猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【なでしこジャパン】12/7静岡県合宿!トレーニングマッチ!(午後)

【なでしこジャパン】12/7静岡県合宿!トレーニングマッチ!(午後)

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

前回の【なでしこジャパン】静岡合宿!!(午前)の続き

12/7(水)なでしこジャパンは静岡学園高校と
トレーニングマッチを行いました。

まずは結果から

0-12(1本目0-4・2本目0-3・3本目0-5)

 

午後は清水駅から再びバスに乗ってJ-STEPへ。
J-STEP周辺には何もないので2往復するという(笑)
今回は直接グラウンドへ向かい観客席に。
15時からウォーミングアップで選手登場。
トレーニングマッチの相手もピッチに入って
ウォーミングアップを始めました。
対戦チームは静岡学園高校。
かなり体格にいい選手もいてどうなる事か。

試合形式は30分×3本。

■日本システム4-4-2

1本目
___千葉__菅澤___

杉田________中島

__佐々木__阪口___

鮫島_川村__高木_有吉

_____山根_____

■9分
静学にスルーパスを通されシュート打たれる!
山根選手ブロック!
こぼれを押し込まれ失点。
ぐぁー。
0ー1

■12分
右サイド中島選手が相手DF裏にだし
菅澤選手が受けダイレクトでゴール前にパス!
佐々木選手が走り込んでいましたが
相手CBに進路をふさがれ合わせられず。

■15分
ゴール前で佐々木選手がもたつきでボールを奪われ
シュート打たれるも山根選手ブロック。

■18分
左45度からシュート打たれるも山根選手足ブロック。

■20分
中央中盤の底の位置で
DFがスライディングでブロックするも
パワーで突破され、サイドに振られシュート打たれる。
ゴール。
0ー2

■25分
右から中央空いたスペースに出され
シュート打たれる。
ゴール。
0ー3

■26分
裏へ一発ロングボールを入れられ
山根選手が飛び出し、PA外でヘディングクリアも
クリアボールを相手に取られ
ミドルシュート&ゴール。
0ー4

■30分
杉田・佐々木両選手で挟み込みボール奪取。
杉田選手が前線裏にパスを出すも合わず。

■2本目
菅澤OUT 増矢IN
阪口OUT 猶本IN
鮫島OUT 國澤IN
高木OUT 中村IN
山根OUT 山下IN

___増矢__千葉___

杉田________中島

__佐々木__猶本___

國澤_川村__中村_有吉

_____山下_____

20161208_14

猶本選手きたぁー(⌒‐⌒)

■43分
左から右へ大きく展開されクロス。
ゴール前で押し込まれ失点。
0ー5

■46分頃
千葉OUT 田中美IN
中島OUT 中里IN
杉田OUT 上尾野辺IN
有吉OUT 京川IN

___田中__増矢___

猶本________中里

_上尾野辺__佐々木__

國澤_川村__中村_京川

_____山下_____

■60分
PA外右45度からミドルシュートで失点。
0ー6

■60分
右サイド猶本選手!
田中美選手の「光さんウラ!」の声!
裏に浮き玉のパスを送り田中美選手に合わせる。
ここはピッタリ!
田中美選手仕掛けたいところだったが
寄せられ後ろに下げる。

■60分
中央やや左で抜け出されシュート&突き刺さる。
失点。
0ー7

■60+1分
猶本選手と上尾野辺選手ポジションチェンジ。

■60+3分
CKからヘディングで失点。
0ー8

■3本目
佐々木と國澤ポジションチェンジ
山下OUT 池田IN

___田中__増矢___

猶本________中里

_上尾野辺__國澤___

佐々木_川村_中村_京川

_____池田_____

■64分
猶本選手が右へ展開。
中里選手と京川選手でキープしようとするが
奪われる。

■64分
左サイドからのクロスを中で合わされ失点。
0ー9

■69分
左サイドからのクロスをファーで合わせられ失点。
0ー10

■71分
左45度からミドルを打たれ失点。
0ー11

■72分
上尾野辺選手と猶本選手ポジションチェンジ。

■74分
トップの田中美選手がパスをワンタッチ浮きダマで突破も
サポートなく中へ戻したところを奪われる。

■81分
左からクロスを送られ
中央フェイントでかわされ&シュート&ゴール。
0ー12

■83分
猶本選手と上尾野辺選手ポジションチェンジ。

■83分
京川→猶本→國澤→猶本→川村と
ワンタッチで繋ぐパス交換。
いいプレーに観客席どよめき。
20161208_15

■84分
猶本選手前線にスルーパスもFWに合わず。

■89分
右サイドスピードで完全突破され失点。
0ー13

試合終了。

あれ?報道では12失点となっていましたが
私が見ていたのは13点。
2本目の4点の内の1点はノーゴールだった模様です。
ご勘弁をm(__)m
ってどちらにせよ笑い事ではないんですが。。

試合早々から押し込まれなでしこは防戦一方。
相手のプレスも速く激しいので
マイボールにしてもなかなかパスが繋がらず。
かなりシュートを打たれていましたが
それでも山根選手がいい反応でブロックしたり
高木選手が体を張ったり防いでいました。
佐々木選手は体全体を使って奪いにいくシーンもあり
サイズは大きくないですが闘ってる感じはしましたが
静学の体格のいい選手相手では
最終的には通用するわけもなく。。
失点は時間の問題という流れで
9分に先制点を入れられてから
終わってみれば公式では12失点。
1本目はボールを保持してもパスを出す相手を探してる間に
奪い取られカウンターを食らうの繰り返し。
2本目猶本選手登場(ーー)/
展開としては2本目も3本目も1本目と
同じような展開でしたがそれでも
2本目以降は選手が動きながらスペースに顔をだし受けて
出した選手が連続して動きパスを受けるという
連動を意識した動きが出てきていたと思います。
もちろんその動きの中に猶本選手はいましたし
元々スペースを見つけるのはうまいので
誰かがそこに動き出せば攻撃は動き始めると。

猶本選手がサイドから少し中に入ってキープしたとき
相手が2、3人で寄せて来るシーンがあり
その瞬間相手のサイド裏に大きなスペースが出来ているので
イメージ的には左SBの國澤選手がオーバラップして
相手DFの裏に走り込んでくれれば嬉しい
というシーンが二度ほどありました。

しかし、國澤選手のプレースタイルを考えると
事前にコミュニケーションも必要だっただろうし
裏抜け出来るスピードがあるかはちょっと不明。
國澤選手が決して悪いんじゃなくて
適材適所って言う事も関係していると。

猶本選手の場合は鮫島選手などスピードのある選手と
同時起用がした方がもっとボールを回せますので
猶本選手に限ったことではありませんが
高倉監督はもっと組合せを考えた方がいいと思いました。

ちょっとこのTRMで思った事が他にもあるので
別記事で書こうかなと思います。

(続く・・・)

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • ラッキー8 より:

    きよさんこんばんわ
    今回も詳細なマッチリポートありがとうございます
    きよさんのフットワークの軽さとハードワークには毎度頭が下がります
    猶本選手にもきよさんのハードワークをぜひ見習っていただきたいです
    合宿のリポートを読ませていただきましたが代表のチーム作りはまだ五里霧中という感じですね
    来年はU20組も入って来るので高倉監督がこの混沌とした状態をどんな形に造り上げるのか楽しみです
    それと最後に
    なでしこファンが注目するこのTRMをこれほど詳しく伝えてくれたのはきよさんのこのブログだけですよ
    JFAやマスコミやサッカージャーナリストと言われる人たちにはきよさんの女子サッカーにかける情熱を見習って欲しいですね

    • きよ より:

      >ラッキー8さん
      こんばんは!お褒めのお言葉ありがとうございます^^
      探していませんが他に情報発信してる方はいないようですか?
      私の場合は仕事ではなく猶本選手のプレーを見たいという気持ちだけで動いているので
      ハードワークも耐えられます!!^^
      猶本選手もクラブ練習・合宿にと頑張っていますし^^
      皇后杯の伊賀戦のハードワークは見てもらいたかったです!
      今週末の試合でもやってもらいましょう!!(ーー)/

      代表のチーム作りはちょっとまだ微妙ですね。
      代表はクラブと違って好きな選手を呼べるわけですから監督の責任は重大です。
      楽しみでもあり心配でもあります。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。