猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

結果【なでしこL2015 ES第1節】vs アルビレックス新潟L

結果【なでしこL2015 ES第1節】vs アルビレックス新潟L

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです!

10/12(月・祝)浦和レッズレディースは
アルビレックス新潟レディースと
アウェイ、デンカビックスワンスタジアムで対戦しました。

まずは結果から

12日(月・祝)、アウェイで行われました『2015プレナスなでしこリーグ エキサイティングシリーズ上位リーグ第1節 vs アルビレックス新潟レディース』の試合結果をお知らせいたします。

2015年10月12日(月・祝)15:00キックオフ・デンカビックスワンスタジアム
アルビレックス新潟レディース 3-1(前半3-0) 浦和レッズレディース
得点者:7分 山崎円美(新潟L)、17分 上尾野辺めぐみ(新潟L)、36分 上尾野辺めぐみ(新潟L)、89分 後藤三知

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川(→80分 臼井)
MF 吉良(→35分 長野)、柴田、岸川、加藤(→HT 白木)
FW 清家、後藤
SUB 平尾、石井、和田、栗島

観衆:1,012人

情報源: 浦和レッズレディース | URAWA RED DIAMONDS LADIES

 

深夜高速バスで新潟へ。
早朝5時に新潟駅到着!
まだ真っ暗(ーー)
そして寒い・・・
20151012_1

試合開始は15時のため散歩へ(^_^)/
#散歩の模様は別記事にします!

13時過ぎデンカビックスワンスタジアムに到着。
20151012_3
20151012_2

スターティングメンバー発表。
猶本選手は残念ながらベンチ外でした。

ぐぉーーーー
(>_<)

後藤選手が復帰し右SHには吉良選手。
ボランチに柴田選手。

■浦和システム4-2-2
___後藤__清家___

加藤________吉良

___岸川__柴田___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■新潟システム4-4-2
___山崎__大石___

上尾野辺______佐伯

___阪口__山田___

渡辺_中村__北原_小島

_____福村_____

■キックオフ
小雨が降っており多少スリッピーになるので
ボールコントロールはしっかりと行こう!

■5分
ファーストシュートは新潟山田選手。
ミドルシュート。右外。

■7分
新潟左サイド上尾野辺選手から
左裏にパスを出され長船選手が戻るが
真ん中から左裏へ飛び出した山崎選手に
きれいにパスが渡ってしまい
左45度からシュート。
これがゴール右隅に決まり失点。
新潟先制。

グホッ。

1ー0で浦和ビハインド。

まだまだ!
ここからここから!!

■9分
乗松選手が右でCK獲得。
キッカー吉良選手。
ゴール前に入れるもクリアされる。

■11分
浦和左CK獲得。
キッカー北川選手。
ゴール前にいいボールが入ったがクリアされる。

■14分
上尾野辺選手と山崎選手がポジションチェンジ

■14分
加藤選手が中央裏へパスを出すが強すぎた。

■17分
池田選手から左の北川選手へパス。
これをトップに入っていた上尾野辺選手に奪われる。

あっ。
マズイ!
上尾野辺選手がそのまま持ち込み
右45度からシュート。

決まってしまった。。。

絶対やっちゃいけないやつ。
そして甘いパスを見逃さない上尾野辺選手。

くぉーーーーーー!!!

2-0浦和ビハインド

■20分
中央柴田選手から左オーバラップした北川選手へパス。
それをゴール前へクロスも精度欠き合わず。

■23分
中央から左の北川選手へパスがわたり
クロスをあげるも合わず。

■24分
加藤選手CK獲得。

■25分
左CKキッカーは北川選手。
ゴール前へちょいファー気味へボールが入り
岸川選手が飛び込むも頭に合わない。
オシイ!!

どんどん行こう!

■26分
中央でボールを取られ前線上尾野辺選手が
ゴール前でシュートも右枠外。

ふーーアブナイ。

■26分
中盤バランスとってー!
2-0ビハインドとは言えまだ26分。
上がりすぎるとカウンター食らうぞー!
(゜ロ゜)

■29分
乗松選手から後藤選手にボールが入るが
クリアされた。
くっ。

■34分
新潟CKキッカー上尾野辺選手。
ゴール前に放り込まれるも浦和クリア。

■35分
吉良OUT 長野IN

___後藤__清家___

加藤________柴田

___岸川__長野___

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■36分
新潟渡辺選手が後ろから前線左裏へボールを出し
それが上尾野辺選手に渡り中へ入り込まれる。
ゴール前で浦和DF防ぎにいくがかわされ
上尾野辺選手のシュートモーションで
池田選手がシュートコースを防ぎに行った所
ループシュートで失点。

