猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

06月

FIFA女子W杯2023 日本招致活動から撤退&豪・新の共同開催決定

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
元気ですかー!!

暑かったり涼しかったり、ムシムシしていたり
確実に夏に向かっているようには思えますけど

うぉーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

今年は大好きな海にも行けないと思うと
ぬぉーーーーーーー!!ってなってきています。

職場からも遠まわしに「行楽とかは控えろよ」という圧力がかかっていて
いま、全部キャンセル予定です(笑)

なでしこリーグも来月から開催される予定ですけど
観客入れ始めたら自分が行けるのかどうかというのも含めて
考えなければ。

さて、先日JFAが2023年女子W杯の日本招致から撤退する事が投票3日前に発表され
25日に国際サッカー連盟(FIFA)は、オーストラリアとニュージーランドが2023年女子ワールドカップの開催地になることを発表しました。
コロナの状況、ブラジルの招致撤退を考えて
最低でもアジア地域での開催が日本代表にも利益があるという意味での日本撤退でしたが
個人的には非常に残念です。
だからといって2023年に確実に大きな大会が開催可能かどうかという
見えない未来のために投資するなら目の前の代表やプロリーグに投資するという方向性も
悪くは無いのかなという風に思っています。
2023年に開催と考えると、
通常は2022年にはU-20大会を開催します。
ということは来年2021年にはスポンサーをはじめ
会場の手配、各国を受け入れる合宿地などを決めていかねばなりません。
冷静に考えるとなかなか難しい課題だったと思います。

今回開催国に決定したオーストラリアとニュージーランドにはおめでとうと言いたいです。
両国は現時点ではコロナの抑え込みに成功している数少ない国ですし
最も適した国の一つとも言えます。
開催時に我々が現地に行くためには
日本は当然ながら、全世界でコロナが終息していなければ
難しい大会とも言えるのでいい方向へ向かっていて欲しいなと。

 

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は6月22日(月)、臨時理事会を開催し、
開催国として立候補している2023年のFIFA女子ワールドカップの招致から撤退することを決定しました。
まずは、これまでの招致活動に多大なるご支援をいただいた
政府、自治体、サッカーファミリー、ファン・サポーターの皆さまに心から感謝申し上げます。

6月25日(木)のFIFAカウンシルでの同大会開催地決定に向け、JFAではさまざまな招致活動を行ってきました。
2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ優勝をはじめ、なでしこジャパン(日本女子代表)は、世界の公式国際大会で3大会連続の決勝進出を果たしています。それだけに今回、招致活動を行う中で、日本が女子サッカーの強豪国として世界から認められ、リーダーとして期待されていることをひしひしと感じました。また、この20年間で、2002年のFIFAワールドカップやFIFAクラブワールドカップをはじめ、数多くのFIFA大会を運営してきたことから、日本の運営能力などを評価する声を多く聞くことができました。開催提案書に含まれた内容に加え、日本各地に建設された最新のサッカー専用スタジアムもまた、日本が招致活動を行っていく上で大きな推進力になったと考えています。

一方で、世界のサッカーファミリーがどのような視点で開催地決定の要素を考えるのか、その時々で変わっていく状況を冷静に見極めていく必要があります。

世界的な女子サッカーの普及や発展ということは当然ですが、より多くの国で大規模大会の開催が可能となる共同開催が近年の世界のトレンドになりつつあります。また、6月8日にブラジルが立候補を取り下げたことが、南米サッカー連盟の票の一本化につながったのは自明の理であり、
既にASEANサッカー連盟がオーストラリア/ニュージーランドへの支持を表明するなど、他の大陸連盟にも大きな影響を与えることになっています。

こういった状況もあり、数多くのFIFA大会を開催してきた日本で女子ワールドカップを開催することは、世界的な普及や発展という観点から賛同を得にくいのではないかという根強い意見がありました。男子とは異なり、年齢制限のないチームで女子の世界一を決める大会は、FIFA女子ワールドカップとオリンピックの2つがあります。新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まったことも感じました。

