猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

なでしこジャパン

【なでしこジャパンToN】猶本光試合中の画像まとめ

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

先日のなでしこジャパン「2017 Tournament of Nations」時の
猶本選手のプレー時の画像がありましたので
共有します!

悔しさをバネに頑張ってもらいたい!

がんばれ!猶本光!!!

 

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

お知らせ【なでしこジャパン2017ToN】vsアメリカ女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

日本時間8/4(金)なでしこジャパンは
アメリカ女子代表と対戦します!

まず試合情報、放送予定を

■試合日時
現地時間2017年8月3日19:15
日本時間2017年8月4日11:15

■対戦カード

アメリカ-日本

■開催場所
StubHub Center

■TV放送
8月4日(金)
午前11:00-(午後1:10)
なでしこジャパン アメリカ遠征「日本」対「アメリカ」

本大会なでしこジャパンは2試合を終えて
1分1敗で4チーム中最下位。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 オーストラリア 6 2 0 0 5 2 +3
2 アメリカ 3 1 0 1 4 4 0
3 ブラジル 1 0 1 1 4 5 -1
4 日本 1 0 1 1 3 5 -2

 

本大会最終戦となります。
対戦相手のアメリカはホームゲームとなりますし
相手が日本という事で全力でくると思われます。

下記にアメリカvsブラジルの試合の動画を貼りましたが
日曜という事もあり21,096人の大観衆の中行われました。
その中で劇的な大逆転勝利。
凄い試合でした^^
是非ご覧になってください。
エライ盛り上がっています(笑)

WNT vs. Brazil: Highlights – July 30, 2017
YouTube Preview Image

 

Australia vs. Japan: Highlights – July 30,2017
YouTube Preview Image

 

スケジュール

7月24日(月) PM トレーニング
7月25日(火) AM/PM トレーニング
7月26日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
2017 Tournament of Nations
7月27日(木) 16:18 第1戦 vs ブラジル女子代表(CenturyLink Field)
7月28日(金) AM トレーニング
7月29日(土) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
7月30日(日) 14:18 第2戦 vs オーストラリア女子代表(Qualcomm Stadium)
7月31日(月) AM トレーニング
8月1日(火) AM/PM トレーニング
8月2日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
8月3日(木) 19:15 第3戦 vs アメリカ女子代表(StubHub Center Soccer Stadium)

※時間はすべて現地時間

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

結果【なでしこジャパン2017ToN】vsオーストラリア女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

日本時間7/31(月)なでしこジャパンは
オーストラリア女子代表と対戦しました。

まずは結果から

2017 Tournament of Nations 第2戦 vs オーストラリア女子代表
2017年7月30日(日) キックオフ時間14:18 試合時間90分(45分ハーフ)
Qualcomm Stadium(アメリカ/サンディエゴ)

なでしこジャパン(日本女子代表) 2-4(前半1-3、後半1-1)オーストラリア女子代表

得点
6分 田中美南(なでしこジャパン)
11分 Sam Kerr(オーストラリア女子代表)
16分 Sam Kerr(オーストラリア女子代表)
43分 Sam Kerr(オーストラリア女子代表)
62分 Emily van Egmond(オーストラリア女子代表)
90+3分 籾木結花(なでしこジャパン)

スターティングメンバー
GK:池田咲紀子
DF:坂本理保、高木ひかり、北川ひかる、市瀬菜々
MF:中島依美、猶本光、中里優、隅田凜
FW:横山久美、田中美南

サブメンバー
GK:齊藤彩佳、山下杏也加
DF:鮫島彩、大矢歩、万屋美穂
MF:阪口夢穂、櫨まどか、宇津木瑠美、長谷川唯
FW:泊志穂、菅澤優衣香、籾木結花

交代
HT 坂本理保 → 宇津木瑠美
HT 高木ひかり → 長谷川唯
HT 猶本光 → 大矢歩
55分 横山久美 → 籾木結花
78分 中島依美 → 櫨まどか
84分 北川ひかる → 万屋美穂

情報源: なでしこジャパン オーストラリア代表に2-4で敗れる ~2017 Tournament of Nations~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

■なでしこジャパンスタメン

___横山__田中___

中里________中島

___猶本__隅田___

北川_坂本__市瀬_高木

_____池田_____

 

■6分
田中選手プレスからインターセプト!
ドリブルで持ち込み右CK獲得
→キッカー横山選手
ショートコーナーから中へ入れる!
市瀬選手が頭でそらし
それを田中選手が肩で押し込んだ!
ゴォィーーール!!
1-0なでしこ先制!

■11分
豪CBから右サイド前線へロングフィード。
ファーストタッチで前へ出ていく!
北川選手!!
振り切られた。
クロスを入れられゴール前カー選手に合わせられ失点。

1-1

■13分
田中選手がサイド中島選手に戻して
中央猶本選手が右のスペースに走り
中島選手からボール受ける。
横山選手→中島選手と渡るが一度戻す。

■14分
豪CBからまた右サイド前線へ。
胸トラップで一気に前へ行きクロスも
合わず。同じ展開。
北川選手のところ狙われてる。。

■14分
中島選手が中央ドリブルからミドルシュートも上外

■16分
中島選手からのバックパスを受けた坂本選手。
カー選手にプレスされ奪われる。
そのままシュートを打たれゴール。
なでしこ失点1-2

■17分
サイド中島選手から中の猶本選手へパス!
これをダイレクトで前線スルーパス!
横山選手受けてシュートも左外。
いい形だった!

■26分
猶本中盤でボールカット!

■28分
左サイド北川選手受けて縦に勝負!
突破した!!
クロス!
合わず。
ナイスチャレンジ!ナイス突破!

■29分
豪の前線へのパスを猶本選手カット!

■30分
中島選手から中央猶本選手パスを受けて
ドリブル開始!
前線裏にパスを出したいところだったが
前の横山選手はDFにマーク付かれているし
スペースより足元に欲しいだろうな。。
無理そうなので左中里選手に展開。
猶本選手そのままゴール前に飛び出す!
中里選手深くまで行ったが出せない。
右の田中選手を使っても良かったかも。

■42分
横山→猶本→高木→田中→猶本とつなぎ
猶本選手がサイド中島選手にダイレクトで展開。
ナイス!
中島選手中に入ってシュートもブロックされたが
高木選手がこぼっを拾い深い位置までドリブル&クロス!
ブロックされる。

■43分
ロングボール入れられる。
市瀬選手とカー選手が競うがカー選手に抜け出される
坂本選手追いかける!
カー選手シュート!
池田選手ブロック!
がしかし、こぼれに再度カー選手が反応してシュート。
なでしこ失点。

1-3

■45分
右サイド高木→横山→中島→中に入り込み
中央猶本選手にパス!
猶本選手DFラインの左中里選手へパス!
中里選手シュート!
GK弾く!

