猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

明日11/3(火・祝)うらじょアウェイ神戸戦!神戸を分析!

明日11/3(火・祝)うらじょアウェイ神戸戦!神戸を分析!

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

引用画像:なでしこリーグHP

なでしこリーグ1部エキサイティングシリーズ第4節上位リーグ I神戸vs浦和

こんばんは!きよです。

明日11/3(火・祝)ES第4節
浦和レッズレディースは
アウェイでINAC神戸と対戦します。

■11/2現在の暫定順位表

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 日テレ 15 4 3 0 1 7 3 +4
2 新潟L 9 4 2 1 1 10 7 +3
3 ベガルタ 9 4 1 2 1 9 9 0
4 ジェフL 6 4 0 3 1 6 8 -2
5 I神戸 6 3 0 1 2 3 7 -4
6 浦和 5 3 1 1 1 7 8 -1

浦和レッズレディースはこの試合勝利すると4位まで浮上します!
そうすると最終戦は3位ベガルタ仙台との直接対決でかなり熱い!
それにはこの神戸戦何が何でも勝ちたい!

ということで、、
今回もなでしこリーグ2015RS全18節での
神戸の公式記録を見てみました。

■得点シーン
①まず、得点ですが全36点の内訳です。
1位: 7点:11高瀬愛実 →全得点の19.4%
1位: 7点:14京川舞 →全得点の19.4%
3位: 6点:27増矢理花 →全得点の16.7%
4位: 4点: 9川澄奈穂美 →全得点の11.1%
4位: 4点:10大野忍 →全得点の11.1%
5位: 2点: 8澤穂希 →全得点の 5.6%
6位: 1点: 7中島依美 →全得点の 2.8%
6位: 1点:13仲田歩夢 →全得点の 2.8%
6位: 1点:22伊藤美紀 →全得点の 2.8%
6位: 1点: 2近賀ゆかり →全得点の 2.8%
6位: 1点: 5甲斐潤子 →全得点の 2.8%
-位: 1点:オウンゴール

②公式記録上各得点において
得点シーン(36点)に絡んでいる選手(起点やアシスト)とその点数。
※1得点に付き複数人数が絡んでいる場合があるため合計100%にはなりません。
1位:12点: 9川澄奈穂美 →全得点の33.3%
2位:10点:10大野忍 →全得点の27.8%
3位: 7点:14京川舞 →全得点の19.4%
4位: 6点:20伊藤香菜子 →全得点の16.7%
5位: 5点:27増矢理花 →全得点の13.9%
5位: 5点: 8澤穂希 →全得点の13.9%
7位: 4点: 2近賀ゆかり →全得点の11.1%
8位: 3点: 7中島依美 →全得点の 8.3%
8位: 3点:16チャンスルギ →全得点の 8.3%
10位: 1点:13仲田歩夢 →全得点の 2.8%
10位: 1点: 3鮫島彩 →全得点の 2.8%

③得点者・得点シーンに絡んでいる①+②
※1得点に付き複数人数が絡んでいる場合があるため合計100%にはなりません。
1位:16点: 9川澄奈穂美 →全得点の44.4%
2位:14点:10大野忍 →全得点の38.9%
3位:14点:14京川舞 →全得点の38.9%
4位:11点:27増矢理花 →全得点の30.6%
5位: 7点:11高瀬愛実 →全得点の19.4%
5位: 7点: 8澤穂希 →全得点の19.4%
7位: 6点:20伊藤香菜子 →全得点の16.7%
8位: 5点: 2近賀ゆかり →全得点の13.9%
9位: 4点: 7中島依美 →全得点の11.1%
10位: 3点:16チャンスルギ →全得点の 8.3%
11位: 2点:13仲田歩夢 →全得点の 5.6%
12位: 1点: 3鮫島彩 →全得点の 2.8%
12位: 1点:22伊藤美紀 →全得点の 2.8%
12位: 1点: 5甲斐潤子 →全得点の 2.8%

■中心選手
データ上は全得点の44.4%に絡んでいる川澄選手。
ついで38.9%とほぼ同じ確率で得点に絡んでいる大野選手です。
また、RSに結果を出している川澄選手は
最近コンディション不良からか
前節ベンチスタートで後半45分の出場。
そういえばES第1節の千葉vs神戸では
スピード、クロス精度、シュートといずれも脅威を感じませんでした。
練習では徐々にコンディションを上げているという情報もあるので
今節のスタメン復帰もあり得るかも知れません。

そして大野選手。
前線でボールを受け前を向き
寄せが甘ければガンガンドリブルで仕掛けてきますし
バイタルエリアでは積極的にシュートを打ってきます。
中盤、DF陣は好きにさせてはいけない。

また、鮫島選手は怪我によるコンディション不良で
リハビリ中のようなので出場するかは不明です。
データ上かなり得点に絡んでいる京川選手も同様に
リハビリが続いていると思われ出場は微妙だと思っています。

■セットプレー
前節仙台戦でニアサイドに上げられたボールを
道上選手がきれいにヘディングで決めていました。
また、ニアサイドと言えば澤選手。
中央からマークを外してニアへ走りこむのは得意ですが
最近は相手チームに対策されているのか
マークを外すためゴールマウス前から
ニアへ走るパターンも試してきています。
ニアのケアはもちろんですが
あまり引きずられるとファーが空くので
浦和はボールウォッチャーにならずに
対応していきたい。

■INAC神戸のシステム
今シーズンの神戸のシステムは4-4-2。
浦和と対戦したRS第1節、18節でも同様のシステムでした。
前節仙台戦のスタメンはこちら

___増矢__道上___

大野________杉田

____澤__伊藤___

伊藤香_三宅_田中_中島

_____海堀_____

神戸は前節、仙台に敗れましたが
2トップの増矢・道上両選手が得点しています。
増矢選手はテクニックもありますが
視線でパスを匂わせてドリブル突破したりと
なかなかの曲者。また推進力もあるので要注意。
浦和DFはバイタルに侵入させないよう対策したい。
また、大野選手がボールを持った時に
増矢選手へのパスを選択する傾向にあります。

道上選手は前述通り、セットプレーからヘディングで得点。
CK時のニアサイドには気をつけたい。

浦和と対戦した時には
4-4-2の基本的な動き方で戦っていましたが
ESに入って色々とやり始めています。
大きくは2パターン。

一つ目は4-4-2の基本的な動き方で
守備時には基本システムの4バック。
攻撃時には両SBが縦に上がって全体で押し上げるパターン。
※こちらの詳細は割愛。

二つ目は守備時には基本システムの4バック。
攻撃時に3バックになるパターン。
inac_12
CBが最終ラインでワイドに開き
その最終ラインの中央にボランチの伊藤美選手が下がってきて
両SBが縦ではなく中に入りボランチまたは
トップ下の位置まで上がってきます。
↓こんな感じになります。

inac_22

この2パターンを前節は1試合中に混ぜてきていましたので
マークの受け渡しが混乱しないように気をつけたい。

神戸は攻撃時4バック、3バックともに
各SH・SBの戻りも遅い事もあり
かなりの確率でサイドやサイドの裏に
ポッカリとスペースが出来ます。
ここはねらい目。
また、神戸はサイドから攻撃された場合
ボールに寄る傾向があるので
クロスはファーが有効。
前回の柴田選手から猶本選手に送った様な
ファーへのクロスが決まってくれる事を願っています。
もう一つ、神戸のCBのボールコントロールは不安定で
インターセプトできる可能性もあるので
前線からのプレスは積極的にきつめにやっていきたい!

平常心で自信を持って
この試合を楽しんでもらいたい!!^^/

さぁ!神戸戦。
勝つよ!!!

がんばれ!!浦和レッズレディース!
がんばれ!!猶本光!!

We are REDS!!
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。