猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

本日5/28(土)長野とホーム駒場で対戦します!!

本日5/28(土)長野とホーム駒場で対戦します!!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

こんばんは!きよです!

5/28(土)浦和レッズレディースはホーム駒場で
AC長野パルセイロ・レディースと対戦します。

試合詳細はこちら>>

まずはマッチトピックスから

■16.05.27  vs AC長野パルセイロ・レディース プレビュー 

■16.05.27  vs AC長野パルセイロ・レディース「相手以上の強い気持ちを、ピッチ内で表現する」(吉田 靖監督) 

■16.05.27  vs AC長野パルセイロ・レディース「ゴールを強く意識し、どんな形でも点を取る」(白木 星) 

なでしこリーグ2016、10節までの
長野の公式記録を見てみました。
久々!!^^/

■得点シーン
①まず、得点ですが全23点の内訳です。
1位:11点:10横山久美   →全得点の47.8%
2位: 3点: 8大宮玲央奈 →全得点の13.0%
2位: 3点:11齋藤あかね →全得点の13.0%
4位: 2点:13児玉 桂子 →全得点の 8.7%
5位: 1点:14泊 志穂   →全得点の 4.4%
5位: 1点: 6國澤志乃   →全得点の 4.4%
5位: 1点: 2田中 菜実  →全得点の 4.4%
5位: 1点:20内山 智代  →全得点の 4.4%

②公式記録上各得点において
得点シーン(23点)に絡んでいる選手(起点やアシスト)とその点数。
※1得点に付き複数人数が絡んでいる場合があるため合計100%にはなりません。
1位: 7点:10横山久美   →全得点の30.4%
2位: 6点:14泊 志穂   →全得点の26.1%
3位: 5点: 8大宮玲央奈 →全得点の21.7%
3位: 5点:13児玉 桂子 →全得点の21.7%
3位: 5点: 6國澤志乃   →全得点の21.7%
6位: 3点:11齋藤あかね →全得点の13.0%
6位: 3点: 5木下 栞    →全得点の13.0%
8位: 2点:23野口美也   →全得点の 8.7%
9位: 1点:20内山智代  →全得点の 4.4%
9位: 1点:21林﨑萌維  →全得点の 4.4%
9位: 1点: 7坂本 理保 →全得点の 4.4%
9位: 1点: 3矢島 由希 →全得点の 4.4%

③得点者・得点シーンに絡んでいる①+②
※1得点に付き複数人数が絡んでいる場合があるため合計100%にはなりません。
1位: 18点:10横山久美   →全得点の78.3%
2位: 8点: 8大宮玲央奈 →全得点の34.8%
3位: 7点:14泊 志穂   →全得点の30.4%
3位: 7点:13児玉 桂子 →全得点の30.4%
5位: 6点: 6國澤志乃   →全得点の21.7%
5位: 6点:11齋藤あかね →全得点の21.7%
7位: 3点: 5木下 栞    →全得点の13.0%
8位: 2点:23野口美也   →全得点の 8.7%
8位: 2点:20内山智代  →全得点の 8.7%
9位: 1点: 2田中 菜実  →全得点の 4.4%
9位: 1点:21林﨑萌維  →全得点の 4.4%
9位: 1点: 7坂本 理保 →全得点の 4.4%
9位: 1点: 3矢島 由希 →全得点の 4.4%

2016年リーグ戦、長野はここまで6勝1分3敗。
爆発的な得点力を武器に現在3位。
23得点あげながらも得失点差+3と失点がリーグワースト1位で
まさに「打ち合い上等」の攻撃的なチームです。

■中心選手
チームの中心選手は11得点あげている代表選手でもある横山選手
公式記録上でも23得点の内11得点、
得点には78.3%絡んでいます。
約80%ですよ(笑)
逆に言うと横山選手を抑えれば得点シーズンのほとんどを防ぐ事になります。

狭いエリアをドリブルで抜けてのシュートや
エリア外からの強烈なシュートはもちろんの事
セットプレーのキッカーや
ラストパスを送る事も出来る選手。
吸い付くようなドリブルで相手を交わしていくので
必ず数的優位な状況で守備をしていきたい。組織的に!

■得点シーン
23得点の内20点が流れからの得点で
セットプレーからは3点。
セットプレーの失点を抑える事はもちろん
やはり流れの中からやられない事が重要。
中盤の底にいる国澤選手を中心にセカンドボールをマイボールにし
前線の横山選手へのパスが起点になりやすいと思うので
まずは中盤で競り負けない事。
そして球際で負けずに起点を潰す事が重要です。
サイド攻撃よりはやはり中央縦パスが多いと思うので
CBとボランチは受けて側へのチェックも早めに。
得点シーンの記録を見ていると
ほぼSBのオーバラップからの攻撃は皆無で
ワンボランチの國澤選手を含めた前の
攻撃陣を中心に展開しています。

システムはワンボランチのダイヤモンド型4-4-2が主だと思いますが
ダブルボランチの4-4-2というシステムも神戸戦では採用しています。
試合開始と共にどちらのシステムで来ているのかによって
この日の長野の意図を汲み取っていきたい。

さて、浦和ですが、、
長野のDFラインは高めに設定されているので
2トップの駆け引き、裏への飛び出しの精度や
パス出しとの意思疎通でチャンスを作ってもらいたい。
浦和のSBが高い位置を取り中盤を厚くして
なんとかゴール前でのシュートを!!

ゴールが見えたらとにかく打つ!ぐらいの
積極性を持って臨んでもらいたい。

4バックで行くのか3バックで行くのか
そのへんも楽しみの一つ。

3バックの場合は両WBの北川選手、塩越選手(予想スタメン)の
運動量にかかっていると思います。
90分プレーするのはかなりきついポジションになると思いますが
気持ちを出して積極的に高めのポジションを維持してもらいたい。
北川選手!塩越選手!頼むぞ!ーー/

あと守備時にはボランチが最終ラインに入る事で
安定すると思うのでうまくバランスを取る事にも注意したい。

猶本選手!
カウンターでゴール前に行くチャンスがあれば
今節は決めて前節の雪辱を!^^/

よっしゃー!!
勝つぞ!!

がんばれ!浦和レッズレディース!!
がんばれ!猶本光!!

We are REDS!!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • 緑区のアンリ より:

    こんにちは、きよさん。長野戦の感想ですが、監督を代えないと
    どうにもなりません。リーグ戦再開まで3ヶ月程度あります、ここで
    新しい監督でチームを立て直していかないと高い確率で降格します。
    得点出来ないのに、自分達のミスで失点してしまっては、勝ち点は
    奪えません。もう時間の猶予はあります。

    • きよ より:

      >緑区のアンリさん
      こんばんは!
      得点力不足が慢性的なので最少失点で試合を進めないとダメですが
      崩されての失点ではないのでガックリきてしまいます。(><)
      吉田監督も新潟戦から3バックをやるなど試していますが
      この状況だと違う意味でのカンフル剤が必要な時期かもしれませんね。
      監督交代や新戦力の補強などなどいろいろあると思いますが
      フロントが手を打つか。次節リーグ戦再開までになにかしら動きがあるか。。

  • 川崎のひでちゃん より:

    残念ながら勝てませんでした。いい入り方をしたのですが・・・。
    キヨさんの神通力も効きませんでしたね。ここまでくるとどこがどうというより、ガラガラポン。練習の内容や取り組み姿勢も含めて、もう一度ゼロから練り直し、再構築してもらいましょう。生まれ変わったレッズレディースに期待します。

    • きよ より:

      >川崎のひでちゃんさん
      こんばんは!昨日はお疲れ様でした。残念でしたね。
      カップ戦期間に色々とやるしかないですね。
      頑張ってもらわないと!!

きよ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。