■HT
坂本理保OUT 宇津木瑠美IN
高木ひかりOUT 長谷川唯IN
猶本光OUT 大矢歩IN

___横山__田中___

長谷川_______中島

___中里__隅田___

北川_宇津木_市瀬_大矢

_____池田_____

■55分
横山OUT 籾木IN

___籾木__田中___

長谷川_______中島

___中里__隅田___

北川_宇津木_市瀬_大矢

_____池田_____

■60分
左サイド宇津木選手からサイド田中選手へ。
田中選手しっかりキープしてる!
サイドを駆け上がる長谷川選手にパス!
そのままドリブルで駆け上がりゴール前にクロス!
中島選手走りこんでる!
あっ。シュート失敗。ぐぉーーーー
合わせるだけだったが。。残念。

■62分
豪左CKゴール前!
PK判定。
長谷川選手のハンド判定。
うーむ。
スローで観ると腕は身体についているので厳しい判定だが
流れの中で観ると腕でブロックしに行ったように見えたか。

そしてそのままPKを決められゴール。
1-4なでしこ点差広げられる。

■78分
中島OUT 櫨IN

___籾木__田中___

長谷川________

___中里__隅田___

北川_宇津木_市瀬_大矢

_____池田_____

 

■84分
北川OUT 万屋IN

___籾木__田中___

長谷川________櫨

___中里__隅田___

万屋_宇津木_市瀬_大矢

_____池田_____

■90+4分
左サイドから籾木選手が中に入って田中選手にパス!
これをヒールで中央に戻し
籾木選手がシュート!
ゴール!!
2-4

そして試合終了。
2-4でなでしこ敗戦。

まずスタメンで猶本選手出場でしたが
ブラジル戦からメンバー7人変更で
阪口・宇津木・鮫島3選手を外し
システムは4-4-2と同じながら
シンプルなビルドアップに変更。
極端に代え過ぎ。
色んな選手を起用しながらも勝ちにこだわるというなら
阪口・宇津木を45分ずつ出してたりして
ブラジル戦での戦術を深めながら
新しい選手を挟んでチーム力を
上げていく方法でやってもらいたかった。
オーストラリアを甘く見すぎ。
試合前に何度もビデオを見させたようですけど
スカウティングもそれに対する
戦術も対策も甘かったんじゃないかと思います。

また前半の3失点はシンプルに裏を狙われたり
ビルドアップ時のミスだったので
CBからのボール供給をさせづらくさせる修正や
ビルドアップ時にボランチを下げさせて
人数かけてしっかり組み立てていくなど
前半試合中にやるべきことがあったと思いますが
選手任せにしないでしっかり的確な指示出していたのか疑問。
コメントを見ているとそもそもパスの供給元を断つ気は無かったように読み取れます。

しかも前半終了時にはまずDFを安定させる交代策を取ればいいのでは?
と思っていましたが猶本選手HTで交代とか。
攻撃面で何度かチャンスを作っていましたし
猶本選手は失点に絡んだプレーをしていたわけでもないですし
4-4-2の通常のシステムだったので
中盤での守備時にもう少しプレスを強く行ってもいいかなと
思うぐらいで、そのへんが問題なら監督が修正指示すればいい事。
最悪HTで修正指示与えてプレーさせて欲しかった。
猶本選手もまだまだできたと思いますし
不完全燃焼だったと思います。不憫すぎる。。。(ーー)

下記高倉監督の公式コメントです。

高倉麻子 監督
今日の試合、メンバーを大幅に入れ替えてチャレンジしました。オーストラリアのシンプルな攻撃に対してもたついてしまい、このような結果になってしまいました。いつも言っていることですが、つなげられるはずのマイボールを奪われて自爆してしまった形です。やられ方がシンプルで、そこは非常に悔しいですが、出場した選手たちが世界のレベルを実際に肌で感じて経験できたという点は評価したいです。相手はシンプルに前線に蹴り込んでくるスタイルでしたが、例え蹴らせてしまっても、いい準備さえできていれば恐くはありません。ただ、それを新しいメンバーで実践するのは簡単なことではありません。個々に見たときには、判断の遅さなどもありましたが、選手たちは通用する部分についても分かったと思いますので、そこはポジティブに捉えて行きたいと思います。

日本語として普通にこのコメントを読むと
高倉監督が自分を評価してるように読める。

要約すると
「選手達は自爆して大敗しましたが、
出場した選手全員に世界レベルを体感させた私を評価したい」

本気か!?

これJFAからの公式コメントなんですけど
試合後の精神状態で
言いたいことがうまく言えなかったりする事があるとは思うので
文字にしたJFAの広報がそのまま載せるのもどうかと。
高倉監督が本気で言ったのなら・・・(ーー;)はぁ。。

チームで成長しながらも代表は勝たなければいけない。
いろんな考え方のサポーターがいるとは思いますが
自分は何度も言うように2019年W杯、2020年五輪の為なら
「代表は今勝たなくてもいい」なんて事は考えられません。
いや、今のなでしこの実力を考えれば
敗戦するにしても負け方があるんじゃないかと。

アメリカ戦はどう戦うつもりだろうか。。。

がんばれ!!猶本光!!

くさるなよ!

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

お知らせ【なでしこジャパン2017ToN】vsオーストラリア女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

日本時間7/31(月)なでしこジャパンは
ブラジル女子代表と対戦します!

■試合日時
現地時間2017年7月30日14:18
日本時間2017年7月31日6:18

■対戦カード
日本-オーストラリア
■開催場所
Qualcomm Stadium
天然芝のスタジアムで以前はMLBやNFLで使用。

■TV放送
7月31日(月)
午前6:10-(午前8:10)
なでしこジャパン アメリカ遠征「日本」対「オーストラリア」

本大会1試合目が終わり順位は以下の通り

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 オーストラリア 3 1 0 0 1 0 +1
2 ブラジル 1 0 1 0 1 1 0
2 日本 1 0 1 0 1 1 0
4 アメリカ 0 0 0 1 0 1 -1

明日日本と対戦するオーストラリアが
1戦目でアメリカを撃破しました。おーーーーー。
※81分から浦和に在籍していたエミリー選手も出場しています。
オーストラリアのシステムは4-3-3
ビルドアップ時にアンカーがDFに落ちてくる形で
攻撃時にはゴール前に3トップと両SBの5枚
2列目にインサイドハーフが2枚の7人という厚い布陣。

■アメリカvsオーストラリア
・ハイライト
YouTube Preview Image
・フル動画
YouTube Preview Image
YouTube Preview Image

スケジュール

7月24日(月) PM トレーニング
7月25日(火) AM/PM トレーニング
7月26日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
2017 Tournament of Nations
7月27日(木) 16:18 第1戦 vs ブラジル女子代表(CenturyLink Field)
7月28日(金) AM トレーニング
7月29日(土) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
7月30日(日) 14:18 第2戦 vs オーストラリア女子代表(Qualcomm Stadium)
7月31日(月) AM トレーニング
8月1日(火) AM/PM トレーニング
8月2日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
8月3日(木) 19:15 第3戦 vs アメリカ女子代表(StubHub Center Soccer Stadium)

※時間はすべて現地時間

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

結果【なでしこジャパン2017ToN】vsブラジル女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

日本時間7/28(金)なでしこジャパンは
ブラジル女子代表と対戦しました。

まずは結果から

2017 Tournament of Nations 第1戦 vsブラジル女子代表
2017年7月27日(木)  16:18キックオフ 試合時間 90分(45分ハーフ)
CenturyLink Field(アメリカ/シアトル)

なでしこジャパン(日本女子代表) 1-1(前半0-0、後半1-1)ブラジル女子代表

得点
63分 籾木結花(なでしこジャパン)
87分 Camila(ブラジル女子代表)