ぐぁーーーーー
瞬時にループに切り替えた上尾野辺選手。
技あり。見事。褒めるしかないが、屈辱。。。
(>_<)
3-0で浦和ビハインド。

■40分
後藤選手におさまり後ろの岸川選手に落とすが合わずに
ボールを取られカウンター食らう。
ここは戻って防ぎきった。

■42分
左サイドゴールライン際で乗松、後藤選手がボールを奪い
スペースにパスを出すと柴田選手が中央に真っ直ぐ入り込み
中央へパス。
クリアされるも長野選手がミドルシュート!
しかしブロックされる。

前半終了。

■HT
加藤OUT 白木IN
システム変更。
4-1-2-3(4-1-4-1かも・・)

_____白木_____

_後藤______清家_
___長野__柴田___

_____岸川_____

北川_高畑__長船_乗松

_____池田_____

#新潟上尾野辺選手また左SHに戻る

■52分
北川選手から中の岸川選手にパスも奪われ
シュートまで持ち込まれるが枠外。

■56分
新潟上尾野辺選手が左サイドやや中寄を
ドリブルで深くまで入り込みクロスも浦和ブロック。

■58分
浦和前線後藤、白木、清家選手はかなり流動的に
ポジションチェンジしている。

■60分
乗松選手が右サイドドリブルで上がる!
シュート!
枠外。
よし!どんどん行こう!

■61分
新潟にカウンター食らい
最後はミドルシュート。枠外。

■69分
左サイド北川選手からゴール前にクロス!
白木選手が頭で合わせるもGKキャッチ。
ぬぉーー

■70分
新潟左ー2からFK
キッカーは阪口選手。
ゴール前に入れられたボールを一度は弾くが
中央からミドルシュートうたれた!!!
枠内!
上部!
ヤバイ!

池田選手パンチングクリア!

おーー!
ナイス池田!

■72分
新潟右CK
一度サイドにクリアするが拾われシュートも
池田選手キャッチ。

■78分
新潟のCKを浦和クリアし前線へ運ぶが
奪われ逆カウンター食らう。
DF一人しかいない。マズイ。
ミドルシュート打たれるも池田選手キャッチ。
助かった。

■80分
北川OUT 臼井IN

_____白木_____

_後藤______清家_
___長野__柴田___

_____岸川_____

臼井_高畑__長船_乗松

_____池田_____

■84分
激しい雨がピッチを襲う。ザーッ

■86分
カウンター食らうもミドルシュートを池田選手キャッチ。

■88分
また激しい雨がピッチを襲う。ざざざぁーっ

■89分
乗松選手がゴール前やや右からシュート!
GKはじくがこぼれ球を混戦!!
最後後藤選手が押し込んだ!

ゴォォイーーールルル!

3ー1
浦和一点返す!

もう一点!もう一点!
時間無いけど取りに行くよ!!!

■90分
中央から長船選手がミドルシュート!
上外。オシイ!

■90+2分
柴田選手ミドルシュート!
上外。

くぁーーーーーー!!
天を仰ぐ柴田選手。

■90+3分
浦和中央
アークやや外側でFK獲得。
キッカーは岸川選手。
直接いったー!
右上外。

そして試合終了。

3-1で浦和敗戦。
20151012_5

猶本選手がベンチ外という事で
昨年の終盤もそうでしたが柴田選手をボランチ起用。
しかし、RSの最後の方はチームとしていい感じになってきていたので
個人的にはボランチと右SHの二つの両ポジションをいじらず
単純に猶本選手の代わりに長野選手をスタメンで
起用するという事を選択肢してもよかったのではないかと思いました。

試合が始まると新潟の中盤のプレスがかなりきつく
ボールを奪われるシーンが多見。
しかも奪われる位置も良くなく
奪われてから戻りきれず危険な場面も。
浦和は中盤からパスを縦へいれようとしますが
後藤選手にも清家選手にもボールがなかなか入らない。
前がかりになっていたせいもありますが
中盤の底とCBの間にスペースが生まれていましたし
上尾野辺選手とサイド裏のスペースのケアがうまくいかず。
2失点はこの浦和のサイド裏スペースに放り込まれてからのもの。
前日公式記録分析で対策しなければならないと
予想した展開通りになってしまった。
当然チームはスカウティングしているので
わかってはいたけど止められなかったという事。

組織で守らなければいけないところバランスの問題もあり
前線・サイドの守備の効果を出せなかった吉良選手を35分早々に交代。
これには吉良選手も悔しさをにじませていました。。(><)
右SHに柴田選手を移動させ、ボランチに長野選手を投入。
結局この布陣になったので吉田監督は
吉良選手か長野選手のどちらをスタメン起用するか
迷っていたのではないかと思いました。

長野選手投入で再度作り直そうとするも
直後に裏を取られ失点。ぬぉーーーーーー!!!