6月10日に国際サッカー連盟(FIFA)より公表された評価報告書(Evaluation Report)では、日本の提案やサッカーを取り巻く環境を高く評価していただいたと考えています。一方で、オーストラリア/ニュージーランドが日本を上回る評価を得たことも冷静に判断する必要があります。

投票で同票だった場合には評価報告書のポイントで決定されるなど、客観的な評価も大きな要素になります。コロンビアやオーストラリア/ニュージーランドは、女子も含めた年齢制限のないFIFA大会の開催を経験していません。もし、南米や南半球初のFIFA女子ワールドカップとなれば、普及という観点でも非常に大きなアドバンテージとなります。

このようなことを総合して考え、投票直前というタイミングであらゆることを分析すると、今回の招致レースにおける日本の状況は決して楽観視できるものではなく、さらに厳しい状況になっていると言わざるを得ません。今回予想される結果を冷静に見極めながら、今後、長期的な視点で日本のプレゼンスをいかに高めていくか、世界の女子サッカーをリードし、日本としてどのように世界に貢献をしていくのかを含め、戦略的に考え、実行していかなければなりません。

JFAは長年にわたり、指導者派遣なども含めてアジア全域での女子サッカーの普及に取り組むとともに、アジアの女子サッカーを世界レベルに押し上げようと力を注いできました。今回、日本が招致から撤退することによってアジアの連帯を強固にし、アジア/オセアニア地域への招致の確率を高めることもアジアサッカーへの貢献であると考えます。最終的にオーストラリア/ニュージーランドが開催地に決まった場合、時差や環境面においても日本にとってなんら負担や支障になることはなく、同大会で優勝を目指すなでしこジャパンへの大きなサポートにもつながるはずです。

2013年12月のJFA理事会において、2023年のFIFA女子ワールドカップの開催国として立候補することを決議して以来、東京オリンピックや女子プロリーグ設立とともに、この大会を起爆剤に女子の普及と発展を推し進めるべく取り組んできました。招致活動からの撤退は、JFAの招致委員会や理事会などで慎重に熟慮を重ねた上での決断です。

JFAの理念にある通り、私たちは、サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献していく責務があります。
現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスによって日本のサッカー界も大きな影響を受けています。これからも困窮しているサッカークラブなどへの財政的な支援などを継続し、サッカーファミリーが安全に楽しくサッカーができる日常を取り戻していく必要があります。こうした活動やサッカー基盤の整備、SAMURAI BLUE(日本代表)へのサポートとともに、女子サッカー発展のためにWEリーグ支援や普及活動にもより一層力を注ぎ、東京オリンピックでのメダル獲得、FIFA女子ワールドカップ2023優勝に向けてなでしこジャパンを全力でサポートしていく所存です。
サッカーファミリーやファン・サポーターの皆さまにはこの決定をご理解いただき、今後とも変わらぬご支援を賜りたく、お願い申し上げます。

公益財団法人 日本サッカー協会会長
FIFA女子ワールドカップ2023日本招致委員会委員長
田嶋幸三

情報源: FIFA女子ワールドカップ2023 日本招致活動から撤退|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

日本初の女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』が2021年秋に開幕決定

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

あれ?ずいぶん更新してなかった。
ご無沙汰しています!!

みなさんお元気ですか?

暑くなってきましたね。と思ったら梅雨に入ってしまい
せっかくの週末もずっと家にいました。。。

って、4月からずっと家にいるでしょ!!(笑)
もう飽きたよ。。。パトラッシュ。。。#って古い!
家で仕事し始めたらなんか仕事量が増えて
大変なんだよー。パトラッシュ。。うぉぉぉぉおおお!!!

大丈夫です。気は確かです!(笑)

そう!自粛が解けて、久々に甘いものが食べたい!って思って
ミスドに行ってきました。
黒糖ポンデリング最高!(笑)
みなさんも「ずっと食べたかったけど我慢してた!」なんてものはありますか?

さてさて、
みなさんもうすでにとっくにキャッチしていると思いますが
下記のニュースがありましたね。

日本サッカー協会(JFA)は6月3日(水)、オンライン記者発表会を開催し、
2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグの名称とロゴ、
リーグの理念、ビジョン、大会方式を発表しました。
田嶋幸三会長はコロナ禍で社会情勢が不安定な中の発足について、
「議論の末に今こそ踏み切るべきだと結論を出した」と話すと、なでしこジャパンの強化だけでなく、
女性の社会進出やジェンダーイクオリティにも取り組み、さらには新しいスポーツビジネスを打ち出すなど、
社会の変化をチャンスと捉えて生かしたいと力強く話しました。
女子新リーグ設立準備室長の佐々木則夫氏は新リーグ名「WEリーグ」のパネルを手に、
「WEリーグはWomen Empowermentリーグです。
『女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する』という理念を掲げ、
WEリーグの誕生によってこれまでなかった“女子プロサッカー選手”という職業が確立され、
リーグを核に関わるわたしたちみんな(WE)が主人公として活躍する社会を目指す
、という思いを込めました」と話しました。
参入基準においても役職員の50%以上を女性とすることが示されるなど、
まさに女性活躍を体現するリーグを目指しています。

WEリーグは、2021年秋から翌年5月頃までをシーズンとして、
初年度は6~10チームが参加、各チームがホーム&アウェー方式で争うといった
リーグフォーマットも発表されました。
これまで30年以上にわたって日本の女子サッカーをけん引してきた
日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)はWEリーグ発足後も持続し、
アマチュアリーグとして引き続き女子プレイヤーを輝かせる舞台であり続けます。
リーグやクラブの安定に要する複数年間はプロリーグからの降格はなく、
新規参入クラブを受け入れるのみのエキスパンション型(拡大型)を採用していくことも併せて発表されました。

来年夏には東京オリンピックが開催され、
そして今月25日(木)に決定予定の2023年FIFA女子ワールドカップ開催国に日本が選ばれれば、
この2大スポーツイベントの間にWEリーグは満を持して開幕することになり、
女子サッカーの普及と発展の起爆剤となることでしょう。

すべての女の子にプロサッカー選手という夢を。
WEリーグは、すべての女性が輝ける夢の舞台を目指します。

情報源: 日本初の女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』が2021年秋に開幕決定|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

YouTube Preview Image

田嶋会長もお元気そうで何よりです。

リーグ名は「.WEリーグ」で意味は
Women Empowermentリーグだそうです。
いまいちピンとこないっていうのが正直な感想ですが
名前なんてそんなもの。
レベルの高いサッカーをし、話題を提供して
楽しめるものを見せることができれば
名前は育って行きます。
バンドで言えば初めの頃「official 髭男 dism」なにそれ?って感じでしたが
綺麗な歌声で実力があり、認知され売れてくると
髭男って慣れちゃいますよね。髭男ですよ?ひげだん。ヒゲ男ですよ?
悪口じゃないです。自分好きで聞いてるので(笑)
言いたいのはどんな名前でも中身次第でかっこよく聞こえてくるという事^^
どうイメージングしていくのかというのも
プロリーグとしては考えていく必要があると思いますが
中身をともなえば大丈夫b
カッコいいリーグに育ってほしいと思います!

>参入基準においても役職員の50%以上を女性とすることが示されるなど、
>まさに女性活躍を体現するリーグを目指しています。

正直な感想として
こういう縛りはあまり好きじゃないです。
自分は女子サッカーに必要なのは女性職員を増やす事ではなくて
まずは性別関係なく優秀な人材を確保する事だと思っています。
そこに性別は関係ないです。

あとは代表監督に優秀なプロフェショナルをアサインする事。
審判も然り。

そういうな環境が作れれば
女子サッカーに関わる全てのプレイヤーの
試合前、試合中、試合後のパフォーマンスが変わりますし
まずはそこなんじゃないかと。

これ以上書いているとプロリーグについて批判的ではないにしても
反対してるのか?と思われてしまうかも(笑)
反対はしてないですし応援します^^

さて、則さんが女子新リーグ設立準備室長という事は
流れ的にはチェアマンになるのかなと思います。
開幕間際のメディアでの宣伝効果等も含めて考えると
認知度の高い方がやるのはとても良い事だと思いますし適任。

則さん、頼みますよ!