スターティングメンバー
GK:山下杏也加
DF:鮫島彩、大矢歩、万屋美穂、市瀬菜々
MF:阪口夢穂、宇津木瑠美、中島依美、長谷川唯
FW:横山久美、田中美南

サブメンバー
GK:齊藤彩佳、池田咲紀子
DF:坂本理保、高木ひかり、北川ひかる
MF:櫨まどか、猶本光、中里優、隅田凜
FW:泊志穂、菅澤優衣香、籾木結花

交代
HT 長谷川唯 → 籾木結花
61分 万屋美穂 → 北川ひかる
74分 田中美南 → 泊志穂
74分 横山久美 → 菅澤優衣香
84分 大矢歩 → 高木ひかり
86分 中島依美 → 猶本光

情報源: なでしこジャパン 大会初戦を引き分ける ~2017 Tournament of Nations~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

■なでしこジャパンスタメン

___横山__田中___

長谷川_______中島

__宇津木__阪口___

万屋_鮫島__市瀬_大矢

_____山下_____

■1分
ブラジル左サイドからゴール前クロス。
頭で合わせられるが上外。あぶなー。

■6分
右サイド大矢選手から裏へ。
横山選手が抜け出し左足でシュート!
左外。

■14分
中盤のパスミスで奪われシュートまで持ち込まれる。
山下選手ナイスキャッチ。

■15分
左サイド抜け出した田中選手が受け
PA内左からシュートもサイドネット。

■20分
万屋選手が中央の田中選手へ送ったところ
田中選手がファールを受けFKへ。
→長谷川選手が前に蹴りこみ中島選手がシュートもGKキャッチ。

■23分
ビルドアップ中に長谷川選手に入ったボールだったが
吹っ飛ばされ奪われシュート打たれる。
GK山下選手がクリアしCKへ。
ブラジル左CKをなでしこ跳ね返す。

■28分
横山選手が中央でタメを作り
左サイド上がった長谷川選手へ。
長谷川選手クロス!
横山選手シュートもDFに阻まれCKへ。
→キッカー中島選手ショートコーナーの戻しをシュートも外。

■33分
中央マルタ選手に入ったボール
なでしこ奪いに行くがかわされシュート打たれる。
山下選手キャッチ。
ナイス!

■37分
中央長谷川選手取られる。
ドリブルで持ち込まれマルタ選手シュート。
山下選手触った!!ナイス!
あぶなーーーーーー
CKからの流れでゴール前にボールが入り
ブラジルにフリーで渡る。
まずい。
宇津木選手守る!
再度シュート打たれるも山下選手キャッチ。

■42分
縦横山選手に入り田中選手にスルーパス!
田中選手抜けた!ナイス!
GKと1対1。シュート!
止められた!ぐぉーーー
CKへ。
→中島選手からのボールを田中選手がそらして
宇津木選手ヘッドも外。オシイ!

前半終了。

■HT
長谷川OUT 籾木IN

___横山__田中___

中島________籾木

__宇津木__阪口___

万屋_鮫島__市瀬_大矢

_____山下_____

■48分
田中選手へのファールでFK獲得。
キッカー横山選手直接狙うもクリアされる。
おしい!

■53分
ブラジルカウンター!
左サイド運ばれシュート!
山下選手止めた!
こぼれを再度シュート!DFブロック!
中央からシュート打たれる!
外。助かった!

■61分
万屋OUT 北川IN

___横山__田中___

中島________籾木

__宇津木__阪口___

北川_鮫島__市瀬_大矢

_____山下_____

■62分
右サイド籾木選手からゴール前へ!
DFがクリアしようとするが後ろに逸れる。
ポストだ!!おしい!
跳ね返り田中選手シュート!
ふかしてしまった。ぐぉーー。

■63分
左サイド中島選手縦に仕掛けてクロス!
ファーだ!籾木選手フリー!
ヘッド!!決まったぁー!
ゴォィォーール!!
1-0なでしこジャパン先制!

■67分
山下選手からロングパスで田中選手が受け
籾木選手が中央で受け左へ柔らかいパス。
中島選手GKと1対1シュート。
阻まれた。。

■73分
田中OUT 泊IN
横山OUT 菅澤IN

______菅澤___

中島________籾木

__宇津木__阪口___

北川_鮫島__市瀬_大矢

_____山下_____

■75分
泊選手裏抜け!!
抜けた!
後ろからの中島選手へパス!
合わない!おしい!
籾木選手シュート!左外。おしい!

■84分
大矢OUT 高木IN

___泊___菅澤___

中島________籾木

__宇津木__阪口___

北川_鮫島__市瀬_高木

_____山下_____

■85分
中島OUT 猶本IN

___泊___菅澤___

猶本________籾木

__宇津木__阪口___

北川_鮫島__市瀬_高木

_____山下_____

■87分
ブラジル左サイドからクロス!
ゴール前山下選手抑えにいったがこぼれた!
宇津木選手がクリアも中央の相手選手へ渡る。
これをブラジル選手が受けミドルシュート!
強烈。突き刺さってしまった。
なでしこジャパン失点。
1-1同点。

そして試合終了。

1-1ドロー。

まず、勝ちきれなかったのは非常に残念。

なでしこジャパンはシステム4-4-2で
CBの熊谷・中村選手を欠いていたため
このポジションに鮫島選手を配置。
これには少々驚きました。

4バックながらビルドアップ時にはCB二人が大きく開き
ダブルボランチの一人がその間に入り3バックに。
両SBは高い位置にポジションを取って
両SHの長谷川・中島両選手は自身のプレースタイルそのまま
サイドと中央を自由に動き回るという形。
元々ブラジル自体がハイプレスをかけてくるスタイルではなかった事もありますが
プレスをかける的を絞らせないようにしていたと思います。
得点シーンでは中島選手が左サイドから
ファーへクロスを上げフリーの籾木選手が決めるという
見事なゴールだったと思います。

両SHが中央に絞っていたので
もう少しサイドの裏のスペースをSBがオーバラップする
機会が増えてもいいかなと思いましたが
中盤で奪われてカウンターを食らうと
3バックのサイドのスペースを使われ
結構危ない場面もあったので
SBが上がりきってしまうのも勇気がいるんだろうなとも思っていました。

前述通り相手のプレスも弱かった事もあり
これまでのオランダやベルギーとの試合より
パスをつなげる事で出来るシーンも増えましたが
いかんせんパスミスが多くまだまだ連携を深めていく事が必要。

長谷川・中島両選手はクラブでもプレーしている通り
自由に動き回っているためボールの近くに
厚みが増しうまく行く部分もありましたが
あれだけ自由に動き回るということは
本来の位置にスペースを開けるという事でもあるので
やはりサイドの裏をもう少し有効に使いたい気もします。

またこの戦い方だとボランチは前述通り一人DFラインに
もう一人はアンカーの位置になるわけで
前線への攻撃参加という部分は皆無になります。
これはこれで役割的にOKだと思いますが
アンカーがタクトを振るうわけになるので
前線が中に人数をかけている分
縦に入れる事が多くなっていました。
サイドの裏のスペースに走らせるパスを供給したりする事で
攻撃のパターンを増やしていく事も可能なのではと。

守備面ではGKの山下選手のナイスプレーの連続と
何と言っても市瀬選手の読みの鋭い守備が光っていました。
非常に安定感があり安心して観ていられましたし
市瀬選手でやられるならしょうがないかなと
思わせてくれるようなプレーをしていたと思います。
慣れないCBの位置でプレーした鮫島選手も
スピードを生かしたDFが随所にあり
攻撃時には3バックのサイドという事で
安定したプレーだったと感じました。
※熊谷・中村選手が戻ってきたらまた元に戻すのだろうか?

