb

そしてしっかりと思っている事を話している猶本選手を見て
「迷いは無い」と感じます。
あと、ずいぶん落ち着いて話していて
大人になったな・・・と感じました^^

最下部に動画がありますが
情報源のリンク先では文字起こしされていますので
内容はほぼ動画とイコールですが
合わせてご覧ください。

ではでは!

浦和レッズレディースで2012年からプレーするなでしこジャパンMF猶本光が
7月8日の日テレ・ベレーザ戦(浦和駒場スタジアム)を最後に、
日本を離れ、ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクへと移籍する決断を下した。

情報源: 【インタビュー】猶本光『浦和からドイツへ、成長を加速させるための選択』(SOCCER KING) – Yahoo!ニュース

YouTube Preview Image

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

猶本光登場!飲みたくなったわー^^

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

いやぁー飲みたくなったわーーーー

ってお酒じゃないです。

浦和のパートナー企業である株式会社明治が
販売しているザバスのプロテイン!(--)/

下記の動画で猶本選手がザバスを飲んでいるのですが
飲んだ後子供みたいに「ぷはぁー」ってしてるのが
ツボに入った^^

トップチームの選手のコメントもあり
レディースからは池田選手、菅澤選手、猶本選手のコメントあります。

ご覧くださいませ。

飲みたくなりますよ!^^

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【インタビュー記事】猶本光 AROMASTIC!!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

猶本選手のインタビュー記事です!

下記抜粋していますので
全文はリンク先を辿ってご覧ください!!

猶本選手が製品に関係してインタビューを受けるのは
初めてではないかと思います^^

その製品とは。。。

AROMASTICというソニーの製品。
リラックス効果のある香りがプシュー!と
出てくるリラクゼーションアイテム。#説明下手(笑)

えーっと。
みなさん、部屋でお香を焚いたりしますか?
アロマオイルを香炉に数滴入れてロウソクで温めて
香りを楽しんだりはありますでしょうか。
好きな香りや様々な効果のある香りを嗅ぐ、楽しむことで
心身ともにリラックスしたり。
私はそんなにはやりませんが
風邪をひきやすい冬の時期に
ユーカリのオイルを使ったりしていた事があります。
※殺菌効果があると言われています。

アロマオイルなどは通常、自宅で楽しむものですが
この猶本選手が紹介している製品は
その匂いを携帯できるというもの。

落ち着かない時やこれから落ち着かなくてはいけない時
元気を出して「よし!やったろう!」等
個人によってスイッチの入り方は違うと思いますが
リラックスやメンタルコントロールをしたい時に
外出先で使用できる製品です。

おー。
こんなものがあったのか!!

これか!

色々な匂いがあるようですが
どれがいいのかは試してみないとわからない。
ということでソニーが用意しているスターターキットがあったのでご紹介!

AROMASTIC Starter kit for Relax(スターターキット for Relax) OE-AS01SK2

という事で、
あとは下記の猶本選手のインタビューをご覧になってみてください(笑)

 

寝つけない時や試合後に気分を鎮めたい時、手軽に楽しめる香りが
心を穏やかに整えてくれます

研究に、トレーニングに、
サッカーに夢中の日々を送っています

――アスリートの方の日常というものを想像できないのですが、どんな1日を過ごされているか教えてください。

「私は筑波大学大学院の人間総合科学研究科に通っていて、午前中は大学院でサッカーの〈ドリブル動作〉についての研究とトレーニングを行なっています。どういう体の動きでドリブルが成り立っているのか、膝の動きや姿勢、体幹など、さまざまな面から分析しています。」

――すごく面白いですね!それは、チームを組んで研究しているのですか?

「基本的に、研究は自分一人でやっていますが、ボールを蹴っている本人にしかわからない感覚というのがあって、サッカーをやっている同じ研究室の仲間やほかの大学院生たちの話も参考にしながら研究を進めています。

それが終わると、午後は浦和レッズへ移動してトレーニングの時間。筑波大学から通っている選手が多いので、みんなで車移動するのですが、そこそこ距離があるので1時間ちょっとかかってしまいますね。それから2時間みっちり練習し、クラブハウスで食事と入浴を済ませて、帰宅するのはだいたい21:30か22:00頃です。」

猶本さんインタビューイメージ

続きは下記から

情報源: 猶本光さん | AROMASTIC ユーザーインタビュー

 

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【冊子Go to School News】猶本光選手のインタビューが掲載!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!!きよです!!

河合塾グループの「Go to School News」に
猶本選手のロングインタビューが掲載されていました。
私は全然知らなかったのですが
それを先日頂いたのでご紹介いたします!
※ホエホエさん!ありがとうございました!!

配布方法を調べてみたら
河合塾の全統模試会場にて配布、
全国の希望高校に配布と書かれていたので
どんな手を使って手に入れたのか!!(笑)
きっと親戚や家族に高校生がいるんだと思います!!^^/

サイトはこちら

GO to School News|メディア事業|ゴートゥースクール・ドット・コム「大学広報新戦力。」|株式会社KEIアドバンス

 

こちらの冊子はこれから受験を向かえる高校生に向けたものなので
しっかり読んでから親戚の高校生の子に見せたいと思います。
#いや、あげろよ!(笑)

とりあえず、ご紹介まで。

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter