猶本光 サポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO~文武両道~

猶本光 ファン ブログ なでしこジャパン 浦和レッズレディース 猶本光選手応援するサポーターズサイト(ファンサイト)HIKARU NAOMOTO文武両道

試合結果&レポート【皇后杯3回戦】浦和RLvs吉備

試合結果&レポート【皇后杯3回戦】浦和RLvs吉備

いつも押してくださりありがとうございますmm
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この悔しさを忘れずに来年また頑張ろう/

こんばんは!きよです/ 

12/8(日)浦和レッズレディースは皇后杯3回戦、FC吉備国際大学Charmeと対戦しました。
まずは試合結果から


13.12.08 第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会3回戦[試合結果]

8日、藤枝総合運動公園サッカー場にて行われました『第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会3回戦 vsFC吉備国際大学Charme』の試合結果をお知らせします。
第35回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会3回戦
2013年12月8日(日)14:00キックオフ・藤枝総合運動公園サッカー場

FC吉備国際大学Charme 2-1(前半1-0) 浦和レッズレディース

得点者:45+1分 西川明花(吉備)、67分 倉員史帆(吉備)、69分 吉良知夏

[浦和レッズレディースメンバー]

GK 池田
DF 和田、高畑、坂本、堂園(→79分 石井)
MF 柴田、岸川、藤田(→65分 猶本)、加藤
FW 吉良、大滝(→57分 後藤)

SUB 田尻、安田

引用元: ニュース | 浦和レッズ | URAWA RED DIAMONDS.


昨年に引き続きやってきました。藤枝!

20131208_0

この古い感じのスコアボード味があります^^

score1

好きなグラウンドです/

20131208_3

■選手入場

20131208_1

20131208_2

■キックオフ

システム4-4-2

____吉良__大滝____

加藤__________柴田

____藤田__岸川____

堂園__坂本__高畑__和田

______池田______

いつもの後藤選手に代わってこの日はAMI大滝選手が先発。

後藤選手は怪我のため先週ぐらいからランニングを始めたばかりだったので
この試合にベンチ入りした事の方が驚きました@@!!

大滝頼むぞ!

試合が始まると吉備はほぼ予想通りの攻め方、守り方でした。
後ろでボールを持つとトップの西川選手に当てるのが基本的な攻め方。
しかしこの日の吉備は試合が経過していくとこのパターンにとどまらず
浦和のサッカーのように後ろでボールを回すシーンも随所にあり
この短い間で変化してきていると感じました。
一方浦和はいつも通りボールを回しながら
チャンスとあれば前線に攻め込み幾度と無く攻め込み
ゴールへあと一歩の戦いを続けていて
「これを続けていけばゴールは生まれる!」と誰もが思っていたと思います。

■15分
要注意としていた吉備重政選手からのクロスボールがゴール前に入り
危ないシーン。。ふーー。。。

■25分

大滝が絶妙に裏に抜けたがゴールまでは至らず。ナイス!大滝!
しっかりシュートで終わろう。
大滝選手は後藤選手とプレースタイルが違うため
前線でのキープがそれほどうまいわけではないですが
相手DFの裏に抜ける動きが得意なんだな、、と思わせるシーンが何度かありました。

しかし、浦和は右サイドのケアは出来ているが
どうも右により過ぎてしまい
サイドチェンジされると左サイドの吉武選手がどフリーでボールを受け攻め込まれるシーンが何度もあり
あそこをどうにかならないかと試合中ずっと思っていました。

攻めているのになかなか点が入らない。
前半はこのまま0-0で後半仕切り直しかな。と思ったAT。

あーまずい!!

■45+1分得点者 西川明花(吉備)

ゴール前の混戦の中吉備の西川選手がうまくターンしてシュート。
やられた。

1-0
で吉備リード。
あのようなゴール間にごちゃごゃ人が集まった中で失点するのをよく見ます。。
うまく掻き出してくれれば・・・

その後すぐに前半終了。

ハーフタイム前に吉田監督が後藤選手を呼んで話していたので
後半出す気のようです。

■後半キックオフ
メンバーを代えずに後半へ突入しましたが
やはり大滝選手のところでボールがなかなか収まらない事もあり
監督が動き出します。

■57分
大滝OUT 後藤IN

____吉良__後藤____

加藤__________柴田

____藤田__岸川____

堂園__坂本__高畑__和田

______池田______

後藤選手が入ると前線でのキープが出来、起点になります。

そして猶本選手がアップを速めていた所声がかかります。
勝たなければ終わる一発勝負の試合。
この一点ビハインドの場面。誰と交代するのか?
個人的にはDFを一枚削って中盤に厚みを増して欲しかったが
藤田選手に代えて猶本選手投入!

■65分
藤田OUT 猶本IN

____吉良__後藤____

加藤__________柴田

____猶本__岸川____

堂園__坂本__高畑__和田

______池田______

猶本頑張れ!!

上記猶本選手出場の動画観て思ったのですが
岸川選手から堂園選手、そして岸川選手にボールが戻ったところ。
猶本選手ちゃんと周りも見てるし、どフリーなんだけどなぁ・・・^^;

■67分 倉員史帆(吉備)
そんな中一瞬の隙を突かれて失点。

ぬぉーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

これはまずい。。

2-0で吉備リード

■69分 吉良知夏

その直後

後藤選手からのパスを柴田選手が受け吉良選手にパス。
これを吉良選手が左足で綺麗に振りぬき
一点を返す!

よっしゃぁー!!

2-1

サッカーは2-0から一点返すと結構追いつく事が多い。

ここは勢いを持って攻め込もう!!!!/

CKになるとキッカーの藤田選手がいないので
誰が蹴るかと思ったら猶本選手。

よし!いいボール放り込め!!

■猶本光コーナーキックを蹴る!

そんな追いつけ!ムードが漂う中。。。

吉備ゴール前付近で吉備の西川選手と浦和の堂園選手が接触。
両選手とも最後まで起き上がれず担架でピッチを後に。
西川選手の頭が堂園選手の顔に当たったぽかったです。。(TT)
西川選手は試合直後から豊富な運動量でトップのポジションでありながら
気が付くと最終ラインまでディフェンスをしており
当たりに強いためかこの日はいつもにも増して激しいプレーが随所にありました。
そういえば、西川選手は今シーズンの吉備vs湯郷戦で
相手と接触して脳震とうで気を失って運ばれたと思います。
ボール際激しいのは全く問題ないので構わないけれど、捨て身プレーで
怪我や事故が起きてはしょうがないので気をつけて欲しいと思います。
本当、堂園選手がピクリとも動かなくて血の気引いた。。
堂園選手大丈夫かな。。
ちゃんと精密検査受けて欲しいと思う。
クラブは試合で負傷退場した選手が無事であるかどうかぐらいは発表して欲しい。
サポーターはみんな心配しているはず。

堂園選手が退場となったため

■79分
堂園OUT 石井IN

____吉良__後藤____

加藤__________柴田

____猶本__岸川____

和田__坂本__高畑__石井

______池田______

■猶本→後藤へのパス

現地で観ていて思ったのですがこのパスはたぶんアウトサイドに少しかけていて
前線にいる後藤選手へピンポイントでゴール前にすごく落としやすいパスでした。

猶本選手はあの手のパスの精度がいつもいいです。

続けて続けて!!!

90分が過ぎました。。

アディショナルタイムは5分。 

浦和は最後五分とにかく前線へボールを放り込みます。
吉備は体を張ってこれを防ぐ。

時間が無い。

あと一点とって延長へ行こう!

ピィーーーーー!!!

むなしくホイッスルが鳴り試合終了。。

浦和敗退・・・・

選手たちはゴール裏のサポーターに挨拶したあと
うなだれていました。

後藤選手がメインスタンド側に来て
一人挨拶してくれました。

負けたけどみんな頑張ったよ。

最後までよく走っていたし。
和田選手も最後のほうでもDF時にかなり全力疾走で対応してたし。

猶本選手の収穫としては
以前より後藤選手との連携や距離感が良くなってた場面があったこと。
お互いのプレーの特徴をもっと知っていけばよりよくなると思いました。

今シーズン色々あった。。

来年また頑張ろう!

 
ご訪問時一日に付き一回押していただけると励みになります。よろしくお願いいたしますmm
If this article is profitable,please push a button.(blog_mura)

にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村





このサイトの更新情報はツイッターにてお知らせしています/
猶本光サポーターズサイトTwitter

« »

コメント

  • 金君 より:

    こんばんは。
    結果は非常に残念でした(ToT)
    でもこの悔しさを忘れずに来年は頑張ってほしいです!!
    猶本選手も今年は悔しい事が沢山あったと思いますがぜひ来年は倍返ししてほしいと思います(^O^)最後に選手達1年間お疲れ様でした。来年は優勝を目指して頑張って下さい!!
    頑張れレッズレディース

    • きよ より:

      >金君さん
      来年猶本光は絶対やります!!!!
      継続して応援して行きましょう^^/

  • ホエホエ より:

    自分も観戦した感想を… スタメンは予想通りでしたがここ最近のTM・練習試合などで結果が出ていなかったので苦戦必至と見て観戦していましたが やはり厳しい戦いになってしまいましたね
     負傷していた三知にかわり大滝が入りましたがきよさんが行っている様にもともとポスト役には向いていない選手なんですよね 思い出してみたら大滝が得点を決めるシーンは全て裏を狙ったシュート(高畑の縦パス1本のシーンなんかは早稲田ラインなんだな~って見てて思った)でそれに時々頭でも決めるってスタイルなんですよね ちょっと大滝には気の毒だったかな? 体格が良いから三知役に抜擢されたと思うけど本人も帰りに「まったく駄目だった 来シーズンまでトレーニングしっかりやります」って言ってました。 来年はユースから清家が上がってくると思うからFW争いが激しくなると思うけど頑張って欲しいですね
     吉備の戦い方で思った事はサイドチェンジがスムーズに出来た事が一番印象に残りました。 浦和の練習時吉田監督が口を酸っぱく「早く ワイドに!!」と逆サイドに動かす事を言ってましたが浦和に関してはあまり上手くいってなかったような気がしました。
    前半終了前に吉備の西川に決められ先制された途端に吉田監督が三知を呼び出して後半すぐ感じになりましたね 自分ぶっつけ本番で大丈夫か?と思ったが一発勝負なんでしょうがないですね ハーフタイム中には猶本も呼ばれて後半投入するから準備しておけって聞こえてきました。
     後半になり三知が入って何時もの浦和ペースに… う~ん やはり三知が居る居ないでは… 結論から言えば選手層の薄さが最後に出て負けたんじゃないかな~って今は思います。 タラレバですが自分三知役には岸川で猶本&藤田のボランチでもいいんじゃなかったかな~ ちょっと前から思っていました。
     DFでもそうですね高畑が負傷中にはサブの竹内や鈴木は使われる事なく岸川が代役で使われていました。 斎藤なんかはここ最近姿すら見ていません(本当にどうしたの?)
    安定した戦いをする為には各選手のレベルアップは必須だと思います。
    最後に猶本ですが正直あまり印象に残る事は有りませんでした。 まぁその時自分は「誰でもいいから点決めてくれ~」の一点で見てたのでw あまり猶本を注目しないで観戦したのはサポになったから初めてじゃないかな? それだけ勝って神戸に行きたかったけど勝負の世界なんで仕方がないですね
     堂園心配ですよね… 自分は1列目で観戦していたので担架で運ばれる所までみましたが… 耳を抑えていたように見えました出血もありましたね 西川もそうだけど両選手無事で居てくれる事を願っています。 

    • きよ より:

      >ホエホエさん
      こんにちは。大滝選手には吉備の背の高いCBがしっかりマークしていたのが効いていました。
      ロングボールのヘディングの競り合いでもほぼ負けていましたし、
      あれは吉備がキッチリ対策出来ていたと思います。
      あとは左サイドの吉備吉武選手側をケアし切れなかったのが厳しかったと思います。
      それがホエホエさんの仰っている「サイドチェンジがスムーズだった」につながっていましたね。
      あのサイドを最後まで修正できなかったのがイタイ。。
      あとは選手層についてですが、サブ組みの成長が必要ですね。
      TMでもDFが本職の選手より岸川選手を使うというチーム状況は本来はあまりよろしくないです。
      それだけ岸川選手が外したくないいい選手なのもわかりますが^^
      本職DF選手は頑張らないと!^^b
      堂園選手大丈夫ですかね。。。。

  • けぶ より:

    こんにちは!
    猶本選手をはじめ、レッズレディースの皆さん、サポーターの方々ほんとにお疲れ様でした。いやー、時差の計算しながら、もう結果でてるんじゃないのか、といろいろなところから情報収集するの大変でした笑 今回は残念な結果に終わりましたが来年、再来年のレッズレディースの活躍に期待しておきましょう!それにしても、きよさんの試合分析能力、解説能力の高さに驚きました!これからも引き続き期待しております。笑 ところで、65分の猶本選手の交代、なぜ藤田選手を降ろしたのかがすごく気になってます。僕の個人的なイメージですが藤田選手は去年のU20、今年のリーグ戦何試合か観た中でも、ボランチとしてのポテンシャルはかなり高いと思います。特に守備では小柄ながら、ポジショニングやプレシングのタイミングなどにすごくセンスを感じるのですが、この試合はなぜ途中交代になったんでしょうか?もっと言えば、猶本選手がもともと攻撃的な選手なのでトップ下の位置まであげて、DFから1人ボランチ気味まであげて3-2-3-2ぐらいのイメージで戦っていても面白かったんではないかと思います。ま、そういうのはその時の空気感というか雰囲気にもよると思うので、実際に会場で観ていない僕には分かりかねますが(笑)、少し疑問に思いました。来年は1試合でも会場で観る機会をつくりたいと思うので彼女たちにはより一層頑張ってほしいですね!ほんとに皆さんお疲れ様でしたー!

    • きよ より:

      >けぶさん
      こんにちは!ありがとうございます。自分の分析や解説は素人目線なのでプロが見たら笑われるかもしれません(笑)
      皇后杯の結果は残念でした。
      点数を入れなくてはいけない状況だったので、けぶさんと同じく私も交代時にDFを削って
      3-5-2(3-2-3-2)でいいのでは?と思いましたが
      時間的にまだ早かったのと、3バックの練習は見た事が無かったので残り時間のバランスも考慮したのかなぁと思っています。
      きっと残り15分以降になった時にさらに安田選手を投入して攻撃的にするつもりだったのかもしれませんが
      堂園選手の負傷退場で少しプランが狂ったのでしょう。。あの場面で石井選手ではなく安田選手を入れてもよかったかもしれません。
      そのへんは正しい答えが無く、吉田監督が大きく外れた采配をしたとも思いませんでした^^
      来シーズン吉田監督の下レッズレディースが飛躍する事を願っています!!
      来年は帰国ですか?^^

      • ホエホエ より:

        堂園負傷の場面 実はカトチカに変わって安田がピッチに入る瞬間で起きた事故でした。 それでアップしていなかった石井が急遽呼ばれて交代でしたよ 最近の安田選手持ってないですね…

        • きよ より:

          >ホエホエさん
          やはりそうでしたか。
          負傷でプランが狂った感じですね。
          まぁ吉田監督は間違ってないですよ^^

          • ホエホエ より:

            私も吉田監督の采配にかんしては間違っていないと思います。 てか就任してからサポ全体的に見てもなっとくの采配をしていたんじゃないでしょうか? 練習でも分りやすく説明しているし なんと言っても猶本選手を評価して頂いてますからねw 来年は期待しています。

          • きよ より:

            >ホエホエさん
            今シーズンは吉田監督に救われたと思います^^
            来シーズンはもっと戦術的を浸透させていき真価が問われるでしょう。
            猶本選手が成長して監督の期待するプレーが出来ればスタメンなどの結果はついてくると思います^^

  • 東京五輪猶本主将 より:

    大学生が名門を破る。
    高校生の常盤木が全勝優勝する。
    オールプロの一強チームがアマチュアを一掃する。
    異常事態ですね。
    他の団体競技では聞いたことがありません。
    プロ化できなければ、学生を多く入れればいいわけですから。
    やはりJはしっかりしてますね。

    • きよ より:

      >東京五輪猶本主将さん
      現在中途半端といえば中途半端ですね。
      これからどういう流れになるのか注視していきましょう/

  • 東京五輪猶本主将 より:

