猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

結果【アルガルベカップ2018】5・6位決定戦vsカナダ女子代表

結果【アルガルベカップ2018】5・6位決定戦vsカナダ女子代表

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!!

3/7(水)なでしこジャパンはアルガルベカップ5・6位決定戦で
カナダ女子代表と対戦しました。

まずは結果から

アルガルベカップ2018 5・6位決定戦 vs カナダ女子代表
2018年3月7日(水) キックオフ時間14:55(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
Estadio Municipal da Bela Vista(ポルトガル/パルシャル)

なでしこジャパン(日本女子代表)0-2(前半0-1、後半0-1)カナダ女子代表

得点
20分 失点(カナダ女子代表)
50分 失点(カナダ女子代表)

スターティングメンバー
GK:山下杏也加
DF:鮫島彩、熊谷紗希、市瀬菜々
MF:阪口夢穂、有吉佐織、中島依美、隅田凜、長谷川唯
FW:菅澤優衣香、岩渕真奈

サブメンバー
GK:山根恵里奈、池田咲紀子
DF:宇津木瑠美、高木ひかり、大矢歩、三宅史織、清水梨紗
MF:猶本光、増矢理花
FW:櫨まどか、横山久美、田中美南

交代
HT 有吉佐織 → 清水梨紗
58分 中島依美 → 宇津木瑠美
58分 菅澤優衣香 → 田中美南
70分 清水梨紗 → 高木ひかり

マッチレポート

アルガルベカップ2018の最終戦、グループリーグを2勝1敗としたなでしこジャパンはグループBの2位カナダ女子代表との5・6位決定戦に臨みました。カナダは現在FIFAランキング5位につける強豪です。連日の雨天はこの日も変わらず、雨が降る中、14:55にカナダ女子代表ボールでキックオフしました。

なでしこジャパンはキックオフと同時に前線からアグレッシブな守備を見せ、ツートップの菅澤優衣香選手と岩渕真奈選手がカナダ守備陣を自由にさせません。これが功を奏し、序盤から攻守にもリズムが生まれます。翻ってカナダは深追いせず、一旦引いてコンパクトに中盤の守りを固めます。

なでしこジャパンはトレーニングの狙い通り、熊谷紗希選手、市瀬菜々選手のセンターバックからサイドを経由して前線にボールを運んでチャンスを伺います。9分にはこの形から左サイドを突破、序盤からチームの形を出します。振り続ける雨にミスが生まれてピンチを招くシーンもありますが、山下杏也加選手を中心とした守備陣がしのぎます。19分には岩渕選手が中央に持ち込んで思い切り右足を振り抜くもカナダDFのブロックにあい得点とはなりません。するとその直後の20分、カナダのペナルティーエリア内侵入を許すと、打たれたシュートが腕に当たったように見え、一瞬動きが止まったところのこぼれ球を再びシュートを打たれて失点、先制を許します。

追いつきたい日本はその後、守備面でも、失ったボールに素早く寄せて、連続して粘り強く守ります。30分、菅澤選手のポストが潰れたところを中島依美選手が抜け出してペナルティーエリア内にドリブル侵入するも、戻ってきたDFとGKにシュートは阻まれます。

そのまま決定的なチャンスは作れず前半は終了、0-1で折り返します。

後半は有吉佐織選手に替えて清水梨紗選手を投入するも、日本はなかなかリズムをつかめません。降り続く雨のせいか、パスが届かなかったり、攻守に出足が一歩遅い状況が続きます。

すると50分、なでしこジャパンのゴール方向に流れたボールに、熊谷選手が拾って運ぼうとしたところを、相手の足が伸びてきて、突かれたボールはそのままゴールイン。0-2とリードを広げられてしまいます。

反撃に出たい日本は53分、交代で入った田中美南選手が相手を背負ったままうまくターンして前を向くと、追い越した岩渕選手にスルーパスもわずかに届かずシュートには至りません。するとアクシデントが起こります。70分、1対1の守備で好守を見せていた清水選手が相手選手と交錯、負傷交代となります。

意地を見せたいなでしこジャパンは試合終了間際のアディショナルタイム、田中選手がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。このチャンスに田中選手がそのままPKを蹴りますが相手GKのファインセーブの前に得点とはならず、そのまま試合は終了。なでしこジャパンは昨年と変わらず6位で大会を終えました。

この試合の後に行われる予定だったスウェーデン対オランダの決勝はさらに強まった雨の影響で中止となり、両チーム優勝という大会史上初の出来事となりました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
非常に悔しい敗戦になりました。
カナダは世界ランク5位ということで、力があることはわかっていました。
相手が持つスピードとパワーを受けないようにチーム全体で共有して試合に入りましたが、
中盤のボール、ゴール前で守る場面あるいは攻める場面で力負けした感は否めません。
ボールの動かし方はもっと工夫が必要だったと思いますし、
連携をもっと高めないといけないと感じました。
1点を追いかける中でさらに失点したことが大きく響き、
全体的にバランスを崩してしまった結果となりました。
攻撃面でもなかなか相手ゴール前に迫れず、
シュートもほとんど打てなかったことは残念です。

情報源: なでしこジャパン カナダに0-2で敗れ、6位で大会を終える~アルガルベカップ2018~ | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

■なでしこ4-4-2

___岩渕__菅澤___

長谷川_______中島

___隅田__阪口___

鮫島_市瀬__熊谷_有吉

_____山下_____

■20分
左サイドから攻め込まれシュートを打たれる。
そのボールが中島選手の手に当たり
誰もがPKだと思い審判に目をやったところ
こぼれ球を再度シュートされこれが突き刺さる。
PKじゃないとアピールする前に
こぼれをクリアしないといけなかった。

なでしこ先制される。
0-1なでしこビハインド。

■HT
有吉OUT 清水IN

___岩渕__菅澤___

長谷川_______中島

___隅田__阪口___

鮫島_市瀬__熊谷_清水

_____山下_____

■50分
カナダ右サイドの攻撃を長谷川選手がカットするが
油断して横からかっさらわれ
中央にボールが流れたところ
熊谷選手がクリアせず横に運んでしまい
詰めてきた相手にシュートを打たれ失点。

0-2なでしこビハインド

熊谷選手もシンプルにクリアすればよかった。
その前のプレーの長谷川選手も
あの位置で相手が見えていなくて
簡単に奪われたのは軽いプレーだった。

■58分
中島OUT 宇津木IN
菅澤OUT 田中IN

___岩渕__田中___

長谷川_______隅田

__宇津木__阪口___

鮫島_市瀬__熊谷_清水

_____山下_____

隅田選手に代えて宇津木選手ではなく
中島選手に代えて宇津木選手を投入し
隅田選手を右SHで起用。
これを見て高倉監督の「隅田選手SHお試し」という
相変わらず戦況と交代策にセンスを感じない。
2点を追う展開でこれはない。

■70分
清水OUT 高木IN

___岩渕__田中___

長谷川_______隅田

__宇津木__阪口___

鮫島_市瀬__熊谷_高木

_____山下_____
清水選手負傷交代。
自力で歩けずスタッフに背負われてベンチへ下がる。

■90+2分
PAで田中選手がPKをもらう。
自ら蹴りに行くが
読まれて足ではじかれバーに飛んで外す。
おーまいごーーーー!!

そして試合終了。

先制された試合は逆転勝ち0%は問題。

試合全体を振り返って実況の青島氏が
「おしかったんですよね?たぶん。」って
おしくないだろ(笑)

フィジカルもスピードも足元の技術までも
カナダの方が一枚上手だったと思います。

上位クラス相手になると
プレッシャーで好機を作れないのは変わらず。

カナダは先制点後、早々に主力ボランチを下げて
17歳のボランチを起用。舐められたもんだ。
このボランチはまだまだのプレイヤーで
カナダとしてはかなり戦力ダウンしていただろうに
なでしこは中盤での主導権も握れませんでした。
この連戦の中でのコンディションの関係もあると思いますが
この日の阪口選手はいいとは言えない出来だったかなと。
10番を下げる事は監督としては難しいのかもしれないですが
機能していない時は意地になって固執せず
下げるという采配も必要。
もしくはシュートやヘディングの強さを期待して
前に持ってきても良かったかなと。

アイスランド戦で清水選手のパスに反応して
ゴールを決めた菅澤選手も下げてしまうし
2枚の交代カードを残していたが猶本選手起用されず。
猶本選手はまだまだ絶対的な結果を出していませんが
出場機会を与えられない程悪くないと思います。
少なくともこの日の阪口選手のコンディションや出来からすると
後半残り15分でも出場機会を与えてもらいたかった。

さて、この敗戦も残念ですが
この大会で明るい材料だった清水選手が負傷してしまい
非常に残念。
あの様子だとアジア杯は厳しいかもしれない。
厳しいな。。。くっ。
この大会は右SB清水選手のプレーに光を見出した感があったので
軽い怪我であってもらいたい。

なでしこジャパンカナダに敗戦でアルガルベカップ6位で終了。

昨年と同じ順位だがこれをどう捉えるか。

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • ラッキー8 より:

    きよさんこんばんわ
    この大会での猶本選手はアイスランド戦1試合だけの出場に終わりました
    なぜ猶本選手を1試合だけしか使わなかったのか記者の人たちはぜひ監督に聞いてもらいたいですね
    僕は4試合すべて観ましたがアイスランド戦のスタメンが一番可能性を感じました
    ボランチも猶本選手と隅田選手の組み合わせが一番良かったと思います
    順位決定戦では監督がグループリーグ3試合を見て選んだベストメンバーがカナダに完敗しました
    監督はこの結果を厳粛に受け止めてこれまでの選手選考や起用方法を見直すべきです
    もしそれが出来ないならまた同じ事を繰り返すだけなのでもう監督を辞めてもらいたいと思います

    • きよ より:

      >ラッキー8さん
      こんばんは!アイスランド戦はあの時のなでしこのメンタルを立て直した試合だっと思います。
      仰る通り、隅田、猶本ダブルボランチは今大会の組み合わせで一番バランスが良かったですよね。
      高倉監督はそれを受け止める事は出来ないと感じています。
      優秀な監督に代われば今のメンバーでも違うサッカーが出来ますし
      協会が動けるのか、注視して行きましょう!

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。
    全部の試合が終わるまでコメントはしませんでした。
    そういう立場ではないですが総括でコメントさせてください。
    そもそも何度か触れているように、たっきぃ自身高倉監督を既に見限っていますので、殊更批判を展開したところで意味がないのですが。
    この戦術も連携の醸成も進めようとしない監督の下で結果が出るハズもなく。自分が猶本選手を評価しているから、でなくとも隅田選手の起用偏重は甚だ疑問ですし、ましてや猶本選手を差し置いての市瀬選手のボランチ抜擢は「このタイミングで試すことか?」と。
    以前に不貞腐れ気味で「ベレーザのレギュラー中心でメンバーを固めればいいんじゃね?」的コメントを発したと思いますが、ホントそれくらいしか”打開策”が見当たらない末期的症状です。
    きよさんも触れていますが、長谷川選手のフリーダムは唯一なでしこジャパンに”得点の可能性”を感じさせるものですが、長谷川選手のそれは間違いなくベレーザの中でプレーしていて発揮されるもの、に他なりません。それこそ岩清水、清水、阪口、隅田、籾木、たっきぃが評価していない(笑)中里、そして(ベレーザでは)絶対的なエース田中選手らの連動した動きの中で培われ”スタイル”となって力を発揮してきたものでそれがベレーザの圧倒的な強さに繋がっています。
    そんなものが何日間かしか合宿で合わせて(?)いないなでしこジャパンで上手く機能するワケがない。
    自分は決して悲観論者ではない、つもりですが、このままではワールドカップ予選もヘタをすればグループリーグ3位、第5代表決定戦で格下チームとガチ勝負、といった最悪のケースも想定しておいたほうが良さそうです。自分の心配が取り越し苦労に終わることを祈っています。
    猶本選手、お疲れ様でした。高倉をギャフンと言わせてくれ!

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!
      コメントありがとうございます!
      たっきぃさんの仰る通り、日テレのサッカーをやりたいなら日テレと元日テレが代表になればいいんですよね。
      と私も半ばあきらめモードに入っています。
      レベルの低い相手なら露呈しませんが、国際試合でランク上位の国とやると
      穴や埋めないスペース、ミスは確実に付け込まれるところです。
      サッカーって監督が代わればかなり影響の出てくるスポーツじゃないですか。
      日本人の性格も考えてまずポジションごとに明確な役割を与える、
      最後の最後で感覚的なものが必要になってきますが
      まずは決められた組織を作って欲しいですね。
      W杯予選GL3位なくはないですよ。

  • ホエホエ より:

    きよさん こんばんわ 今更なコメントになっちゃいますが代表これからどうしちゃうんですかね? カナダ戦負けている展開で猶本出してもいいんじゃね?って残り10分切ってから思いましたが交代枠余らせながらそのまま敗戦しました。 選手の力量不足もある事ながら高倉の全くビジョンが見えないのを見せつけられると この先の女子サッカー界生末が心配でなりません こんなんじゃなでしこリーグもメディアは取り上げる事が更に少なくなりますよ。
     自分は絶対に代表で猶本を使え!!とは思っていません 正直去年のシュート40本打ったのに対し2得点だけってのは寂し過ぎます。 誰もが認める程の実力を身に着け代表で頑張って貰いたいです。

    • きよ より:

      >ホエホエさん
      こんばんは!コメントありがとうございます!
      もう仰る通り、カナダ戦の残り10~15分は猶本選手出してくれよーって感じでした。
      メディアがリーグを取り上げるには、かなしいかな、現状のリーグやクラブの取り組みを見ているとやはり代表が活躍しないと難しいと思っています。
      代表の試合で3千人~5千人。リーグでは3桁の観客数もある女子サッカーは我々が思っているより
      一般の方からしてみるとさらに数段マイナースポーツです。
      このままだといつ代表のTV放送がなくなってもおかしくないかなと。危機感あります。アルガルベは時間も時間でしたが1%いってるかどうかも怪しい・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。