猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【アルガルベカップ2018】まとめ~その2~

【アルガルベカップ2018】まとめ~その2~

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

早くなでしこリーグの話に移りたいのですが
昨日に引き続きアルガルベカップのまとめです(笑)

昨日は戦った4試合の簡単な振り返りをしました。
そこで大会を通して高倉監督の起用法にこだわりや偏りを感じていたので
各試合の出場時間を数値にしてみました。

GL1戦目:オランダ戦
GL2戦目:アイスランド戦
GL3戦目:デンマーク戦
順決:カナダ戦

(単位:分)

選手名 GL1 GL2 GL3 順決 合計
GK 山根 恵里奈 0 0 0 0 0
池田 咲紀子 90 0 90 0 180
山下 杏也加 0 90 0 90 180
DF 鮫島 彩 90 0 90 90 270
宇津木 瑠美 0 90 31 32 153
熊谷 紗希 0 90 90 90 270
高木 ひかり 45 90 0 20 155
大矢 歩 0 27 0 0 27
三宅 史織 45 0 90 0 135
清水 梨紗 45 90 45 25 205
市瀬 菜々 90 0 59 90 239
MF 阪口 夢穂 90 0 90 90 270
有吉 佐織 45 0 45 45 135
中島 依美 70 20 68 58 216
猶本 光 0 90 0 0 90
増矢 理花 20 63 22 0 105
隅田 凜 90 70 0 90 250
長谷川 唯 90 27 90 90 297
FW 櫨 まどか 45 0 0 0 45
菅澤 優衣香 0 63 0 58 121
岩渕 真奈 20 90 90 90 290
横山 久美 45 77 45 0 167
田中 美南 70 13 45 32 160

パッと見わかりにくいのでグラフ化してみます。

選手毎に合計出場時間とその内訳がわかるようにしました。
アルガルベカップは中一日3試合、中二日1試合の合計4試合という
短期間でかなりタイトな日程で行われた大会です。
この日程や高倉監督がいう同じレベルのチームを2チーム作りたいという話から
2試合分の時間である180分に赤点線を引き、ここを目安として
グラフを見ていきたいと思います。

パッと見わかるように赤点線を上回っている選手が
高倉監督の考える主力、お気に入りメンバーと思われます。
左から(敬称略)
DFは鮫島、熊谷、清水、市瀬、
MFは阪口、中島、隅田、長谷川
FWは岩渕

4試合すべて起用されているのは
清水、長谷川、岩渕、田中美選手ら4人。

特に3試合分の270分より多い出場時間を与えられた
長谷川選手と岩渕選手には絶大な信頼を寄せているようです。

また、逆に極端に出場時間の少ない選手は大矢選手と櫨選手。

ここから今週or来週あたりに発表されるアジア杯メンバーへの生き残りを考えます。
SBの清水選手の怪我の状態もあるので大矢選手の選出はありそうですが
櫨選手は外れる可能性があります。
そうなると誰が代わりに選出されるかという話になります。
順序から言うと先日のなでしこチャレンジメンバーからですが
ポストプレイヤーを求めるなら上野選手ではなく
素直に永里選手を招集すればいいと思いますが
高倉監督にそれが出来るかどうか。

また、当落線上にいるのは
有吉、猶本、増矢、菅澤選手となりますが
有吉選手に対して信頼感があるようで
計画的に45分ずつ起用して代表へのフィットを望んでいたように見えます。
出来が決して悪くなかった猶本選手は
わずか1試合90分の起用で「そんなに使いたくないの?」と思ってしまうほど。
長谷川選手に自由を与えるなら
状況を見てよく動きスペースを埋める猶本選手のようなボランチが必要だと思います。

今回選出されませんでしたが
中里選手と籾木選手もいますので
どう絡んでくるかも注視するところ。

短期間の大会ではターンオーバー制で高倉監督の言うとおり
同じ力のチームが2チーム出来れば理想ですが
状況を打破、DFラインを押し下げれる縦に速い選手等
戦況によって入れるべき特徴を持った選手というのも
大会を勝ち抜くうえで必要になってきます。

少し線は細いがちふれの薊選手や川澄選手など
縦に突破出来てクロスの得意な選手をベンチに入れておくというのもありですが
そのへんのリズムを変えられる選手を選出しないあたり
高倉監督の戦術にはそういう意図や狙いが無いようなので
ちょっと難しいかな。。。
足の速い選手入れた方がいいと思うのですが。。

ではでは
アルガルベカップの簡単なまとめと
アジア杯メンバーの展望でした!