    Jリーグを見て、ボール際に激しく当たる場面が女子と比べて少ないなと感じたことはありませんか?
    スライディングもあまり見ない。
    気のせいですかね。
    なにか暗黙のルールがあれば
    女子も取り入れてみてもいいかなと。
    これに限らず、Jにはたくさんのヒントがありますね。

    • きよ より:

      >東京五輪猶本主将さん
      なでしこリーグは基本そんなに激しくないです。
      これは審判にも原因があると思います。
      少しの激しいプレーで笛を吹いたりしますよね?
      国際大会での試合の事もあり確か今年からファールの基準を変更したと思います。
      コンタクトなどの激しいプレーはフットボールとして全く問題ないと個人的には思っていますが
      後遺症が残るような怪我につながらなければいいなぁと切に願っている次第です。
      ちなみに猶本選手は結構スライディングしますよb

  • 趙雲 より:

    今年はまさかが多い一年だったと思います。
    開幕直前に怪我をし、復帰して初の先発の試合で大学生に敗戦して徐々に試合に使ってもらえなくなり、監督が交代し希望が出てきたと思いきやベンチ外が続く・・
    吉田監督が就任してからはベンチ入りできるようになったが、U-19選手権で予選敗退。
    そして、今年最後の大会でまたも大学生に敗戦した。
    ファンの自分にとって忘れられない貴重な経験でした。
    正負の法則ではないですが、来年はきっと猶本選手とファンに幸運が訪れると思います。
    個人的には来年は猶本選手と仲がいい大滝選手と浦和でレギュラーで出場し、二人揃ってピッチで躍動する姿を見れたらうれしいですね。

    • きよ より:

      >趙雲さん
      今年は我慢の一年でした。
      シーズン通して色々ありましたね
      今年の事が糧になり来年以降活躍できると信じています^^
      AMI大滝も開花してもらわなければ!!

  • 現地応援お疲れ様でした~
    昨年に引き続き、うちの車のカーナビは地図データに無い道と格闘しておりました(笑)
    .
    試合経過等は皆様が詳細にレポートされているので、私見を少し。
    後半、動きが落ちた吉備国大に対して、大滝・藤田から後藤・猶本に入れ替えることにより、前がかってのボールの溜めと、配球ができるようになり幾度かチャンスができたように見受けられました。
    藤田選手を残し岸川選手と猶本選手の入れ替え、あるいは、岸川選手を思い切ってCBへというのも手かも?と思いましたね。
    安田選手へ交代しようかという矢先に衝突事故。安田選手が入っていたら、どうなっていたんでしょうか(安田選手もSUBに回ることが増え、アグレッシブになってますから)
    .
    でもでも一番大事なのは「シュートはゴール枠へ!」
    これ、来期の第一命題でしょう!
    .
    観客数は 710 人(公式記録)でしたか。
    昨年の藤枝での試合は、対戦相手が仙台というのもあったのでしょうが観客数 1,525 人・・・半減です。
    ちなみに昨年、関東の人間が行くにはかなり困難であった兵庫の三木総合防災公園でのJFAアカデミー福島戦でさえも 841 人でした(私もその一人(^^;)。
    mobcast cup があったせいなのでしょうか?
    で、あれば、こんな日程組む協会に反省を促したいところです。
    .
    吉備国大のたった一人の応援団、ホントに頑張って応援していました。敵ながら感動していました。
    前半、太鼓なしの声だけでの声援を送っていましたが、後半から太鼓を使い出してましたよね?
    もしかしたら、レッズ応援団が友情で太鼓を貸してあげたんじゃないかと思っています(^o^)v
    .
    いやはや、終わってしまいました。
    神戸、そしてNACK5スタジアムへ行く気満々だったんですけどねぇ・・・
    期待に溢れていた予定が消えた2週間、結構空白感がありますな (-_-)
    次の公式イベントは2月のレッズ・フェスタでしょうかね? 遠いぞっっと

    • きよ より:

      >猫の森三丁目さん
      現地参戦お疲れ様でした!
      日程に関しては女子サッカーファンの絶対数が少ない現状においては
      色々考慮すべきですね。
      LリーグとJFAは同じ組織内にありながら
      U-19女子の代表合宿でもベレーザやジェフ所属の選手を帯同させる事ができませんでしたし。
      来年まで長いですね(ーー;

東京五輪猶本主将 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。