あとは、泊選手も一本いい飛び出しがあったなー^^

高倉監督コメント

高倉麻子 監督
勝てた試合を引き分けてしまって残念というのが素直な気持ちです。ボールを保持している時に自分たちのミスが多く、自ら試合を壊してしまいました。相手が迫力を持って攻めてきていたようなピンチの状況も自分たちで生み出してしまっていました。判断が悪いので、ボールを持っている時の判断の質を上げないといけないと思います。これはブラジルも同じで、お互い様な部分もあると思いますが、やはり決めるべきところを決めないとこうした結果になるということです。ワールドカップやオリンピックといった公式戦になれば、攻守において今日以上のプレッシャーの中で戦わないといけません。選手たちは今日ここでできたこともありますが、それに満足せずに、常に判断の精度とスポードを求めていかないといけないと思っています。

情報源: なでしこジャパン 大会初戦を引き分ける ~2017 Tournament of Nations~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

確かにパスミス、インターセプトされる、
決定機に決めきれなかった等
選手達が反省すべき点は多くありますが
あたかも選手が試合を壊したかのような言い方はどうかと。
招集、トレーニング等の指導、
スタメン、試合中の修正指示、交代枠等含め
采配しているのは監督という事は忘れずに。

3試合あるという事で3試合を通したプランがあるだろうとは思いますが
高倉監督の交代の使い方について思った事。

前半何度か中盤でボールを奪われ
決定的なピンチを招いていた長谷川選手をHTで交代。
ここ最近長谷川選手は代表でのプレーに精彩を欠いているようで
個人的に思うのは長谷川選手に自由を与え過ぎて
多くの事をやらせ過ぎているのではないかと感じます。
アルガルベの時は基本、サイドでチャンスを作る事に集中できていたので
うまい事いっていたのではないかと。
今回の出来を考えると交代に関してはいたしかたない。

横山・田中の2枚代えは少々疑問。
そもそも泊選手を招集した理由はFWの中心である
横山選手との連携に長けているからだったと思います。
なぜこのコンビが国際試合でどう力を発揮するか試さなかったのか。
10分でもいいから一緒にプレーさせればよかったんじゃないのかな?と思います。

終了5分前に中島選手に代えて猶本選手。

オーストラリア戦ボランチでスタメン出場出来る事を願います。
今回と同じシステムでいくのならば
しっかり守備をしてダイナミックに左右、縦にボールを裁いて
役割を果たしてくれるだろうと思っています。
「選手の力を引き出すのが私の仕事」といっていた高倉監督。
最低限、猶本選手の本来の力が発揮できる起用法を望みます。

猶本!がんばれ!
ボランチで出場出来たらいつも通り守備して
判断早くボールを捌けばいい。
ダイナミックに大きく展開して
チームにもっとワイドな攻撃を!

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこジャパン】米遠征メンバー発表記者会見文字起こし!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

昨日はアメリカ遠征のメンバーを共有しましたが
本日はその発表、記者会見の模様を。
高倉監督の会見、質疑応答を文字起こし!
※ちょっと読みにくいですが発言内容に忠実に記載しています。

YouTube Preview Image

=========文字起こし開始============
高倉監督(以下高):

「みなさんこんにちは。今回のアメリカ遠征に関してですけれども
みおなさんのお手元にあるようなメンバー構成となりました。

アメリカとは長くライバル関係にありますし
今回、ブラジル、オーストラリアも招いての4か国でゲームが出来るという事で
強化の一環としてアメリカに行くということになりました
新しく選手を4人いれてますけれども
この選手達に関しては、私が就任した当初からずっと言ってますけれども
様々な選手にチャンスがあると言ってきていますけれども
全員、その当時から注目をしていたというか頭の中にはいた選手で
リーグを見ながら追いかけていく中で
最近コンディションが上がってきたという事もありますし

前回、その前に呼んだ選手で試していた選手がいますけれども
その選手に代わって少し活性化も図りたいところがあったので
新しくこの選手達をいれてまたチームに力を加えてくれたらいいな
という想いで選出しました。

ブラジル、オーストラリア、アメリカもそうですけれども
FIFAランクの上位にいるチームとの対戦になりますので
私達も今色んな選手を試しながら積み上げをしていく中で

やはりあの、いつも勝ちにこだわってとは言っていますけれども
来年4月のW杯予選がありますし
選手を試すという事もありますけれども
チームとして勝ちに行くという所にこだわって
やはりやっていかなければいけないなと思っておりますので
この間のオランダ戦、ベルギー戦では
新たなフォーメーションを試したりしていましたけれども
チームの幅を広げるという事とチームの力を上げていくという事の
二つをやりながらゲームを進めていきたいなと思います。

また、キャプテンの熊谷がインターナショナルマッチデーではないという事で
チームからちょっと出せないと言われましたので
残念ながら今回の遠征には来ませんけれども
彼女がキャプテンであることに変わりないですし
引き続き、彼女にはチームで頑張ってもらいながら
やっていきたいなと思っています。

とにかく今年はチームの力を付けていくという中で
間をおかずしてゲームを組んでもらっていますので
とにかく全員で成長していけるように
全力でぶつかっていきたいなと思っています。

<ここから質疑応答>

—-NHKのハヤシダと申します。
—-特にこんなところに課題をもってという所が
—-思っていらっしゃる事があれば教えてください。

高:
やはりサッカーは攻撃、守備というところで
分けるものではないと思っていますけれども
やはり試合に負けないという意味では、
守備のところで色んな事を試してますけれども
そこをやっぱりあと一歩とかそのポジショニングところもそうですし
球際の強さのところもそうですけれども
やれているつもりという事ではなくて
それを完璧にこなすという所に関しては、
守備に関してはこだわりたいと思っていますし

また、攻撃の部分では、ゲームに行くとどうしても守備の確認というところが
時間を多く割くという部分があるのですけれども
いかに点を取るかというところを
まだあまりそのトレーニングの中で長い時間詰めてないので
その辺でいかに、色々なタイプのフォワードがいますので
どうやってチームとして点取るかという事に関して
少し積み上げていきたいなと考えています。

—-松原と申します。今回新たに選ばれた齋藤選手、坂本選手、櫨選手、泊選手ですけれども
—-彼女たちの良さとどんな事を求めていらっしゃるかという事を教えてください。

GKの齊藤彩佳に関してですけれども、
今回山根がスペインの方に移籍したこともありますし
そのコンディションのところも考えて
新しい選手の発掘というところで
ずっとGKを探していたのですけれども
彼女は仙台でプレーしていて第2GKとして長く下積みをしていましたけれども
ここのところ力をつけていると
監督とコミュニケーション取りながら話をしていましたし
サイズを含め、最近カップ戦でのパフォーマンスも見ても
十分やれるなと感じましたので呼んでGKの活性化図りたいと考えています。

坂本に関して言いますと、
長野が新しいチームの中でリーグの中で良い成績を収めているのですけれど
彼女がDFの真ん中でリーダーシップを発揮してすごく読みも良い選手ですし
年代別の代表にも選ばれたことがあるので
監督からの強い推薦もありましたし、
センターバックのところも少し手薄な部分もあるので
どれくらいやれるかとのも見てみたいと思って思い切って呼びました