 

これからも少しずつWEリーグについても色々感想を書いていきたいなと思います。

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

2020なでしこリーグ開幕日程再決定!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

皆さんお元気ですか?
なんか湿度上がって、気温も上がってきましたね。

最近、完全にネットでしか社会とつながってない感じになっていますが
緊急事態宣言解除を受けて、
2ヶ月ぶりに外食しました。近くのサイゼリア!
みんなちゃんとソーシャルディスタンス対策してると思うんですけど
広い店がいいなと思って。
時間外して15時くらいに行ったらガラガラでした(笑)これはいい!
自分が行った店は席は4席1グループで一つ飛ばしずつのみ利用可。
オーダーは紙に書いて渡すシステムでした。
とりあえずミラノ風ドリアは食べたし、
ハンバーグも食べました!久しぶり!

さて、浦和レッズレディースは5/27(水)から活動再開!
4/8から休止していたので約2ヶ月弱。
長かったねー。
そしてそして、開幕日程が決まりました!
当初の予定より後ろにずれましたが
7/18(土)です!
本当、再自粛にならない様に社会が動いて
ちゃんと開幕を迎えて欲しいと思います。

第2節までは無観客決定で
3節以降は状況次第。

観客を入れ始めた場合のホームゲームも
対策が必要だとは思いますけど
個人的にはアウェイ参戦に対して
どうなるかっていうのもあります。
首都圏からの長距離移動で感染拡大してもあれですし。
とにかくワクチンができて接種するまでは
世界全体でリスクがあるので
判断して行かねばと思っています。
とはいえ、浦和レッズレディースはもちろん
猶本選手も開幕へ向けて調整を始めていくので
盛り上げていきたいですね。
まずは開幕へ向けて万全のネット配信を準備してもらって
自宅で熱くなりたいと思います!

日本女子サッカーリーグは、「2020プレナスなでしこリーグ1部」、
「2020プレナスなでしこリーグ2部」および「2020プレナスチャレンジリーグ」の開幕の日程を、
下記の通り決定いたしました。

■2020プレナスなでしこリーグ1部
■2020プレナスなでしこリーグ2部
開幕日:2020年7月18日(土) ※開幕から2節は無観客試合にて開催。
3節以降の開催については、感染拡大状況などを鑑み、決定いたします。
※開催日、対戦カード、キックオフ時刻、スタジアムについては未定です。決定次第お知らせします。

■2020プレナスチャレンジリーグ
開幕日:2020年8月22日(土)
※お客様をお迎えしての開催か、無観客試合かについては感染拡大状況などを鑑み、決定いたします。
※開催日、対戦カード、キックオフ時刻、スタジアムについては未定です。決定次第お知らせします。

情報源: 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部/チャレンジリーグ 開幕日程決定のお知らせ | ニュース | 日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト

 

では最後に柴田選手!よろしくお願いいたします!
YouTube Preview Image

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

猶本選手動画あり【アプリ】ホームチームヒーローチャレンジで寄付!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

緊急事態宣言解除されましたね。これで全国解除。
自分は引き続き秋ぐらいまでリモートワークらしいので
ずっと家にいます^^;
二か月引き篭もってるなんて
性格まで変わりそう(笑)いや、あと4か月この生活が続くのか。。
部屋のレイアウトを変えたり
新しい事を始めようかと思います。
解除で外に出る機会が多くなった方々も
くれぐれもお気を付け下さい!

さて、そんな中猶本選手がインスタで
アディダスのアプリを紹介していました!
このアプリ、トレーニングをした分
コロナのCOVID19Fundにアディダスが寄付する仕組みになっているようです。

引き篭もっている自分にはモチベーションとなるアプリになりそうです。
早速ダウンロードしてウォーキングで稼ごうと思います^^

猶本選手のインスタを貼りますが
その下にリンクを貼っておきましたので
リンク先に飛んでみなさんもDLしてみてくださいませ^^

↓下記ページに各OSの各アプリをインストールできるリンクがあります。

アディダスランニング&トレーニング詳細ページはこちら>>

 

 

ご訪問時一日に付きどれか一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter