猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【AFCアジア杯2018】優勝後セレモニーなどなど。。

【AFCアジア杯2018】優勝後セレモニーなどなど。。

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

AFC女子アジア杯ヨルダンを
なでしこジャパンは優勝という形で終えました。

国内合宿に入ってから猶本選手はツイートを一度もせず
代表活動に集中していたと思いますが
大会が終了し4/22に猶本選手が久々にツイートしました!

 

ど真ん中!!
優勝して喜んでいる姿を見ただけで多少は救われます。

約一か月の代表活動期間お疲れ様でした!
与えられた試合でベストを尽くして
いいパフォーマンスを見せてくれたと思います!
ナイスプレーでした!^^/

さて、本大会、チームとしてGL3試合、
決勝トーナメント2試合、計5試合を戦う中で
猶本選手はベトナム戦の90分のみの出場でした。

普段猶本選手のプレーを見ている方はお分かりになると思いますが
ベトナム戦ではコンディションも、ボランチとしての
ポジショニングやDFラインからのボールの受け方や
スペースを作る動き、スペースを埋める動き
前への飛出し等非常に出来が良く
いいバランスでプレーしていました。

しかし、その後の試合では起用されず。
ラッキー8さんからもコメントをいただきましたが
私も猶本選手にとっては
「いい経験とチームとして優勝という結果」を残しはしましたが
悔しい大会になったと感じています。

高倉監督が就任してからというもの
猶本選手がいくらいいプレーをしても
その次の出場機会を与えてもらえない。
今回でいうとベトナム戦でのパフォーマンスを評価して
さらに強度のある相手の試合で
チャンスを与えてもらえませんでした。
ここまでずっとそうです。
監督のお気に入りの選手は結果を出せなくても
何度も何度も試されました。
その中で結局ものにならず代表から外された選手もいます。
その選手らと比較すると猶本選手がステップアップする機会を
与えないというやり方はサポーターとしても非常にストレスがたまっていますし
猶本選手がどう思っているかはわかりませんが
モチベーションをどう保つか難しいと想像しています。
他の選手と同様の機会を与えてもらいたい。
それで猶本選手が結果を出せないなら
猶本選手自身も体感した事を元に
どこへ向かって行けばいいか明確にわかると思います。

今回、高倉監督は就任当時から直前のアルガルベカップまでの戦い方を諦め
守備的に戦い、耐えて後半勝負するという選択をしました。
今までが全て無駄だったとは決して思いませんが
世界との戦い方を導き出すためにずいぶん遠回りしたと思います。
しかもこれはアジア大会。
今回の戦い方は監督の本意ではないと思いますので
ここからW杯までの1年間、またポゼッションサッカーを
求める旅に出るのではないかと思われますが
猶本選手にもしっかりチャンスを与えてもらいたい。
選手としての可能性を潰さないでもらいたい。

もちろん猶本選手はこれからも
自分自身に厳しく上を目指して行ってくれると思います。

それがツイートされた
もっともっと前へ、」という言葉に込められていると受けとっています。

がんばれ!!猶本光!!!

 

題名とだいぶずれた内容になってしまった(苦笑)

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • 川崎のひでちゃん より:

    キヨさんへ
    いつもありがとうございます。猶本選手が出場機会を与えられず、大変残念でした。高倉監督交代もあるかなと思ったら・・・強運の持ち主ですね。
    でも猶本選手は大したもんです。「もっともっと前へ!」へこたれてませんね。そう、高倉監督の下、どうしたらでれるのかを考えた方が良いのです。
    サッカー知識はありませんが、経営的に考えて、現状の選手層そしてWCやオリンピックの試合日程とかメンバー数を見ると、ボランチ能力に偏っただけの選手は起用しづらいと思います。ボランチ能力の更なる向上はもちろんですが、常にポジションチェンジが行われるなでしこサッカーでは、ドリブル・フェイント・シュートなどをもっと磨き、どの局面でも、どのポジションでも、能力を発揮できる選手にもう一皮むける必要があるかもしれません。
    いろんな意見があるとは思いますが、猶本選手の潜在能力を信じて、これからも応援していきたいと思います。
    頑張れ!猶本選手。

    • きよ より:

      >川崎のひでちゃんさん
      こんばんは!いつもありがとうございます!
      (笑)高倉監督強運ですね。同意です。
      結局選手達が対策を話し合って考えていたような記事もありましたので
      ある意味高倉監督の自分たちで考えるサッカーは実現していますが
      やはり集まる機会が限られている代表は監督がしっかりコントロールできる方がいいんじゃないかと思っていますし
      試合で先制された時にどう動くかという点では修正できるか不明です。
      仰る通り連戦の大会でもそうですし特に五輪はベンチメンバーが少なくなるので複数ポジションが出来る事は重要な要素となるのは認識しています。
      猶本選手は器用な選手ではないのですがトップ下やSH等もハイレベルでやれるようにならないとですね。
      その前にボランチで試合に使ってもらいたいですし、猶本選手としては使われるよう信頼を得ないといけないです。
      今後も精進してかならずやってくれると信じて私も応援していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。