伊賀の櫨は、前からすごく気になっていた選手なんですけれども
非常にテクニックがありますし、伊賀では少し前目でプレーすることが多いのですけれども
落ち着いてゲームを読みながらテクニックを発揮しながら
少し体の強さを活かしつつ変化をつけれるかなという所もあるので
技術的なレベルでは十分やっていけると感じましたので
少し違うタイプの中盤の選手が欲しいなというところで呼びました。

泊に関しては、みなさんご覧になった方もいるかもしれないですけれど
横山の相棒で長野でプレーしていますけれども本当に運動量が多くて
攻守に渡ってチームに非常に活力を与えられることが出来る選手だと思います。
また動き回っているというだけではなくて
ボールの受け方、ボールを持った時の判断というのは非常に高いと見ていて感じたので
また新しい風を吹かせてくれるかなと思って呼ぶことにしました

—-16年の3月のオリンピック予選に負けてから
—-実際に勝負をかけた、勝ち点を争うとかそういったところ
—-親善試合、こういった遠征が続いてきましたので
—-若干そういう感覚が薄れてきているなと見える時が時々あります。
—-今度東アジアに向かってですね、監督どの辺でエンジンを入れないというか
—-スイッチを切り替えていかないといけないという風にお考えでしょうか?

高:いま本当におっしゃるように、色々な選手を試して、
もちろん毎試合勝ちにいっていますけれども
真剣勝負という意味ではなかなか体感できない状況にはありますけれども
選手は必死にグラウンド上で自分のプレーを表現しようとしているとは思いますけれど
なかなかそういう状況がない中で、
今回は、やはりそのW杯やオリンピックに行った時に
勝負がかかった時に戦うであろう相手と、
もちろん今までもそうなんですけれども
現実的にランク的にそういう所を眺めますと
ブラジル、アメリカ、オーストラリアもそうですけれども
そういった中で恥ずかしい試合はできないとは強く感じていますし
色んなものを試す中で
予選が近づいてきているという事をチーム全体で把握して、
選手一人一人が自分のアピールという事だけでなく、チームを勝たせるという事に関して
やはり強い思いと、表現する力を発揮してもらいたいなと感じていますので
いつ頃エンジンかけるかというと、
本当にこの遠征からぼちぼち回していきたいなと感じています。

—-共同通信の石井ですが、就任されてから1年ちょっとがすぎまして
—-今感じている立ち位置やW杯、オリンピックを見据えた中での課題は
—-どういう所を感じていらっしゃいますでしょうか。

高:約1年経ちましたけれども、一番最初にアメリカ遠征した時にメンバーを選んで、
その時にはわたしは一年後に、選んだ選手が半分いるか
わからないというお話をしたと思うんですけど
実際自分でも選手を並べてみてというか名前を見てみると
半分以上変わっているんだなと。これは意図的にというよりは
選ばれた選手がやはり信頼を勝ち得るパフォーマンス、
代表として恥ずかしくないパフォーマンスをして行き続けることが、
やはり代表で生き残る道だということを強く感じています。

実際今真剣勝負という話も出ましたけれども
今この状態でたとえばW杯、オリンピックといったところに行った時に
勝てるチームではない正直思っています。
たくさんの課題がありますし、私の頭の中で埋まらない、
埋まっていないピースがいくつもありますので
その辺を選手をどこにはめていくかって事と、
チームでどう戦っていくかという事も含めて
ピースを埋めていく作業を、
試合を重ねながらやっていかなければならないというので
まだまだあまりネガティブな事は言いたくないのですけれど
まだまだこのままでは世界のトップに向かってはいけないなという風に
厳しいですけれど実感としてはあります。

またあの選手自身の可能性というのは無限に広がっていると思うので
それを引き出すのが私の仕事だと思うので
本当に全力で大会に臨んでいきたいとおもいます。

 

—-フリーランスのスナサカ(!?)です。真剣勝負という事をお話しされていましたけれど
—-来年のW杯予選に向かって逆算しながらこの戦いに臨むのかなと思っているのですけれど
—-まだメンバーもしっかりスタメンという形で固定しないでいらっしゃってきているのかなと思っているんですけれど
—-そういった意味での逆算というとどのように計算してきているのかなという事を
—-お伺いしたと思います。

普通にいえば予選があってそれから計算して、
この時点でどこまで上げるという計算をするのかもしれないんですけど
そういう風にチームを作っているというわけではなくて
選手を試す中で、今この日本女子サッカー選手の中で
どの選手がピッチに立てるかというのをまずチームづくりの中で見つけている所です。
それはずっとやり続けると思います。

メンバーは固定しないと思います。
よっぽど差があれば固定して評価していくという事もあると思いますけれども
色々な選手にいろんな可能性があって
実際W杯やオリンピックに行って短期間で
何試合ものゲームを戦っていくという所を考えると
どこかの選手が抜けたからチーム力が下がるというチームを作りたくないので
欲を言えば、2チームが全く力が落ちない変わらないチームを
強気な事を言えばそれぐらいのチーム作りをして行けたらいいなと
まぁ理想ですけれども、そういう風に思っています。

=========文字起こし終わり============

会見を観ていて思ったのが
代表って呼びたい選手のコンディションを各クラブに聞くのはわかりますが
クラブチームの監督からの強い推薦で選ぶものなんだろうか?
高倉監督が言っていた「埋まっていないピース」があるなら
自分でちゃんと探さないとダメなんじゃないかと思います。
しかし、埋まらないピースはいつまでも埋まらない可能性があります。
これをどうにかするのも監督の役目。
高倉監督は一度クラブチームの監督を参考にした方がいい。
ある程度決まった戦力で戦術の浸透、連携の強化を図って
チーム作りをしていきますし、やっていかなければならない。
個で勝てない部分は強化しながらも組織的にやる必要がありますし。

また、発言を聞いていると理想論が多い。
以前もシステムは関係なく流動的にやっていくような事を言っていましたが
これを入れ替えの激しい選手でやろうとしているのはかなり高度。
選手に丸投げしないで攻撃パターンをいくつかは
持っておかないといけないと思います。
その上で選手達の自主性に任せていってもらいたい。

記者から出た「いつから本気で試合するんですか?という話。
監督は来年のW杯予選から逆算してチームを作っていないという事。
何事も期間、期限を決め、いつまでに何をやるという目標を決め
そこに向かっていく事が必要で、
もしその目標に達しない場合は、その時期に別のベストな選択をしなければならない。
9か月後のW杯予選(アジア杯)では
8チーム中5位以内に入ればW杯出場になるので
それほどハードルは高くないと思っていますが
どういう戦いをするつもりなのか
最低限年末の東アジア選手権で示していかないと
それを詰めていく最終仕上げの工程に入れないと思います。

どちらにせよ、代表は常に勝たなければならない。
国によっては国民の希望となるほどの存在。

「ぼちぼちエンジンをかける」などと言っている代表監督に
批判が出ないのはまだまだ女子サッカーが
世の中から甘く見られている気がして
何とも言い難い気持ちになっています。

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

猶本光招集!【なでしこジャパン】2017 Tournament of Nationsメンバー!

シーズンもいつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

7/14(金)、7/27からアメリカで行われる
2017 Tournament of Nationsのなでしこジャパンメンバーが発表されました!
猶本光選手選出!!!
いぇーーーーーーーい!!^^/
6月のベルギーオランダ遠征に引き続き選出です!
あらためまして、おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!

