猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン SCフライブルグ Freiburg 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

そう!我々はチャレンジャー!~伊賀戦を終えて~

そう!我々はチャレンジャー!~伊賀戦を終えて~

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

そう!われわれはチャンレンジャーなのだ!

こんばんは!きよです。

6/22(日)伊賀戦を終えコメントも含まれた記事がありましたので共有します。
今のレッズレディースは毎節戦いへのしっかりとした準備しています。
それが今の成績につながっている。
チーム一丸。
気持ちを一つに。
そんな言葉が今のレッズレディースには似合っている。
個人が飛びぬけた活躍をしていなくてもチーム力で戦えている。
スタメンだけではなく交代で入ってくる選手たちの活躍も目を見張るものがあります。
そして相手が研究してきている試合の中でいい部分を消されながらも
1試合通した集中力の継続やピンチ時には声を掛け合い我慢強く
攻撃時には練習した成果を発揮。
これは選手達だけでなく練習からチームを支えているスタッフの成果でもあります。
サポーターは試合会場に行き応援する事しかできませんが
試合前練習で入場してきた選手達は駆けつけた観客席のサポーターを観た時
「今日もやるぞ!」という気持ちになっているのではないかと思います。

ではではどうぞ!^^/


決定的な場面は作らせなかったが90分通して、伊賀ペースで進んだきょうのゲーム。内容は良くはなかった。ただ、数少ない決定機をものにできたことが、浦和レッズレディースの強さである。

試合を決定づけた82分の岸川奈津希のゴールは、本人も「打った瞬間、入ったと思った」というほどのファインゴールだったが、今のチームの強さを象徴するのは、32分に吉良知夏が足を伸ばし決めた、執念の1点目の方だった。

スルーパスを出した堂園彩乃が「自分のファーストタッチは悪かったけど、うまく決めてくれた」と言えば、決めた吉良は「足元にドンピシャ」と、互いに褒め合っていたが、伊賀に押された中、初めて訪れたビッグチャンスを決めたことは大きい。決めるときに決める。これはカテゴリーに限らず、大事なこと。それが、今のレディースにはできている。

また、途中交代で入った坂本理保、齊藤あかねもスムーズに試合に入り、齊藤は追加点をアシスト。誰が入っても同じようなプレーができるというのもまた、チームの強さである。

では、なぜ、これらのことができるのか? 理由の1つには、「チームみんなで同じ絵を描けている」と堂園が話すように、全員が戦術を共有していることが挙げられる。そして、その裏には、チームスタッフの分析を元に、吉田靖監督がシンプルかつ、わかりやすい指示を選手たちに伝えているという事実がある。

また、堂園は「紅白戦では相手を想定した練習をしているが、出られない選手たちが(相手チームの)役目をしている。試合よりも日々の練習の方がイヤに思うほど、徹底している」と話した。出る選手、出られない選手がいれば、そこに不協和音が生まれそうなものだが、今のチームにその気配はまったく感じられない。

さらに、もう1つ。昨季の悔しさを今でも胸にしていること。「勝ちたい気持ち、点を取らせない気持ちも強くなっている」という吉良の言葉からも、それはわかる。

伊賀戦からなでしこリーグは2巡目に入った。相手も研究し、さらに苦しい試合が続く。「まだまだ強いチームじゃない。受けに回って勝てるほど強くない」とは吉田監督。これは、選手も異口同音に語っているセリフだ。「守勢に回るのではなく、われわれはチャレンジャー」(吉田監督)の言葉が、今のチームの姿勢を表している。

引用元: REDSニュース.


 
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。