猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

結果【なでしこL2016 第7節】vs ベガルタ仙台レディース

結果【なでしこL2016 第7節】vs ベガルタ仙台レディース

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

5/3(火・祝)浦和レッズレディースはアウェイユアスタで
ベガルタ仙台レディースと対戦しました。

まずは結果から

16.05.03 2016プレナスなでしこリーグ1部 第7節 試合結果

5月3日(火・祝)、ユアテックスタジアム仙台にて行われました『プレナスなでしこリーグ1部 第7節 vsベガルタ仙台レディース』の試合結果(アウェイ)をお知らせいたします。

2016年5月3日(火・祝)13:04キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台レディース 2‐0(前半1-0)浦和レッズレディース
得点:42分 川村優理(ベガルタ)、54分 有町紗央里(ベガルタ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 平尾
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 柴田、猶本(→10分 筏井)、栗島、加藤(→57分 塩越)
FW 吉良(→75分 後藤)、白木
SUB 池田、長嶋、臼井、長野

観衆:2,033人

情報源: 浦和レッズレディース | URAWA RED DIAMONDS LADIES

前日の夜、高速バスに乗って仙台へ。
早朝着。
3時間仮眠してスタジアムへ。

スタメンに猶本選手の名前があり少し驚く。

前節からGK池田→平尾
サブは山守→長嶋

■浦和システム4-4-2

___吉良__白木___

加藤________柴田

___栗島__猶本___

北川_高畑__長船_乗松

_____平尾_____

システム4-4-2

___小野__有町___

中野________嘉数

___岸川__川村___

佐々木_千葉_市瀬_坂井

____キャメロン____

■1分
左-2FK獲得。キッカー北川選手。
ゴール前にあげるがクリアされる。

■5分
仙台右CK
キッカー中野選手。
ファーに詰められたが高畑選手倒されながらもクリア。

■6分
中央猶本選手がボールを持ったところ
岸川選手が寄せてきてファール。足踏んだ?
何すんだよー
猶本選手左足首?痛がってる。
まじか。。。
大丈夫か?。。。(;o;)
担架で運ばれピッチ外へ。
いけそうか?
立った。
いける!
がんばれー!

ナオモト・ナオモト・ナオモト・ヒカルル♪

■8分
白木選手、ポスト!
おー。強い!

■10分
筏井選手用意。
猶本選手ダメか。。
くそっ。

猶本OUT 筏井IN

___吉良__白木___

加藤________柴田

___栗島__筏井___

北川_高畑__長船_乗松

_____平尾_____

■16分
仙台はいつもの裏狙い。
サイド速いからな。。

■16分
仙台川村選手中央からドリブル。
&シュートも枠外。あぶなーー

■20分
白木選手がうまく収めた
柴田選手に送りクロスもクリア。

■21分
乗松→白木選手と渡り、前の筏井と交換後
白木選手がオーバーラップした北川選手へ。
いけ!
クロス!
ファーだ!
うぉー…いない。
いい形を作ったが。。

■23分
仙台右サイド嘉数選手に突破され
深い位置から中央にマイナスのボールを出される。
ぐぉー
有町選手ダイレクトでシュートも枠外。
危ない。。
助かった。。

■28分
今日はメイン側の線審が酷いな。。

■31分
ガンガン攻めこまれてるが
耐えてる。。

■37分
仙台に裏に出された。
ぬけた。
ヤバい。
オフサイド!

■42分
仙台左CKキッカー中野選手。
ゴール前川村選手走り込んで
フリーになりヘディング。
あっ。
入ってしまった。。。

1ー0浦和失点。

■44分
ビルドアップで中盤経由しても
仙台のプレスでロストしピンチに。

■45分
右-2乗松選手が遠目から打った!
GKはじく。
そうだよそうだよ!!
どんどん打っていこう!

前半終了。

■HT
交代なし

■49分
浦和、仙台DF裏にボールを出す。
仙台DFに当たって裏に出る。
吉良選手に渡る!