猶本選手!!
短期間での3試合、必ず出場チャンスがあるので
リーグでの今の自分のスタイルがどこまで通用するか確かめながら
躍動して日本のためにがんばってきてもらたいです。
よっしゃーーーーーー!!^^/

 

そして浦和レッズレディースからは池田選手、北川選手、菅澤選手も選出!
こちらもあらためましておめでとう!!!!!!!

まずGKの池田選手。
もちろん選ばれたことに関して嬉しい事は前提ですが
6月のなでしこ遠征で手を負傷し離脱した以降
池田選手はクラブでの公式試合でまだ一度も復帰できていない状況。
ベンチにも入っていないのでどのくらいの回復しているか。
怪我が完治していたとしても試合勘という点で気になります。
クラブは次節の仙台とのカップ戦で出場させて
代表へ送り込むつもりだなんだろうなと予想していますが
高倉監督の信頼が厚いんだなと再度感じました。
これは池田選手は期待に応えないと!

北川選手。前節神戸戦でフル出場を果たし
やっと怪我も完治しキレも戻ってきてると感じています。
攻撃参加の期待はもちろんですが
強豪相手に守備面でどれくらいできるかも見どころ。
闘争心むき出しになるのは観ていて燃えるところですが
怪我だけには注意して是非ともがんばってもらいたい!!

そして菅澤選手。
ガツンと得点してきてもらいたい!
セットプレーでのニアのヘッド最近見てないから
決めてもらいたいなと思います。
菅澤選手も怪我に注意して頑張ってきてもらいたいと思います!!

ということでまずは全体的な選出メンバーを
ご覧になってください!

スタッフ

監督:高倉 麻子 タカクラ アサコ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:大部 由美 オオベ ユミ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:大橋 昭好 オオハシ アキヨシ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:広瀬 統一 ヒロセ ノリカズ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ/早稲田大)

選手

GK
21 齊藤 彩佳 サイトウ アヤカ(マイナビベガルタ仙台レディース)*
1 池田 咲紀子 イケダ サキコ(浦和レッズレディース)
18 山下 杏也加 ヤマシタ アヤカ(日テレ・ベレーザ)

DF
3 鮫島 彩 サメシマ アヤ(INAC神戸レオネッサ)
4 中村 楓 ナカムラ カエデ(アルビレックス新潟レディース)
8 坂本 理保 サカモト リホ(AC長野パルセイロ・レディース)*
2 高木 ひかり タカギ ヒカリ(ノジマステラ神奈川相模原)
20 大矢 歩 オオヤ アユミ(愛媛FCレディース)
19 北川 ひかる キタガワ ヒカル(浦和レッズレディース)
23 市瀬 菜々 イチセ ナナ(マイナビベガルタ仙台レディース)

MF
10 阪口 夢穂 サカグチ ミズホ(日テレ・ベレーザ)
5 櫨 まどか ハジ マドカ(伊賀フットボールクラブくノ一)*
6 宇津木 瑠美 ウツギ ルミ(シアトル・レインFC/アメリカ)**
7 中島 依美 ナカジマ エミ(INAC神戸レオネッサ)
12 猶本 光 ナオモト ヒカル(浦和レッズレディース)
14 中里 優 ナカサト ユウ(日テレ・ベレーザ)
16 隅田 凜 スミダ リン(日テレ・ベレーザ)
17 長谷川 唯 ハセガワ ユイ(日テレ・ベレーザ)

FW
22 泊 志穂 トマリ シホ(AC長野パルセイロ・レディース)*
13 菅澤 優衣香 スガサワ ユイカ(浦和レッズレディース)
9 横山 久美 ヨコヤマ クミ(1.FFCフランクフルト/ドイツ)**
11 田中 美南 タナカ ミナ(日テレ・ベレーザ)
15 籾木 結花 モミキ ユウカ(日テレ・ベレーザ)

※「*」 は日本女子代表初招集選手
**高倉監督、宇津木瑠美選手、横山久美選手は7月24日(月)にシアトルで合流します。

高倉麻子監督コメント

いろんな選手を試しながら積み上げをしてきたなかで、来年4月のアジアカップもありますので、今度はチームとして勝ちにこだわってやっていかなければならないと思っています。先日のオランダ・ベルギー遠征では新しいフォーメーションを試しましたが、チームの幅を広げることと、チームの力を上げていくことの2つをやりながらゲームを進めていきたいです。新しくなでしこジャパンに選出された4選手は、ずっと頭のなかにいた選手たちです。リーグでのプレーを見ていて、最近(それぞれの選手たちの)コンディションも上がってきていましたし、チームの活性化を図りたいところもあったので、新しい力を加えてくれたらいいという思いで選出しました。全員で成長していけるように、全力でぶつかっていきたいと思います。

スケジュール

7月24日(月) PM トレーニング
7月25日(火) AM/PM トレーニング
7月26日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
2017 Tournament of Nations
7月27日(木) 16:18 第1戦 vs ブラジル女子代表(CenturyLink Field)
7月28日(金) AM トレーニング
7月29日(土) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
7月30日(日) 14:18 第2戦 vs オーストラリア女子代表(Qualcomm Stadium)
7月31日(月) AM トレーニング
8月1日(火) AM/PM トレーニング
8月2日(水) AM
PM
トレーニング
トレーニング ※冒頭15分公開
8月3日(木) 19:15 第3戦 vs アメリカ女子代表(StubHub Center Soccer Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

情報源: なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー・スケジュール~2017 Tournament of Nations(7/27-8/3@アメリカ)~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

さて、コーチ陣ですが
大部由美コーチが戻り池田太氏が外れました。
池田太氏はU-19の監督をしているのでその関係かなと思います。

そして選手についてですが
前回のベルギー・オランダ遠征からの変更は
(見送り)
GK山根 恵里奈
DF熊谷 紗希
DF佐々木 繭
MF杉田 亜未
FW上野 真実

(招集)
GK齊藤 彩佳
DF北川 ひかる
DF坂本 理保
MF櫨 まどか
FW泊 志穂

高倉監督の会見を全て文字起こししようかと思っていますが
その会見の中で話していた事を踏まえて。

やはり山根選手はスペインに移籍したてという事で見送りとの事。

宇津木選手は招集されていますが
全力プレーできるのだろうか。。心配。

伊賀の櫨選手が29歳で代表初招集。
この時期にまだ新しく試していく方針ならば
ちふれの薊選手のスピードが世界でどれくらい通用するかも
観てみたい気がします。

また私の代表観からするとアメリカで活躍している川澄選手を
一度呼んでこのチームには必要ないと判断するならまだしも
高倉監督就任後一度も招集していないというのは
少し普通じゃないように思えます。
なにか問題があるんでしょうか。。

そして熊谷選手はクラブから拒否されたとの事。
理由は国際Aマッチデーではないため。
熊谷選手が所属しているリヨンの選手、
現在公式サイトに掲載されている25人中10人は
7/17-8/7まで開催されるUEFAの欧州女子選手権にて
各国の代表として以下の通り招集されています。

フランス代表
GK Sarah Bouhaddi
DF Wendie Renard
DF Jessica Houara-D’Hommeaux
DF Griedge M’Bock Bathy
MF Camille Abily
MF Claire Lavogez
FW Élodie Thomis

