猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

ニュース記事【なでしこLカップ2018 第7節】vs日体大FIELDS横浜

ニュース記事【なでしこLカップ2018 第7節】vs日体大FIELDS横浜

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

6/23(土)に行われたF日体大戦のニュース記事が
ありましたので共有します!

白木星が2ゴールも、2-2のドロー決着に
 

土砂降りの試合はまさかの引き分けとなった。

なでしこリーグカップ1部Aグループ第7節が行われ、浦和レッズレディースはアウェイで日体大FIELDS横浜と対戦した。

(先発メンバー)
GK松本真未子
DF遠藤優・長嶋洸・高畑志帆・長嶋玲奈
MF白木星・塩越柚歩・佐々木繭・大熊良奈
FW吉良知夏・清家貴子

(交代)
86分MF白木→FW安藤梢
86分MF大熊→FW菅澤優衣香

試合は30分、ゴール中央からMF大熊良奈のシュートのこぼれ球にMF白木星がつめて、浦和が先制。後半の立ち上がりに追加点を奪おうと攻め上がる浦和だが、日体大に少ないチャンスをモノにされる。58分、67分といずれもセットプレーから頭で決められ、立て続けの2失点で逆転される。そして迎えた83分、MF佐々木繭がGKとDFの間に浮き球のパスを通すと、MF白木が右足で押し込み、同点に追いついた。アディショナルタイムを合わせて残り11分、浦和は猛攻を仕掛けるも及ばず、2-2の引き分け。2試合連続のドローとなった。

前節のホーム・アルビレックス新潟レディース戦から先発を10人変更。出場機会の少ない選手には絶好のアピールの場になるはずだったが、降り続く雨、ピッチコンディションの悪さも手伝い、ズレがさらなるズレを呼んでしまった。

それでも前半は良かった。特に右SB遠藤優が効果的なオーバーラップを何度も繰り返し、攻撃の起点となった。また、久しぶりの先発出場となったDF高畑志帆のヘディングシュートも光った。FW清家貴子の突破でもチャンスを作った。

ただ、肝心のゴールが入らなかった。バー直撃、ポスト直撃とどうも相性が良くなかったようだ。前半はシュート11本ながら、得点は1点。こうなると浦和に焦りが生まれ、日体大には「なんとかなる」という希望を与えてしまう。

後半に入り、56分にはFW吉良知夏のパスに飛び出したFW清家がGKと1対1となったが、外してしまう。その直後だった。日体大のカウンターをファウルで止めたあとのセットプレーで失点。追いつかれた浦和は攻めに攻めるが、この1点を死守すべく、ゴール前をがっちり固められて攻めが停滞。

すると67分にCKから失点。9分間でセットプレーから2失点を喫した。

その原因について。

「一瞬集中が切れてしまった。決め切れない時間が長く、ダラっとしてしまったのは間違いない」(塩越)

「ちょっとのズレがミスや失点につながってしまった。守り切る点でも甘かった。」(遠藤)とそれぞれ分析。

付け加えるならば、試合勘、あるいは試合体力の不足。攻め疲れによる戻りの遅さが失点を招いてしまった。

86分にMF白木が決め、同点となったが、それ以前に決めるときにきっちり決めなければ、勝てる試合も勝てない。そのことをあらためて思い知らされる試合となった。

≪石原孝尚監督≫
(メンバーを大幅に入れ替えましたが)チームとして、公式戦の中でどのくらいできるか。また、日体大相手にきょうのメンバーが効果的だと考えた。その点で狙いはできていたが、あとは勝ち切ること。選手たちの関わりや仕掛けの部分は良かった。立ち上がりから良かったが、決めるときに決めなければならない。もう少し守備や攻撃での集中が必要だった。セットプレーなどのワンチャンスをモノにされたが、下を向かず次につなげていきたい。

情報源: 試合レポート|2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第7節 日体大FIELDS横浜戦=試合展開、コメント|レッズプレス!!

上記記事へのリンク先には
白木選手、高畑選手、塩越選手、遠藤選手、大熊選手のコメントが掲載されています。
ごらんください!!

W杯日本勝つぞ!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

 

« »

コメント

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。
    セネガル戦の後、少し落ち着いてからコメントしています。既報通り、湘南新宿ラインで保土ヶ谷に向かいましたが、着いたらもう屋根付きで座れる席はありませんでした。(笑)
    さて試合ですが、これってどういうスタンスで石原監督は臨んだんですかね?(勿論、反対意見で言っている)
    確かに、決勝進出の目が殆どなくなった、カップ戦は若手・サブメンバーの起用によってチームの底上げを意図する、そういうスタンスですよね、きっと。
    それはそれで良い。だけどあのスタメンは無い。
    このメンバーで出来ることを模索した?これアウェイだけど勝つ気あったんかな?
    遠藤選手の頑張りは嬉しかったし、大熊選手のポテンシャルも垣間見えた。だけど違うよね、これ。
    石原さんでは限界が見えたかな。彼の采配には、
    ”動くのが遅すぎる”というのが、気になっていた部分ではあったけれど、それ以上に気になる部分が出て来た感じかな。
    ボランチどうすんの?柴田で行くの?塩越をそこで育てるの?はたまた長野を呼び戻すの?(無いな)
    はっきり方向性を示して欲しいですね。(怒)

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは。いつもありがとうございます!
      もうW杯見過ぎで寝不足が続いています。
      さすがに3時からの試合のリアルタイムは控えていますが(笑)
      さて、日体大戦ですが、私も結果記事で書きましたが
      監督の勝利を捨てた采配にはがっかりしています。
      ターンオーバー的なスタメンでしたが日体大に勝つという目論見でやっていたのか
      最初から捨てていたのかという点は大きな問題だと思っています。
      スタメン組の中に控え組を入れてバランスをしっかり保たせながら勝ちに行かないと、
      単なる経験積みでリーグ後半戦に繋がるかどうか不明な試合だったと思いますし
      単なるガス抜き的な起用にも感じました。本当の意味での底上げになるかは今後わかると思いますが
      リーグ後半戦で絶対やらないスタメンでの試合は意味が無いんじゃないかと思っています。
      たぶんたっきぃさんも同じなんじゃないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。