猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

【ネスレカップIWCC2015】今年の開催は中止か(!?)

【ネスレカップIWCC2015】今年の開催は中止か(!?)

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

こんばんは!きよです。

2012年から開催され昨年は「ネスレ」という大きな冠が付いた
IWCCこと国際女子クラブ選手権。
今年初めのJFAの事業計画では日程は未定になっていましたが
一応予定は組まれていました。
JFAの2015年事業計画はこちら>>

Ⅱ-3-(6)国際女子サッカークラブ選手権 2015
日程未定

==
ちなみになでしこオールスターも事業計画にはありました。
Ⅱ-1-(48)2015 なでしこリーグオールスター
日程未定
==

しかし、今年の開催が見送られるのではないか
と思われる記事がありました。

Atual campeão do mundo de futebol feminino, o São José Esporte Clube tinha vaga garantida para a edição 2015 do torneio internacional. A organização do Mundial de Clubes negociava com a Fifa para que o campeonato ganhasse o “carimbo” da entidade máxima do futebol. A negociação não avançou. E, em entrevista ao GloboEsporte.com, a direção do IWCC (International Women’s Club Championship), que é comandado pela Associação de Futebol Japonesa (Japan Football Association), revelou que o Mundial 2015 está cancelado.
記事全文はこちら>>

読めない!ポルトガル語!(笑)
googleさんgoogleさん!
(Google翻訳によると)
現在の女子サッカーの世界チャンピオンは、サンノゼスポーツクラブは、国際大会の2015年版のため、保証漠然としていました。チャンピオンシップは、「ゴムスタンプ」世界のサッカー本体を獲得するためにクラブワールドの組織はFIFAと交渉しました。交渉は進みませんでした。そしてGloboEsporte.comとのインタビューで、日本サッカー協会(日本サッカー協会)によって運営されてIWCCの方向(国際女子クラブ選手権)は、世界の2015がキャンセルされたことを明らかにしました。
==
所々日本語でOK!と言いたくなるような翻訳ですが
大体わかります^^;

今年の初めごろ下記のようなニュース記事がありました。

2015年02月13日 11時00分
日本の女子サッカーにとっては、また新たなビッグタイトル獲得のチャンスとなりそうだ。国際サッカー連盟(FIFA)の女子特別委員会が10日に提案した女子のクラブW杯新設のニュースは大きな波紋を広げた。日本側の努力がようやく実を結ぶこととなり、女子サッカーのさらなる発展が期待されている。

男子のクラブ世界一決定戦は毎年12月に「トヨタ・クラブW杯」として開催され、6大陸の王者などが出場。

だが女子については、欧州、南米、日本のなでしこリーグのチームなどで争われる「国際女子クラブ選手権」(IWCC)が日本で実施されているものの、FIFAの公認大会ではない。自国リーグの日程を優先する欧州女子チャンピオンズリーグの優勝チームや米国女子プロサッカー(WPS)所属のチームが不参加となることもあって、IWCC優勝チームも真の世界一クラブとは言い切れない微妙な立ち位置だった。

女子サッカーに理解を示す多くのスポンサーの支援でIWCCを立ち上げた日本側としては、一年でも早いFIFA公認大会への“昇格”を願っていた。それだけに、今回の動きにはなでしこリーグ関係者も「日本の熱意が伝わった」と大歓迎ムードだ。

昨年のIWCCはサンジョゼ(ブラジル)がアーセナル(イングランド)を破って優勝。日本協会の大仁邦弥会長が「超ハイレベルの戦い」と称したほどの熱戦だった。INAC神戸がリヨン(フランス)に敗れた2012年の決勝はFIFA内でも大きな話題を呼んでおり、公認大会化は時間の問題と見られていた。

17年からの開始を目指す女子クラブW杯。11年W杯を制したなでしこジャパンに続き、なでしこリーグ勢にとっては“もう一つの世界一”という夢が広がってきた。

情報源: なでしこリーグ関係者大歓迎!女子クラブW杯新設へ

このニュース記事を元に前向きに捉え
前述のインタビュー記事を加味すると

これまでのIWCCは真の世界一クラブではないし
2017年からFIFA主導でIWCCを開催するように動くから
2015年の開催はやってはだめ!

という事だと思います。
しかし本当にFIFAが動いてくれているならいいのですが
いま、FIFAも内部的に荒れに荒れているので
ほったらかしにされてなければいいがと懸念しています。

そもそもこの大会を開催するにあたって
JFA(なでしこリーグ)は独自にやってきた経緯があります。
2017年からFIFAが始めるとしても
2015年に開催したっていいじゃないかと思いますが
交渉で負けて説得できなかったんでしょう。
形はどうであれ前専務理事の田口氏が
情熱を持って形にしようと動いていた事が
今回で終わりになってしまうのなら残念です。

JFAは事業計画で公開している情報について
変更がなされた場合は速やかに発表してもらいたいものですが
理事会の議事録を見ても話し合われた形跡もありません(ーー;)
オールスターの中止も議事録内に記載がないようなので
どんな話し合いのもとに計画が変更になったのか不明です。

日本サッカーを牛耳る組織として
このスタンスで今後も進めていくというのは
まずいんじゃないかな。。と思います。

今年、理事長 馬渕 明子氏、専務理事小野 俊介氏に
代わったなでしこリーグ。
いったい何が起こっているんでしょうか。

少なくとも私は、リーグ、クラブと共に女子サッカーを
盛り上げていきたいと考えています。
同じように思っているサポーターもいると思います。

IWCCの話題からリーグの運営体制へと話は少しそれましたが
協会には風通しを良くして情報公開してもらって
リーグを発展させようとする気持ちみせてもらいたい。
そんな事を感じる今日この頃です。
#まじめか!

ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。