ドイツ代表
MFDzsenifer Marozsán

スウェーデン代表
MF Caroline Seger

ノルウェー代表
FW Ada Hegerberg

開催時期がかぶっているこの2017 Tournament of Nationsに
なぜ熊谷選手の招集をクラブは拒否したのだろうか?
確かにUEFA Women’s EURO 2017 は
国際Aマッチとして認められていますが
2017 Tournament of Nationsは認めてられていないようです。
となると、クラブとしては「国際Aマッチデー」ではないからというのは
正当な理由にはなるのですが
シーズンも終了していてユーロにも10人出しているんだから
拒否するなよ!と言いたいーー;
クラブは自分が契約している選手なので
万が一怪我されたら嫌だという事なんだろうと思います。
しかし、協会がちゃんとクラブと普段からコミュニケーション取ってないと
こういう事になるんじゃないかと。
ちなみに年末の東アジア選手権もAマッチじゃないと思います。
今後海外に移籍した横山選手とかでも同じ事が起こる可能性があるので
協会はキッチリ根回ししておかないとまずいんじゃないかと思っています。

まだまだ言いたいことがあるのですが
浦和から4人選ばれたというめでたい事でもあるので
今日はこのへんで。

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこジャパン】本日7/14(金)メンバー発表記者会見Live中継あります!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

昨日ちょうど7月のなでしこジャパンの活動にふれ
メンバー発表は来週ぐらいかな?と言っていましたが
本日7/14(金)13:30からメンバー発表記者会見が行われると
告知されました!急!^^;

これは抜け出して観なくては!!(笑)
メンバーは下記の前回メンバーを基本に多少の入れ替えがあるだろうと思われます。
全ての選手のコンディションを把握していませんが
思いつくところをだだだっと書いていきます。

GK
山根選手は千葉を退団後まだ移籍先が決まっていないようで招集できるかどうか。
♯スペインのベティスに決まったようです。
池田選手はクラブでもまだ試合に復帰していないので今回は見送りだろう。
代わりに浦和の平尾知佳選手、神戸の武仲選手あたりが呼ばれるかも知れません。

DF
怪我から復帰してコンディションが上がってきた浦和の北川選手が呼ばれるかどうか。
神戸の高瀬選手のSBを高倉監督がどう評価しているのか。
川村優理選手に関しては米リーグに移籍しましたが
試合中の負傷で大怪我を負ったため現在は招集は不可能。
日テレ有吉選手は怪我のため今期は招集不可能。

MF
宇津木選手は怪我からまだ完全復帰できていない感じなので無理かもしれない。
米リーグで活躍してる川澄選手をどう評価しているか。

FW
永里選手は怪我のため招集不可能

さぁどうなるか!

もちろん我々としては
猶本選手がしっかり今回のメンバーに選ばれるよう願いましょう!^^/

 

■前回オランダ―ベルギー遠征メンバー

GK
1 山根 恵里奈 ヤマネ エリナ(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
18 池田 咲紀子 イケダ サキコ(浦和レッズレディース)
21 山下 杏也加 ヤマシタ アヤカ(日テレ・ベレーザ)

DF
3 鮫島 彩 サメシマ アヤ(INAC神戸レオネッサ)
4 熊谷 紗希  クマガイ サキ(オリンピック・リヨン/フランス)※
5 中村 楓 ナカムラ カエデ(アルビレックス新潟レディース)
8 佐々木 繭 ササキ マユ(マイナビベガルタ仙台レディース)
2 高木 ひかり タカギ ヒカリ(ノジマステラ神奈川相模原)
20 大矢 歩 オオヤ アユミ(愛媛FCレディース)
23 市瀬 菜々 イチセ ナナ(マイナビベガルタ仙台レディース)

MF
10 阪口 夢穂 サカグチ ミズホ(日テレ・ベレーザ)
6 宇津木 瑠美 ウツギ ルミ(シアトル・レインFC/アメリカ)※
7 中島 依美 ナカジマ エミ(INAC神戸レオネッサ)
22 杉田 亜未 スギタ アミ(伊賀フットボールクラブくノ一)
12 猶本 光 ナオモト ヒカル(浦和レッズレディース)
14 中里 優 ナカサト ユウ(日テレ・ベレーザ)
16 隅田 凜 スミダ リン(日テレ・ベレーザ)
17 長谷川 唯 ハセガワ ユイ(日テレ・ベレーザ)

FW
13 菅澤 優衣香 スガサワ ユイカ(浦和レッズレディース)
9 横山 久美 ヨコヤマ クミ(AC長野パルセイロ・レディース)
11 田中 美南 タナカ ミナ(日テレ・ベレーザ)
15 籾木 結花 モミキ ユウカ(日テレ・ベレーザ)
19 上野 真実 ウエノ マミ(愛媛FCレディース)

 

公益財団法人 日本サッカー協会は、7月14日(金) 13時30分(予定)より、
「2017 Tournament of Nations」(7/27-8/3@アメリカ)に出場する
なでしこジャパン(日本女子代表)のメンバー発表記者会見を行ないます。
この記者会見の模様を、公式WebサイトJFA.jp上で
インターネットライブ配信することが決定しましたのでお知らせします。
詳しくは、7月14日(金)にJFA.jpをご確認ください。

※回線の状況や閲覧環境により、一部ご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください。

なでしこジャパン メンバー発表記者会見

日 時 : 2017年7月14日(金) 13時30分~
登壇者: なでしこジャパン 監督 高倉 麻子

2017 Tournament of Nations

2017/7/27(木)~2017/8/3(木)
日本戦全試合をNHK BS1にて生中継予定

大会情報はこちら

情報源: なでしこジャパン(日本女子代表) メンバー発表記者会見のインターネットライブ配信が決定~2017 Tournament of Nations (7/27-8/3@アメリカ)~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【なでしこジャパン】テレビ放映決定!~2017 Tournament of Nations

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

今週末、浦和はカップ戦の試合無しの節ですので
そろそろメンバーも発表されるであろう
なでしこジャパンの日程等について!

なでしこジャパンの次の活動期間は
7月24日(月)~8月5日(土) に予定されており
アメリカ時間7/27(木)から開催される「2017 Tournament of Nations」に参加します。

この大会はアメリカ代表、ブラジル代表、オーストラリア代表が参加。
各国の6/23付のFIFAランキングは以下の通り。
・アメリカ(1位)
・日本(6位)
・オーストラリア代表(7位)
・ブラジル代表(8位)

同時期に欧州ではUEFA欧州女子選手権が開催されていて
ランキング上位のドイツ、フランス、イングランド等の
強豪国を含めた16か国が参加しますので
なでしこが参加する「2017 Tournament of Nations」は
強化試合としてこの時期にできるベストな大会といっていいと思います。

試合日程は以前より発表されていましたが
この度テレビ放映について発表されましたので
共有します。

日本戦全試合をNHK BS1にて生中継予定

放送スケジュール
日程 時間(予定) チャンネル 内容 形態
7/27(木) 7/28(金)8:18〜 NHK BS1 7/28(金)8:18キックオフ(日本時間)
ブラジル女子代表 vs なでしこジャパン(日本女子代表)
LIVE
7/30(日) 7/31(月)6:18~ NHK BS1 7/31(月)6:18キックオフ(日本時間)
なでしこジャパン(日本女子代表) vs オーストラリア女子代表
LIVE
8/3(木) 8/4(金)11:15~ NHK BS1 8/4(金)11:15キックオフ(日本時間)
アメリカ女子代表 vs なでしこジャパン(日本女子代表)
LIVE

※放送スケジュールは変更になる場合があります。

全てLive中継となっているため微妙な時間帯(笑)
しかもすべて平日か・・・
豪戦はLiveで観れるだろうけど
ブラジルと米戦は休みを取らないと観れん(ーー;)
どちらにせよ録画するだろうから観れるからいいか!^^
でもLiveで観たい。。。

さて、肝心のメンバーがどうなるのか?

猶本選手は再び選ばれるのか!
#選んで!!!!!お願いします!!
#発表は来週あたりかな・・・

なでしこジャパンにとって
E-1、アジア杯前に世界トップレベルの国と戦い
現在の位置を確かめるいい機会。
猶本選手に世界の強さ、速さを体感してもらいたい。

猶本選手が招集されますように。。(ー人ー)

 

なでしこジャパン(日本女子代表)が7月27日(木)より
アメリカで行われる「2017 Tournament of Nations」に出場し、
アメリカ女子代表、ブラジル女子代表、オーストラリア女子代表と
対戦することが決まりましたのでお知らせいたします。

2017 Tournament of Nations大会概要

出場チーム:
アメリカ、ブラジル、オーストラリア、日本

会場:
CenturyLink Field(アメリカ/シアトル)
Qualcomm Stadium(アメリカ/サンディエゴ)
StubHub Center(アメリカ/カーソン)

マッチスケジュール:

試合日・キックオフ時間(予定)
※現地時間
日本時間 対戦カード 会場
7月27日(木) 16:18 7月28日(金) 8:18 ブラジル vs 日本 シアトル
CenturyLink Field
19:08 7月28日(金) 11:08 アメリカ vs オーストラリア
7月30日(日) 14:18 7月31日(月) 6:18 日本 vs オーストラリア サンディエゴ
Qualcomm Stadium
17:08 7月31日(月) 9:08 アメリカ vs ブラジル
8月3日(木) 16:25 8月4日(金) 8:25 オーストラリア vs ブラジル カーソン
StubHub Center
19:15 8月4日(金) 11:15 アメリカ vs 日本

順位決定方法:
(1)勝点(勝利:3点、引き分け:1点)(2)得失点差(3)総得点数(4)当該チームの対戦成績
※上記で決しない場合は、FIFAランキングに準ずる

<参考>
アメリカ女子代表との対戦成績 33試合 / 1勝7分25敗(25得点90失点)
ブラジル女子代表との対戦成績 7試合 / 4勝1分2敗(11得点7失点)
オーストラリア女子代表との対戦成績 23試合 / 10勝7分6敗(36得点28失点)

なでしこジャパン 高倉麻子 監督コメント

世界の中でも強豪チームであり、タイプの違う3ヶ国と試合ができることは、
今のなでしこジャパンが力をつけていく上で非常に重要な機会であると考えています。
今年に入ってからの数試合で見えた日本の良さを発揮し、
また課題は修正しながら、チームの積み上げをしていく大会にしたいと思います。

情報源: なでしこジャパン 2017 Tournament of Nations(7/27~8/3@アメリカ)に出場 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

【2023年女子W杯】豪が立候補!日本はどうするのか?

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

代表の話を少しb
女子サッカーの世界大会として
2019年フランスW杯、2020年東京五輪が控えています。
そしてその後の2023年にはまたW杯が開催されるわけですが
この開催地にオーストラリアが立候補するとの事です。
この2023年女子W杯については
日本も立候補するという話が前々からありますが
まだ日本は正式に手を上げていません。
色々と事情があるとは思いますがここまで時間はあったはずなので
やる気があるならさっさと立候補してくれないと!
日本が立候補すればすでに立候補している
タイとニュージーランド、オーストラリアと争う事になります。
ちょっと気になるのは来日もしたことのあるFIFAのモヤ・ドッド女子副委員長が
オーストラリア人なので日本はロビー活動しっかりしないと
絶対豪に持って行かれる気がしています。
がんばって!!

【シドニーAFP=時事】オーストラリアのターンブル首相は13日、
サッカーの2023年女子ワールドカップ(W杯)の開催地に立候補すると表明した。
日本もこの大会の招致を目指している。

情報源: 豪が立候補=23年女子W杯サッカー:時事ドットコム

詳細記事はこちら

オーストラリアサッカー連盟(FFA)は13日、 2023年のFIFA女子W杯開催地に立候補することを正式発表した。

FFAのフランク・ローウィ会長はサッカーの女子W杯を「女性スポーツ界において、
世界で最も大きく、最も権威があり、最も競争の激しい大会」と位置づけており、
「ホスト国の権利を勝ち取り、大会でも優勝する」と、W杯招致に並々ならぬ意気込みを見せている。

今回、FFAは招致活動に向けてオーストラリア政府から
100万豪ドル(約8300万円)の資金援助を受けることも明らかにされている。
さらに一定の目標をクリアした場合、さらに400万豪ドル(約3億3000万円)、
合計500万豪ドル(約4億1500万円)の財政支援を受けられるという。
追加支援の基準となる目標がW杯招致の成功かは明記されていない。

政府からの支援を取りつけ、大々的に女子W杯招致に動き出したオーストラリア。
FFAのローウィ会長は「W杯招致におけるオーストラリアへの利益は多大なもので、
国全体への経済的なインパクトや女子サッカーへの投資の増加など多岐にわたる」と語っている。

実際に2015年にカナダで開催された女子W杯は
全世界で7億6400万人のテレビ視聴者を獲得したビッグイベントとなった。
2019年のフランス大会もこれまで以上の規模のものになると期待されている。

また、現在女子FIFAランキングで8位につけているオーストラリアが、
自国開催のW杯で優勝できる可能性が十分にあることも
2023年大会の招致に動く理由のひとつになっているようだ。
同国の近年の躍進は目覚ましく、
昨年は日本が出場できなかったリオデジャネイロ五輪で
ベスト8進出を果たすなど、国際大会で着実に実績を残している。

日本にも2023年のサッカー女子W杯招致への動きがある。
他にもタイとニュージーランドが同大会開催地に立候補しており、
オーストラリアも含めた合計4ヶ国が女子W杯ホスト国の座を争うことになる。

情報源: 豪州、23年女子W杯開催地に立候補。政府から多額の財政支援…日本も招致に動く – BIGLOBEニュース

 

そういえば先日、FIFAのインファンティノ会長が
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した際に
下記のような事を提案したようです。

インファンティノ会長は開催地が決まっていない23年女子W杯などを北東アジア諸国が共同開催する案も検討するよう提案したという。

情報源: W杯 北朝鮮含む北東アジア共同開催提案=文大統領がFIFA会長に(聯合ニュース)

いやいやいや(笑)
FIFAはW杯が毎回赤字続きという事も関係しているのか
ここ最近共同開催を推奨している節もあり
それを受けてか実際に男子では2026年杯で
アメリカ、メキシコ、カナダの共同開催で立候補する動きもあります。
韓国の大統領が2030年の男子のW杯招致で
北朝鮮、韓国、中国、日本の共同開催をも匂わせるような発言をしていて
その共同開催という流れが女子にも来ているようです。
FIFAの会長が北東アジアの共同開催を検討しろと。
それはちょっと。。(笑)

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter