猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

結果【なでしこL2018 第6節】vsINAC神戸レオネッサ

結果【なでしこL2018 第6節】vsINAC神戸レオネッサ

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

5/12(土)浦和レッズレディースはホーム駒場で
INAC神戸レオネッサと対戦しました!

まずは結果から

18.05.12 プレナスなでしこリーグ1部 第6節 vsINAC神戸レオネッサ 試合結果

5月12日(土)に浦和駒場スタジアムにて行われました『2018プレナスなでしこリーグ1部 第6節 vsINAC神戸レオネッサ』の試合結果をお知らせします。

2018年5月12日(土)14:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 2-4(1-3) INAC神戸レオネッサ
得点 1分 京川 舞(I神戸)、25分 菅澤優衣香、27分 京川 舞(I神戸)、45+1分 杉田妃和(I神戸)、59分 菅澤優衣香、62分 髙瀬愛実(I神戸)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田(→HT 松本)
DF 栗島、長船、南、木崎(→58分 北川)
MF 柴田、佐々木、猶本、加藤(→78分 清家)
FW 菅澤、安藤
SUB 遠藤、塩越、吉良、高橋

観衆 2,114人

情報源: 浦和レッズレディース | URAWA RED DIAMONDS LADIES

■浦和システム4-4-2

___安藤__菅澤___

加藤________柴田

___猶本__佐々木__

木﨑__南__長船_栗島

_____池田_____


■神戸システム4-4-2

___京川__増矢___

仲田________杉田

__伊藤__中島___

鮫島_守屋__三宅_高瀬

_____武仲_____

 

■1分
神戸SB高瀬選手から前線に入ったボールを
長船選手がクリアし猶本選手が横の柴田選手へヘッド。
これを受けきれずこぼれを仲田選手が拾って
中へ入っていき、中央増矢選手→京川選手へ。
京川選手が枠右上へシュート。
これが決まる。

浦和失点。

0-1(ーー;)

■10分
左木﨑→菅澤→安藤選手と繋ぎ
裏へ抜け出そうとした猶本選手へ
安藤選手がパス!
このパスをブロックしようとした守屋選手の腕に当たりハンド。
→中央2FK。キッカー猶本選手。
低いボールで直接狙った!!
相手に触れてコースがずれてポストに当たってライン割る。
→CKキッカー猶本選手。
ゴール前南選手ヘッドも外。

■19分
加藤選手が中央でカットし安藤選手へ。
カウンター!
安藤選手!!
ドリブルで上がるもボールが足に付かず
バックパスに切り替えたが相手ボールに。
ぐぉーーーーーーー

■21分
浦和ゴール前攻め込まれるも防ぎ
長船選手が前線へフィード。
安藤選手を飛ばして菅澤選手へ。
菅澤選手ドリブルで上がる!
鮫島選手に寄せられるが負けない。
ドリブル!
シュート!!も上外。

■25分
左-2で菅澤選手がファールを受けFK。
→キッカー猶本選手。
ゴール前の菅澤選手に合わせた!
菅澤選手、うまく合わせた!!
左隅枠!入った!!!
ゴォィォーーール!!!!!

よっしゃーーーーーーーー!!!

1-1同点。

振出しに戻った!
ここからここから!

■28分
左サイドで木﨑選手カットされ
サイドで持ち込まれるが木崎選手戻ってカットも
増矢選手に渡りシュート打たれる。
池田選手ブロック!
しかしこぼれを京川選手に押し込まれ
浦和失点。
1-2浦和ビハインド。

もーーーーーーー。

同点に追いついてここからという時に
やられたのは痛い。

■33分
左-2加藤選手がファールを受けFK。
キッカー猶本選手。
直接狙う!がGK正面。

■35分
右サイドスローイン。
猶本選手がスペースに走る!
バウンドしたボールをDFが処理しきれず
猶本選手裏から中へ抜けてシュートを狙いに行くが
DFとGKに寄せられ触れられない!
しかし、ボールはゴールへ転がる!
高瀬選手がクリアしCK。
→右CKキッカー猶本選手。
ファー安藤選手が折り返して
中央長船選手!シュート!
ヒットしない。ぐぉーーーーーーーー!!
→カウンター食らう。やばい。
増矢選手が深くまで持ち込み
ゴール前の京川選手がシュートに行く。
あーーーーーーーーーーーーーー
柴田選手が足を出してクリアした!
ナイス!
→浦和カウンター!
猶本選手がドリブルで上がり
菅澤選手へパスもカットされる。

■38分
栗島選手から前線菅澤選手へ。
菅澤→安藤選手と繋ぎ
左サイドを上がって裏を狙った加藤選手へスルーパス!
通った!!あっ。オフサイド判定。
いやー向こう側の守屋選手を視界に入れて観てると
ギリオフサイドじゃなかったように見えたけど
難しい判定かな。
審判がDFライン上に立って判定してくれれば
そうなんだろうな。とより納得感が増すが。

■42分
菅澤選手が収めて中央へバックパス。
猶本選手左足シュートも上外。

■45+1分
神戸左CKキッカー中島選手。
中島→鮫島→中島選手と戻して
ゴール前へ。
浦和完全ボールウォッチャーになって
杉田選手をドフリーにする。
頭で合わせられる。
池田選手飛び出すが先に触られ失点。
1-3浦和ビハインド。

前半終了。

■HT
2点を追いかける展開だったが
GK交代とは。池田選手怪我?
勝つには3点必要だ。清家入れてくれ。

池田OUT 松本IN

___安藤__菅澤___

加藤________柴田

___猶本__佐々木__

木﨑__南__長船_栗島

_____松本_____

■54分
神戸。左サイドのスペースにボールを出す。
中島選手が全力で受けに走る。
南選手交わされるのを恐れてかボールに行かない。
深い位置でクロスを上げられる。
ファー。神戸がヘッドで後ろに流し
伊藤選手がシュート。
ポスト!
ぐぉーーーーーーーーーー!!

あぶなーーーーーーー

■58分
木﨑OUT 北川IN

___安藤__菅澤___

加藤________柴田

___猶本__佐々木__

北川__南__長船_栗島

_____松本_____

■55分
神戸が前線裏へパス。
オフサイドにひっかからない位置から増矢選手が追いかける。
浦和DFこれに気づかず追わない。
松本選手が飛び出すべきだったか。
GKとDFの連携が。。。

■59分
栗島選手ゴール前クロス!
菅澤選手が競るが神戸にクリアされたこぼれがファーに流れる。
加藤選手がクロス!
ゴール前菅澤選手ヘッド!
決まった!!!!
ゴォィッォィl-----ォィーール!!
2-3浦和ビハインド。

■62分
神戸右CKキッカー中島選手。
ショートコーナ―で中島選手に戻し
中へ速いクロス。
ファーに行ってしまい、高瀬選手がダイビングヘッド。
浦和失点。
2-4浦和ビハインド。

勝つには3点必要だ。清家入れてくれ。

■65分
菅澤選手が収めてサイドを走る猶本へ。
そして猶本選手から安藤選手へ。
安藤選手ドリブルで上がる。
寄せられる。
シュートもブロックされこぼれに
猶本選手が走っていたがライン割る。

■71分
勝つには3点必要だ。清家入れてくれ。

■74分
栗島選手が左裏にフィード。
菅澤選手が収める。
当たられても負けない。キープ。
走りこんできた栗島選手にパス!
チャンス!!栗島選手クロス!!
中で神戸クリアミスも詰め切れない。
ぐぉーーーーーーーーーー

■78分
加藤OUT 清家IN

___安藤__菅澤___

柴田________清家

___猶本__佐々木__

北川__南__長船_栗島

_____松本_____

■82分
清家選手から前線菅澤選手へ。粘ってCKへ。
→右CKキッカー猶本選手。
ゴール前長船選手ヘッドもうまく合わない。

■89分
右CKキッカー猶本選手。
いいボール入ったが・・・

試合終了。

2-4で浦和レッズレディース敗戦。

 

猶本選手は中島選手とマッチアップし
奪い奪われながらもキープ力を見せる部分もありました。
前節日テレ戦と比較するとポジションも修正されていて
佐々木選手との距離感もよかったと思います。
また、FKで菅澤選手の得点を演出しましたし
CKの精度も上がってきていることは間違いない。
中盤での寄せも感覚で言うと80%ぐらいは
しっかりできていたと思います。
しかし、サポーターとは欲張りなもので
いくつか激しく行って欲しいシーンがありました。
90分間あの目まぐるしい中盤で
常にプレスかけ続けろというのは酷な話かもしれませんが
守備面ではそこを出来るようになる事で次の階段を登れると思います。
一つ出来ればまた一つやって欲しい事が増えていきます^^;
関連する運動量はトレーニング次第ですが
寄せるポイントは少し意識するだけでさらに変わっていくと思います。
ビデオ見てここもっと強く寄せるべきだったかなという所を
見つけて吸収して欲しいと思います。

さて、試合全体について

まず、前節に続いて開始早々の失点。
クリア後に仲田選手に取られ中に入られ
佐々木選手が逆を取られたような形になったが
猶本選手は仲田選手の横を切るんじゃなくて
ゴール前でブロックポジションを取るか
寄せに行くべきだったかなと思います。
さらに縦に入れられた後
京川選手にファーにシュートを打たれ
GKの池田選手はその場で手を伸ばすだけではなく
飛ぶ反射が必要。

その後は浦和も落ち着いて
中央に当ててワンタッチでサイドに開いて
クロスでゴール前に迫力を持たせようとしていました。

25分。
猶本選手のFKから菅澤選手のゴールが生まれました。
最近猶本選手のキックも良くなってきましたが
菅澤選手がしっかり合わせてくれました。
決して簡単なゴールではなかったと思います。
菅澤選手じゃなければあの角度は枠外だったと思うので
あそこに蹴りこんだのは練習の中で話し合っているのかなと感じました。
#実際は不明です。

これで同点。
しかし、この「同点になって振出しに戻った!」というこれからという時に
すぐさま失点してしまうという。。なんてこった。。
そしてさらに前半ATにマークを完全に外しセットプレーから失点。

1-3となり後半頭から清家選手投入と思いきや
池田選手を交代。
怪我したかな?と思いましたが
コメントを見ていると怪我ではなく単なる交代だったようです。
確かに3失点していますが、いずれも
池田選手だけの責任ではないので
この懲罰的な交代はどうなのか。

GKとDFラインの連携を修正するための策ではあるとは思います。
で、ベンチを見てみると。。。。
高畑選手が前節の日テレ戦で負傷しベンチ外にもかかわらず
控えにCBがいないという状態だったので
GKの交代という荒療治選択をしたのだろうか。

しかし、スコアは1-3。

そこに交代枠使うって。。。

これはカップ戦じゃない。

交代枠は3人。

攻撃的でわくわくするサッカーをするんじゃなかったのだろうか?

こういう懲罰的な交代は他の選手へのメンタルに影響が出る事が多い。
思いもよらず起用された松本選手は試合に入っていけなかったのか
落ち着きがなかったようにも感じました。
絶対やっちゃいけない系のパスを出したりと
かなり硬く、DFへの声掛けの問題もあると思いますが
連携もうまく行かない部分がありました。

これで交代枠は残り2つ。

その後58分にSB北川選手投入。

しかし3枚目清家選手は78分。
遅い・・・

個人的にはもっと早い投入でいいと思っていますが
この試合の流れからすれば
どんなに遅くても62分の4失点目時の直後に
清家選手か高橋選手を投入すべきだったと思います。

30分あれば清家選手を活かした裏への攻撃を
数回はできたと思います。
12分ではチャンス機会も少ない。
案の定、清家選手投入後しばらくは
清家選手を走らせるボールを全然出せない状態でした。
あともう一つ。
あの状況で清家選手は安藤選手との交代でトップか
もしくは加藤選手との交代なら
清家選手はサイドではなく
安藤選手をサイドにしてトップで使うべきだったと思います。

怪我でもないのにGK交代でカードを使った事で
3点取らなければならない状況で
さらに攻撃的な手を打てなかった。

チーム自体のビルドアップ、攻撃へのスイッチ
ワンタッチで繋ぐ連携などについては
第3節千葉戦から比較すると
かなり修正はされてきていると思っていますが
やっぱり采配がうまくないなと感じます。

まずは普通にやって欲しいと。

強い相手だったとはいえホーム3連敗。

次節もホーム駒場。相手は長野。
ここで勝たないとかなりきつくなるので
選手はいつも通り全力でやるとして
監督もスタメン、交代枠とたのみます。

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • ラッキー8 より:

    きよさんこんばんわ
    今回もマッチリポートありがとうございます
    浦和はベレーザに続いてINACにも力負けしてしまいました
    この試合のスタメンでINACと対等にやり合えていたのは
    栗島選手、猶本選手、加藤選手、菅澤選手の4人だけでした
    他の選手ははっきり言ってINACの選手たちに負けていました
    ここを改善しない限りINACとベレーザに勝つのは難しいと思います
    あとこの試合では猶本選手にどうしても直して欲しいプレーがありました
    それは前半終了間際に猶本選手が思わずボールに手を出してハンドを取られた場面です
    結局そこからINACに繋がれて最後はショートコーナーから杉田選手に決められてしまいました
    もし猶本選手がハンドをしなければあの失点は無かったかもしれませんし
    1-2のビハインドだったら後半浦和が追いついてドローで終われたかもしれません
    猶本選手はアルガルベカップのアイスランド戦でも自陣ゴール近くで同じようなハンドがありました
    あの時は相手の得点に結びつかなかったから良かったですが
    もしあれが原因で失点していたら代表から外されていたかもしれません
    この思わず手を出してハンドをしてしまう癖は絶対に直してもらいたいです
    このまま放置していたら例えばW杯のもの凄く大事な試合でその癖が出てしまって
    それが原因で負けてしまうという事も起こり得ます
    そうなったら猶本選手にとってもチームにとっても悔やんでも悔やみきれない事になってしまいます
    INACの高瀬選手は自陣ゴール前で相手と対峙する時は手を後ろに組んでハンドをしないようにしています
    猶本選手もそれを見習って特に自陣ゴール近くでは手を後ろに組む癖をつけた方がいいと思います

    • きよ より:

      >ラッキー8さん
      こんばんは!遅くなりましたmm
      ハンドの件、あんまり気にしていませんでした。^^;なるほど、、まだ甘い自分。。。
      確かに一つのプレーで局面が変わる可能性もあるので後悔の無いようしてもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。