猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

明日11/24(月・祝)浦和サポーターは駒場へ集合!

明日11/24(月・祝)浦和サポーターは駒場へ集合!

引用画像:なでしこリーグHP

こんばんは!きよです!

22日トップチームのガンバ戦参戦しましたが
残念ながら優勝なりませんでした。
しかし、会場の雰囲気はよくいい応援だったと思います。
残り2戦魂込めて戦ってくれるでしょう!

今日、試合を観ていて思ったのですが
カテゴリやシステム、スタイルが違うので
どっちがいいとかいう話では全くありませんが
私は個人的にレディースのサッカー・戦術が好きです。
もちろん男子のようなパワーはありませんが
前線からの速いプレス、速い攻守の切り替え、
ショートカウンター等、、何よりもよく走る。
そしてトップチームにも負けず劣らず「魂」入っています^^

昨シーズン吉田監督が就任するまで
形に出来る戦術らしい戦術も作れず
結果も出ず悔しい思いをしました。
猶本選手もベンチ外が続いていましたが
今シーズンは前節までの27試合全試合出場で
チームに大きく貢献してきました。

明日24日駒場でリーグ最終戦です。
YouTube Preview Image

猶本選手は怪我のため予定では欠場とのことですが
ピッチに立たせたかった。

出場できないのは猶本選手も悔しいだろうと思います。
私も目の前にちゃぶ台があったらひっくり返したいぐらい非常に悔しい。

しかし、今シーズンの浦和は全員で戦ってきました。
まさにチーム一丸。
試合に出るレディースの選手達は
猶本選手も含め試合に出れない選手の分まで
魂込めて戦ってくれると信じています。
いや、戦います。必ず。

情報によると前売りチケットがいつもの4倍売れているらしいです。
何枚の4倍なのか?ここ大事なのですが不明です^^;
しかし、埼スタのレディースチケット売り場でも
結構購入している人を見ましたb
いつもより多いことは確実。
駒場の当日券売り場の混雑がありそうなので
私も久々に前売りを買い準備万端^^
紙吹雪もOK^^

浦和サポーターは駒場に集合です。
もちろん猶本サポーターもです。
レディースの選手たち、猶本選手が
この一年間戦ってきた結果が出ます。

勝って決めよう!
共に喜ぼう!

駒場を歓喜の紙吹雪で飾ろう/

We are REDS!

なでしこ公式プレビューがアップされていたので共有します。
全文は下記のリンクから辿ってくださいmm


浦和が逃げ切るか、日テレ大逆転か。
得点王を争う菅澤と髙瀬は直接対決。
プレナスなでしこリーグ2014エキサイティングシリーズ上位リーグは、11月24日(月・祝)13:00から、3会場同時に最終第10節を行う。

現在首位の浦和は、勝利または引き分けで5シーズンぶり2度目(前身のさいたまレイナスFC時代を含めると3度目)の優勝となる。浦和が敗れ、2位日テレが勝った場合のみ、両者は勝ち点24で並び、日テレに優勝の可能性が浮上する。優勝決定の条件は下記の通り。

・浦和が勝ちまたは引き分け→浦和の優勝
・浦和が負け、日テレが引き分けまたは負け→浦和の優勝
・浦和が負け、日テレが勝ち→以下の順で浦和または日テレの優勝

(1)得失点差 (2)総得点 (3)浦和・日テレ間の直接対戦成績 (4)反則ポイント (5)抽選

【THIS WEEK SELECTION】

浦和レッドダイヤモンズレディース vs アルビレックス新潟レディース
11/24(月・祝) 13:00 浦和駒場スタジアム(埼玉県)

「ホームで決める」「勝って決める」が、浦和のモチベーションの源となる。
前節のI神戸戦で優勝を決めることはできなかったものの、貴重な勝ち点1を積み上げ、優勝に向けて圧倒的に優位な条件を整えた。直近3試合の成績も2勝1引き分け、4得点1失点と安定。
むしろ、レギュラーシリーズで優勝を掛けた厳しい戦いを経験したことは選手たちの心の糧となっているだろう。
キャプテンのFW後藤三知は「今までの積み重ねがあったからこそ、今(優勝を狙える位置)がある。90分間、やるべきことをやり続けられるようになったことが、今の浦和の強みだと思います」と意気込みを語り、またDF和田奈央子は「最終節は1年間の集大成となる試合。気持ちを込めて、持てる力を全部出したいです」と力強い。
なお、前節、負傷によってピッチを退いたMF猶本光は、右ひざ内側側副靭帯損傷と診断された。吉田靖監督が「チームの心臓」と評価する猶本だけに、欠場した場合はチームにとって試練となる。
対戦相手の新潟Lは、直近3試合で浦和を上回る好成績を挙げている。新潟Lは現在、唯一の3連勝中。前節は湯郷ベルから5得点を挙げ、たたみ掛ける強さも示した。また今季の新潟Lはアウェー勝率が6割を越えており、浦和戦の1勝もアウェーで挙げたものだ。
つまり、この最終節に臨む新潟Lが、浦和に対して引け目を感じる要素も見当たらない。新潟Lは、すでにチーム結成以来最高となる年間4位以上が確定。最終節に勝てば、3位に上がってシーズンを終える可能性もある。

引用元: 日本女子サッカーリーグ | プレビュー&レポート.


 

« »

コメント

  • 明日24日は応援に駒場に行きます。

    既に前売券をさいたまアリーナピアで購入。

    皆さんと一緒に優勝を祝いましょう。

    古希を過ぎたオジンより

    • きよ より:

      >masatoshi kaneharaさん
      こんばんは!
      今節は前売り券事前購入の方が良さそうなので私も購入しました^^
      しっかり勝って盛り上がりたいですねb
      頑張りましょう!

  • チャビ☆ より:

    いよいよ!ついにこの日が!!
    こちらから、紙吹雪の中の笑顔の選手たちをお祝いします☆

    参戦のみなさんも、思いきり楽しんでお祝いしてきてください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。