後半は4-1-2-3、もしくは4-1-4-1へシステム変更。
やはりボランチとCBの間にスペースが出来てしまう事への修正で
岸川選手をアンカーに置き、まず中盤を厚くして安定を図り反撃を試みます。
しかし新潟は3点差あるため無理して攻めずブロックを作り
さらに前がかりになる浦和の攻撃を防ぎながら
「ボールを奪うと速攻カウンター」というこの繰り返しの展開に。
点が欲しい浦和はアンカー岸川選手も上がって攻撃参加していた事もあり
カウンター時はかなり危険な匂いがしていました。。
取りに行かなければ負けてしまうのでしょうがない。

救いは乗松選手と後藤選手で決めてくれた一点。
そして選手達が最後まで戦っていた事。

そして猶本選手。
今節はベンチ外。
怪我ならしっかり治して体調不良ならしっかり準備して
万全な状態で復活してもらいたいo(ーー)o
待ってます。

試合後サポーターの前に挨拶に来た選手達に
浦和のサポーターからは拍手とゲキ!

これを選手や監督がどう受け止めるか。

サポーターもこの負け方だと落ち込んで寝込みたくなりますが
しかし!!次節へ向けて選手達を応援する準備を整えます。

次節ホーム日テレ戦、監督、選手達はサッカーを楽しみながらも
それなりの覚悟を持って準備してきてもらいたい。
まずはES一勝を目指して頑張っていこう!!!(--/

がんばれ!浦和レッズレディース!!
がんばれ!猶本光!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • たっきぃ より:

    きよさん、こんばんは。新潟遠征お疲れ様でした。
    イランVS日本が終わったので、落ち着いて。(笑)
    図らずもきよさんの危惧した結果となってしまいましたね。
    あらためて上尾野辺選手のコワさを痛感することとなってしまいましたが、対策は練っていたんでしょうけど残念でしたね。これはもう、新潟戦に関しては昔で言うところの「ポリスマン(あっウーマンか)」をゲームの間中ずっと貼り付けておくしか無いんでしょうかねぇ。(無理だよなぁ)
    猶本選手がベンチ外だったのにはかなり驚きました。何か怪我でもしてしまったのでしょうか?心配です。
    きよさんも指摘されているように、猶本選手が不在の場合柴田選手をボランチに据えて、吉良選手をサイドに使うのが常道のようになっていますが、自分もこれは賛成しかねます。正直なところ吉良選手がこの位置で”ハマって”いたことは、殆ど記憶が無くやはり2トップの一角の選手だと思います。柴田選手のボランチが駄目だと言っているのではなく、右サイドに固定すべきだと思っています。
    吉田監督はおそらく長野選手のスタミナが90分はもたない、と判断しているのだろうと思われますが、スタメンで起用して出来るところまでプレーさせてから、栗島選手に替えるか、そのタイミングで柴田選手と栗島選手の位置を入れ替えることも可能だったのではないか?と。
    今や乗松選手と柴田選手の右サイドからの崩しに光明を見出している自分としては、そこはいじくって欲しくないと思っていますから。
    さぁ、ここはESの最終順位は結果としてついてくる、と開き直ってベレーザ戦に顔を上げて立ち向かって欲しいですね。でも猶本選手がやっぱり心配だなぁ。

    • きよ より:

      >たっきぃさん
      こんばんは!
      上尾野辺選手は状況に応じてポジションチェンジしその場所でクオリティの高いフォーマンスをしているのでさすがとしかいいようがないです。
      ここを抑えることが出来れば。。
      付け焼刃のマークではなく事前にかなりきっちり考えれば対策出来るはずと思っています。
      なでしこリーグのレポートにありましたが猶本選手は怪我のようです。(><)
      私も今回の柴田選手のボランチ起用は賛成ではありません。
      昨年は猶本選手の他にも栗島選手もいなかったのであの布陣になり結果を出しました。
      GGRで10/6の練習風景に猶本選手はいたので今回の怪我は急な事だったのではないかと。
      そうなると、昨年成功している柴田選手ボランチの優先順位が髙かったという事でしょう。
      日テレ戦猶本選手が戻るかどうかも気になりますが
      この1週間でしっかり立て直してもらいたいです/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。