オフサイド!
まじか?
なんでだよー

明らかに仙台のDFに当たってたぞーーーーー

■54分
仙台セットプレー。
ゴール前クリアボールが同時に飛んだ仙台選手の頭に当たり
ゴール左側へ、有町選手ヘッドで浦和失点。

2ー0
浦和ビハインド。

オーマイゴ―。。

■57分
加藤OUT 塩越IN

___吉良__白木___

塩越________柴田

___栗島__筏井___

北川_高畑__長船_乗松

_____平尾_____

■63分
左北川選手突破してクロス!
ゴール前吉良選手頭で合わせにいくが
届かず。
ぐぉーーー

■69分
右-2からファーへ大きくパスがでた!
白木選手に通った。!
白木シュートだ!打て!
寄せられた。
こぼれを塩越選手シュートもGKキャッチ。

くぁーーーーーオシイ。

■75分
吉良OUT 後藤IN

___後藤__白木___

塩越________柴田

___栗島__筏井___

北川_高畑__長船_乗松

_____平尾_____

■82分
北川選手から塩越選手へ。
こぼれたボールを白木選手シュートも上外。

■87分
柴田選手→北川選手シュートも枠外。

■88分
北川選手PA外側から攻めこむが
寄せられクロス、シュートできず
白木選手シュートも
力弱くキャッチされる。

■90分
柴田選手→乗松選手GKとDFの間にクロス!
白木選手受けた!
シュート!ゴール。。もオフサイド。
ここはちゃんと取るのか。。

試合終了。

2ー0浦和敗戦。

ぬぉーーーーーーーーーーーーー!!!!

6連敗。参った。(>_<)

また、セットプレーから失点。
しかも2点とも。
1点目はマーク外してしまったし
2点目は事故みたいなものに見えましたが
相手が必死にボールに飛んでいった結果
生まれたゴールのように思えました。
やっぱり必死さって大事だな。

なんだろうなぁー。
どこから書いたらいいのか、
何に焦点を絞っていいのか。。

まず、全体的にパス精度が低い。
それは選手同士の距離感に原因もあり
受け手もパスが出る瞬間に後ろから相手が来ているのに
その場で待って受けようとして
インターセプトされてしまいショートカウンターを食らってしまったり。
周りが声掛けでサポートしてあげなくてはいけない部分でもあります。

また、ビハインドの状況で攻めなくてはいけないという気持ちはあるのですが
積極的かというとそうでもない。
縦が空いてるならパスを選択せずに自分で積極的に勝負してもらいたい。
周りもそれをみたら動き出してスペースを作らなければならない。
そして出来たスペースに別の選手が走りこんで連動して。。と。
言うは易しだが。。

失点を恐れるあまりに
前線の白木選手にボールが収まっても
押上げが遅いので良いサポートが出来ない。

北川選手がサイドを突破してクロスを上げるが
人数をかけて仙台の選手がブロックを作っている状況で
浦和の選手が相手DFラインにみんな並んで足を止めて待ってるのでは
相手の速い寄せやマークで自由にはプレーさせてもらえない。
マークを外すとか、上がってくる瞬間に飛び込みに行くとか
例えファールをもらったとしても強引にポジション取りするとか
やっていかないといけない。

もう、一個一個修正していくしかない。
やってるかどうかわかりませんが一日座学で
頭の中を整理してもらいたい。
事前にコーチ陣がなんで負けたのかビデオで分析して
全ての課題、修正をまず洗い出して
全員でビデオ見ながら選手達に説明して、
みんなで話し合ってもらいたい。
もしやってるなら分析力と修正方法と
その浸透のさせ方が甘い。
全てをいっぺんに修正するのは難しいだろうから
優先順位をつけて一個一個潰していくしかない。
やっていくしかない。やるんです!
やらなきゃいけないんです!
なんとなく負けているという空気感を作る事だけは
避けてもらいたい。

さて、猶本選手について。
怪我あがりで4/30(土)神戸戦にフル出場。
コンディションが上がってきていない状態で
中二日という事もあるのでベンチスタートで
後半流れを見て途中出場が出来れば
御の字と思っていましたがスタメン起用。
もちろん、猶本選手に出場してもらいたいのは
当たり前の思いですが
コンディションを見て起用してもらいたかった。
そして、猶本選手100試合目でしたが負傷退場。
心配だ。。
試合後足引きずってベンチにはいましたが
挨拶まではこれなかった。
細かい事はわかりませんが
岸川選手に寄せられ削られたか、踏まれたかされた模様。
やられた直後の痛がり方が尋常じゃなく
一度ピッチに戻るも自らNGを出し交替。
左足首だったら先日の怪我の悪化、
踏まれたのなら場所によっては骨折もあり得そうだと思いました。

入りは前節より元気そうにやってただけに
非常に残念だ。
くぉーーーーーーー
くっそっーーーーー。

軽傷であってほしい。

次節は中三日、ホームで伊賀戦。
駒場で勝利したい。

がんばってやるしかないぞ!!

がんばれ!!浦和レッズレディース!!

がんばれ!!猶本光!!

We are REDS!!

 

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • Ishiyama Toshiro より:

    仙台お疲れ様です。SportsNavi Liveで応援していました。
    猶本選手とても心配です。
    監督、スタッフ、選手も「きよさん」のブログ読んで欲しいいな!!
    赤文字もその後のコメントも全く同感ですね。
    みんな精一杯諦めずに頑張っているけど何か変革しないと!
    負けから何かを学ばなければ、試合を分析し、できなかったこと、苦手なところを取り出して繰り返し毎日練習する(当然やっていると思うけど)

    猶本選手がいないのもあるけど中盤が全く機能していない。これではコンビネーションで崩すこともサイドの上がりをつくることもできないな。白木選手(日々成長している=収穫はある)頑張っているけどこの展開じゃキツイ!
    攻守で動いている北川選手もキツイよ!(男子でも90分キツイと思う)よく最後まで勝負崩してマイナスのクロス上げようとしている。感動する!下を向くことはないね。
    塩越選手も試合ごとに大きく成長している今回はチャンスも多くつくってたし、中盤良くなったと思う。
    ということで、このタイミングだからこそ思い切ってシステム変えましょう!

    3-4-2-1 両WBで流れを変えよう!
    攻守に頑張っている北川選手を6:4で攻撃重視(崩してのサイド攻撃)
    遠藤選手の復帰が重要だが、運動量の栗島選手+柴田選手を経由してのスピードのある遠藤選手の正確なクロス!
    塩越選手のドリブルとキープセンスで切り込んでのシュート!

    _____白木_____   
    ___塩越__後藤___
    北川_栗島__柴田_遠藤 (乗松)
    __臼井_長船_乗松__
    _____平尾_____

    _____吉良_____   
    ___塩越__白木___
    北川_栗島__柴田_遠藤
    __長嶋_長船_乗松__
    _____平尾_____

    白木選手のキープ力とスピードを生かして、2列目からの飛び出しとミドルシュートにも期待。
    選手はみんな頑張っているのですいません。
    6連敗泥沼ですが「Believe」応援します。(今週応援に行きた〜い!)

    • きよ より:

      >Ishiyama Toshiroさん
      こんばんは!
      システムなどの意見ありがとうございます^^
      女子サッカーで3バックをするとスピードや体力のせいか
      気をつけないとどんどん後ろに重心がかかって行く傾向にあるので
      きっと攻撃時にスピードのある北川選手と遠藤選手を置いているのですよね?
      4-4-2のサイド攻撃等の攻撃戦術はもう読まているので
      システム変更も考慮しないとこれからも厳しい戦いになりそうです。
      一種の賭けになりますがチームには色々とチャレンジしてもらいたいと思う今日この頃です。

      • Ishiyama Toshiro より:

        女子サッカーですと3バック結構キツイんですね。なるほど。自分の性格だと思いますが、1点取られたら2点取るタイプなんでしょうね。WBなので5バックにも・・・セットプレーでの失点もそうですが、ボールウォッチャーになってマークズレているパターンでしょうか?サイドのケアはWBに、そしてセンターは2枚より3枚の方が今のレッズレディースには守備が安定するかなと思いました。川村選手のシュートは良かったのでしょうがない。まあ、失点しなければ勝ち点1ですが、どうしても強い新しいレッズレディースが見たいですよね。皆さんの意見も参考になります。

  • 緑区のアンリ より:

    おはようございます、きよさん。なかなか勝てませんね、監督も選手達もすでに思考停止状態になっているかも知れませんね。中2日なのにスタメンはGK以外同じ、交代メンバーもほぼ同じでは勝つ為に、監督はなにをしたいのかわかりません。特に失点が多いのにDFラインは一度も変えていません、大きく変えると連携が乱れるなどと言っている場合ではありません。レディースに今一番必要な事は、連携や戦術では無く、がむしゃらに闘う姿勢を90分だす事だと思います。

    • きよ より:

      >緑区のアンリさん
      こんばんは!
      吉田監督ですが、最近試合中にも少し思考停止になってる時があります。
      駒場での神戸戦の時はまさにそんな感じでした。ちょっと大丈夫か心配です。
      やっぱりコンディションのいい選手を起用して特性を活かしていって欲しい。
      結果が出ないので大ナタ奮ってもいい時期だと思います。

  • 川崎のひでちゃん より:

    ユアスタ初応援です。
    猶本選手は大丈夫でしょうか?
    昨年から継続していると思いますが、浦和のセットプレーは簡単にクリアーされ、その一方セットプレーから危ないシーンばかり・・・。セットプレーの得点比率が高い現代サッカーで致命傷では?
    キヨさん、何とかしてください。
    ともあれまず一勝。次は駒場で応援だ。

    • きよ より:

      >川崎のひでちゃんさん
      こんばんは!コメントありがとうございます!
      猶本選手は当日の様子だとちょっと厳しい感じでした。
      きっちり治さないとダメだと思います。
      セットプレーについてですが私も同じく感じています。
      セットプレーは一番修正しやすい所だと思うので何とかしてほしいな。。と。
      まず1勝!!伊賀戦で流れを引き寄せてもらいたいです!!!

  • ラッキー8 より:

    きよさんこんにちは
    仙台戦はラジオで聴いていましたが猶本選手の負傷退場は本当に残念で悔しいです
    怪我の状態がわからないので何とも言えませんがここは無理をせずに完璧に治療して欲しいと思います

    さて、浦和Lですがここまで低迷しているのはやろうとするサッカーが明確でないのが原因だと思います
    上位にいるチームはやろうとするサッカーがはっきりしています

    ベレーザとINACはポゼッションサッカー
    仙台は強い選手と速い選手を揃えた堅守速攻
    長野は横山選手を最大限に生かすサッカー

    それに対して浦和Lはどういうサッカーをやりたいのかさっぱりわかりません
    INAC戦ではポゼッションを捨てて縦ポン狙いのサッカーをやっていましたが清家選手がいなくて
    背後にスペースも無い状態で縦ポンをやっても意味無いと思います

    開幕前のインタビューで筏井選手が「攻撃の形が見えない」と言っていましたが
    それは監督のやりたいサッカーがよくわからないからだと思います

    選手を納得させる事が出来ない監督ではこの先も厳しいのではないでしょうか

    • きよ より:

      >ラッキー8さん
      こんばんは!
      浦和のサッカーは特徴的というよりは基本に忠実な印象です。
      パスサッカーを志向していますが途中で取られてうまく行かない。
      また、サイド攻撃が主体ですが北川選手がクロスを上げたとしてもフィニッシャーがいないので
      厳しい状況になっていると思います。
      神戸戦の縦ポンは苦し紛れもあったでしょう。。
      清家選手のように一人速い選手がいればカウンターサッカーも面白いのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。