猶本選手が選出される事を
願っています!!!

がんばれ!!!猶本光!!

 

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

 

« »

コメント

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。
    自分は4試合ともライブで全て観たので、頭の中では各選手の出場状況が把握出来ていたつもりでしたが、こうしてグラフにしていただくと、ほう、そうだったかと思えた部分もあって、非常に良い分析でした。有難うございます。
    結婚のお祝いをしてもらった櫨選手ですが、今後はやはり厳しいかな。
    SBについては、自分はやはり高倉さんの当初から頭の中にファーストチョイスとしてあったのは清水、有吉のベレーザコンビだった、と思うんですよ。鮫島選手をCBで起用するのもその一環だったハズでしたが、有吉選手の大怪我で構想が少し崩れてしまった!そんなところだろう、と思いますが清水選手の怪我でまた構想が崩れてしまいましたね。大矢選手は外さないと思います。
    FWは田中、岩渕がメインキャスト、横山選手はどうしてもスタミナの問題があって、スーパーサブ的な位置づけ、怪我の影響もありますが籾木選手はハメ所が無いため、中途半端な起用に終始しているんだと。
    そうすると前線がチビばかりになってしまうため、菅澤選手は怪我さえなければ順当に選ばれます。
    さて肝心の猶本選手ですが、高倉さんにはこれからも主力で使おうという考えは微塵もない、と思います。
    ボランチ陣に不測の事態が起きない限り「保険」のように扱い、3試合あっても2試合に出場するのはかなりの期待薄です。同じ境遇は宇津木選手についても言えることで、チームでの”精神的な部分”には期待しつつも、戦力としては”便利屋”くらいにしか考えていないと思いますね。
    巷では永里、川澄の両選手の待望論がかまびすしいですが、高倉さんという人はかなり頑固ですし、彼等を招集することが世論に屈服したかのような印象を与えるだけでなく、遅ればせながらそれで結果を出されでもした日にゃ、「それ見たことか!だから最初っから呼べば良かったんだ。もう高倉イラね」と更迭論が爆発しちゃいますからね。もう意地でも呼ばないと思いますよ。もし呼んだときは辞意を固めた、と判断して良いと思います。
    それともう一つ、自分はもう阪口選手、要らないと思いますよ。もう既に「決定的な仕事」を出来る選手では無くなっている、と思うし、守備も上手くない、ミスも決して少なくない。10番だから外さない、なんていうのは愚の骨頂だし、それなら剥奪して元の6番に戻せばいい、そう思いますがね。本人が着けたがっている岩渕選手に替えたらいいんじゃないですか?
    そしたら勿論8番は猶本選手に!が根底にあるのは否定しません。(笑)

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!コメントありがとうございます!私も頭の中では状況を把握できていたのですが
      グラフにすると漠然とした「こうなんだろうなー」という事が明確に見えてきて「あーやっぱりそういうことか」と思いました。
      高倉さんの個人的なプライドとかは代表にいらないのでフラットに状況を見極めてもらいたいです。
      永里選手と同じレベルで球際戦える選手いないと思いますし。
      髙さもあるのでセットプレーでの攻守でいてもらいたいと思います。
      阪口選手はいい選手なんですけど国際試合、プレッシャーのキツイ相手だと力が発揮できていないのが現状で
      それを打破するための運動量も多くないのでアジアではいいかもしれないですが世界という点ではプレーを考えないときついですね。
      どうにかならないものか・・・
      あとは、多少技術や球際に足りなさがあってもスピードのある選手も欲しい所です。
      高倉さんが監督で続けて行ったとしてある程度強くなったとしても今のところ世界と戦えるチームになる予感が全くしないです(ーー;)
      個を育てているだけでチームを育てていない。選手達が個もチームを育てている割合の方が大きいという現状を見ると
      しっかり戦い方を授けた上でその一歩上のレベルのところで成長を促す監督がいいと思います。
      なかなか低予算でやってくれる一流監督は見つかりづらいと思いますが。。。
      10→6
      8→10
      12→8
      これいいですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。