猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

ニュース記事【なでしこジャパン】高倉監督ユーロを視察予定!

ニュース記事【なでしこジャパン】高倉監督ユーロを視察予定!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!!

なでしこジャパンメンバー発表時のニュース記事と
高倉監督のインタビューのニュース記事があったので
共有します!

高倉監督が全勝を掲げた事は嬉しい。
実力はまだまだと認識している上での発言だと思いますが
やはりそれぐらいの意気込みでやってもらわないと!
きっちりこの大会での目的や目標を選手達に示して
「チームとしての成果」を何かしら持ち帰ってきてもらいたい。
代表で集まれる少ない機会を大事に
内容にこだわりつつ勝利すればなお嬉しいので
頑張ってきたもらいたい。

3バックを試したいようですが
やはり強豪相手には守備時に5バックで凌ぎ
攻撃時には中盤に厚みを持って崩していきたいので
このシステムを考えているのだろうか。
WBに運動量を求める事になるので
北川選手や中島選手あたりがどこまで期待に応えてくれるか
楽しみにしています。
とにかく色んなことをやり過ぎて混乱を招き
何一つ得られない事が一番危険なので
うまくマネジメントしてもらいたいと思います^^

 

なでしこジャパン アメリカ遠征メンバー発表

サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は、今月27日からアメリカで行われる親善試合のメンバー23人を発表し、高倉麻子監督は「選手を試しつつも、勝ちにこだわりたい」と意気込みを話しました。

なでしこジャパンは、現在、世界ランキング6位で、今回は日本のほか1位の地元アメリカ、7位のオーストラリア、8位のブラジルの4か国が総当たりで戦う親善試合に出場します。

14日は、このメンバー23人が発表され、このうち海外組は、今月ドイツのフランクフルトに期限付きで移籍したフォワードの横山久美選手と、アメリカ女子プロリーグ、シアトル・レインのミッドフィルダー、宇津木瑠美選手の2人が選ばれました。

残る21人は国内組で、マイナビベガルタ仙台のゴールキーパー、齊藤彩佳選手など4人が初めて選ばれましたが、フランスのリヨンでプレーするキャプテンの熊谷紗希選手は所属チームの事情でメンバーから外れました。

なでしこジャパンは、再来年のワールドカップや3年後の東京オリンピックを見据え、海外勢との試合を積極的に行っていて、高倉監督は今回の大会に向け、「選手を試しながらも世界ランキングで上位のチーム相手に勝ちにこだわりたい」と意気込みを話しました。

日本は、現地時間の今月27日にブラジル、30日にオーストラリアと、来月3日にアメリカと対戦します。

情報源: なでしこジャパン アメリカ遠征メンバー発表 | NHKニュース

 

なでしこジャパンの高倉麻子監督(49)が16日、オランダで開催される女子欧州選手権の視察のため、羽田空港を出発前に取材に応じた。

現地では、日本サッカー協会の今井純子女子委員長とともに4試合を観戦予定。「(FIFAランク2位の)ドイツや力をつけているフランス、スペイン、FIFAランクの上がっているイングランドといった欧州の強豪を見てくる」と、現在の世界のレベルを確認するという。

その後、4カ国対抗の国際親善試合を予定している、なでしこジャパンの米国遠征のため、オランダから米シアトルに直接向かう。同遠征でFIFAランク6位の日本は、27日に同8位のブラジル、30日に同7位のオーストラリア、8月3日に同1位の米国と対戦(いずれも現地時間)。過密日程の中、強豪との試合が続くが、高倉監督は「2勝1分け。いや3勝」と、全勝を目標に掲げた。

今回の米国遠征にはGK斉藤彩佳(25=仙台)とDF坂本理保(25=長野)、MF櫨(はじ)まどか(29=伊賀)、FW泊志穂(27=長野)の4人を代表に初招集した。「選手を試しながら、コンディションを見て、この前もやった3バックも試合で試したい」と、選手の選考だけでなく、システムも含めて、2年後の女子W杯、3年後の東京五輪へ最善の道を探していくという。

それでも指揮官は、特に必要としているポジションを問われると「全部です。センターバックもサイドバックもボランチもセンターフォワードも…。世界と戦っていくには、すべてのポジションで、もう1つ上を目指してほしい。これは私からの選手へのメッセージ」と、真剣な表情で話した。現状、代表に選ばれ続けているからといって、先発で出場し続けているからといって、けっして“安泰”ではないと、選手は肝に銘じてほしいという考えだ。

“安泰”ではない各選手の危機感が、チーム内の競争を激しくさせ、それがチーム力の強化につながる。「(監督就任から)1年経ったし、チームとして勝ち方を身に着けたい」。今回の視察と遠征で、自身も1つ上のレベルを目指すことを誓っていた。

情報源: なでしこ高倉監督「強豪見てくる」欧州選手権を視察 – 日本代表 : 日刊スポーツ

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。