猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

Twiter&記事【「再」なでしこL2017 第11節】vs日テレ・ベレーザ

Twiter&記事【「再」なでしこL2017 第11節】vs日テレ・ベレーザ

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

9/6(水)日テレ戦の記事と
選手達のツイートがありましたので共有します!

レッズプレスの無料記事部分があったので共有します。
下記リンクから辿って監督、選手のコメントをご覧ください。
有料記事なら猶本選手のいコメントがあるかもしれない。。

女王・ベレーザに0-1で惜敗も、攻撃的守備で収穫

8月19日に雷雨のため順延になった2017プレナスなでしこリーグ1部
第11節の日テレ・ベレーザ戦が東京都北区 味の素フィールド西が丘で行われた。

試合は48分、日テレ・ベレーザコーナーキックの場面から、日テレMF隅田がシュート。
これをブロック。しかし、このボールをMF中里優に拾われ、
最後はFW田中美南に決められ、失点。
これが決勝点になり、浦和レッズレディースが1-0で敗れた。

浦和の勝ち点は「22」で変わらず。
2位 INAC神戸との勝ち点差は「5」となった。

前節・伊賀戦は相手の9倍にあたる18本のシュートを放ち、2-0で勝ち、
“攻撃の浦和”を見せたが、今節は“守りの浦和”が見られた。

ベレーザに対し、浦和は終始、サイド、中盤と素早く人数をかけ、
身体を寄せ、足を出し、跳ね返すなど粘り強い守りを見せた。

前回、0-3で敗れた反省を生かした浦和は、
失点したあともその粘りは変わらず、激しい守備を続けた。
手練手管で攻めることができるベレーザもやりづらかったろう。

一方、攻撃だが、前半、立ち上がり15分と前半35分以降の10分間。
後半は時間の経過につれ、なかばカウンターの応酬となったが、
五分と五分と言っていい。

ただ、守備に力がかかっている分、攻撃はどこか単発。
しいて決定機を挙げれば、9分、コーナーキックからFW吉良千夏のボレー。
47分、MF猶本光のロングボールに抜け出したFW安藤梢が
シュートを打ったくらい。もうひと工夫、欲しかった。

ただ、これは浦和の攻撃陣が悪かったというより、ベレーザの守備陣も、
きょうの浦和同様、ある意味、それ以上の守備を見せた。

「お互い、プレッシャーが速かった。攻撃のテンポが悪かったのではなく、
お互い、切り替えが速く、つぶし合えた点で質の高い試合だった」と石原監督。

互いに手の内をすべて出し尽した一進一退のゲームだった。
それだけに失点が悔やまれる。
「声をかけつつ、徹底させたが甘かった。絶対に失点してはいけない時間帯で失点してしまった」と
GK池田咲紀子。この言葉に込められている。

良い攻撃が良い守備を生むように、良い守備が良い攻撃を生むもの。
次節はちふれASエルフィン埼玉とのダービーマッチ。
中3日、9月10日(日)の試合で、きょうのような攻撃的守備が出せれば、おのずと結果はついてくる。

情報源: 試合レポート|2017プレナスなでしこリーグ第11節・日テレ・ベレーザ戦=ダイジェスト&コメント|レッズプレス!!

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。